会社員でもできます!副業した際の税金対策のコツを理解しよう

会社員でもできます!副業した際の税金対策のコツを理解しよう

副業解禁している企業も多く、自分も副収入を得ようと思っていませんか?副業して稼いだお金については本業の給料同様、税金がかかります。できることなら、税金を少なくしてお金が出ていかないようにしたいところでしょう。 サラリーマンでもできる副業の税金対策はあります。そこで税金対策でどのようなことを注意すべきか、以下にまとめました。

会社員でもできます!副業した際の税金対策のコツを理解しよう

副業解禁している企業も多く、自分も副収入を得ようと思っていませんか?副業して稼いだお金については本業の給料同様、税金がかかります。できることなら、税金を少なくしてお金が出ていかないようにしたいところでしょう。

サラリーマンでもできる副業の税金対策はあります。そこで税金対策でどのようなことを注意すべきか、以下にまとめました。

副業と税金の基礎知識

副業をすることで稼ぎを得た場合、発生するのが所得税と住民税です。サラリーマンをしていると会社の方で税金の計算や徴収を行ってくれます。しかし、副業は自分で税務署に行き、確定申告の手続きを行う必要があります。

2月中旬から3月中旬にかけて、確定申告の受付を行っています。期間内に手続きを済ませておきましょう。

20万円未満なら申告の必要なし?

インターネットを見てみると、年間20万円未満であれば確定申告の必要がないと書かれています。これは所得税が関係しています。所得税の場合、雑所得が20万円未満なら課税されません。

しかし副業にかかる税金には、住民税もあります。住民税が金額に関係なく申告をする必要があります。この部分は勘違いしないようにしましょう。

副業がバレないために

会社に内緒で副業をしていたけれども、なぜか会社にバレてしまうパターンが多いです。実はこれ、住民税の手続きで会社にバレるパターンが主です。

住民税の徴収方法には自分で納税する方法と給料から天引きする方法があります。後者の場合、会社の給料よりも多く住民税が差し引かれるので「おかしい」となるわけです。自分で納税する方法であれば、会社に副業していることはまずバレないでしょう。

副業の税金対策で押さえておきたい3つのポイント

副業の確定申告をする際、やり方を工夫すれば節税できるポイントがいくつかあります。その中でも押さえておきたい3つのポイントについて、ここで詳しく見ていきます。以下で紹介するものをチェックして、自分の申告手続きに活かしてください。

青色申告がおすすめ

確定申告には白色申告と青色申告の2種類があります。通常は白色申告です。

しかし青色申告の申請をしておくと、最大65万円の特別控除が受けられます。所得額を大きく抑えられるので、税金も少なくできます。さらに赤字が出た場合、3年間繰り越せます。赤字の後黒字が出ても、当面所得を相殺できるので節税効果が期待できます。

経費計上しよう

給与所得者の場合、なかなか経費計上できません。しかし副業をすると、経費にできるものも出てきます。

例えばインターネットを使った副業であれば、プロバイダー代も経費として計上できます。その他にも自宅で作業している場合、家賃の一部を経費計上できるかもしれません。

減価償却を意識する

白色申告の場合10万円、青色申告だと30万円を超える高価なものを購入した場合、経費として計上する際には減価償却しなければなりません。減価償却とは商品別に決められた消費年数をベースに、毎年一定割合で経費計上します。

白色申告の場合、10万円を超えると減価償却です。パソコンを購入するとなると、このラインを超える可能性が出てきます。青色申告であれば、30万円までOKになるのでその意味でもおすすめといえます。

面倒がらずにできる節税はやってみよう

サラリーマンだと、会社が税金に関する処理をしてくれるので普段あまり意識しないかもしれません。しかし副業だと確定申告を自分で行わなければなりません。この時上で紹介したことをちょっと工夫するだけでも同じ収入で課税額も変わってきます。

節税のことも意識しながら、税金対策を進めませんか?
TOP