相続税基礎控除額とはなんなのか? 覚えておきたいことについて

相続税基礎控除額とはなんなのか? 覚えておきたいことについて

相続税基礎控除額とはなにか、と考えたことがある人も多いでしょう。 税金などに関係してくるので、出来るなら詳しく知っておいた方がいいです。 今回は相続税基礎控除額とはなにか、注意点などについても紹介していきましょう(`・ω・´)
相続税基礎控除額とはなにか、と考えたことがある人も多いでしょう。税金などに関係してくるので、出来るなら詳しく知っておいた方がいいです。

今回は相続税基礎控除額とはなにか、注意点などについても紹介していきましょう(`・ω・´)
亡くなった人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合、相続税の課税対象となります。

相続税基礎控除額か...僕は30歳だけど初めて聞く言葉なんだよね。

相続税基礎控除額とはなにか?

こちらでは「相続税基礎控除額とはなにか」ということについて見ていきましょう(`・ω・´)

相続税基礎控除額について知るためには「なにか」という部分をしっかり把握する必要があります。

相続税基礎控除額について

簡単に言えば「相続税が課税されるかどうかのボーダーライン」です。被相続の遺産総額が基礎控除額以下の場合は課税されず、相続税申告の手続きも必要ありません。

基礎控除額は家庭によって金額が変動します。

これは、家族構成で金額が変わってくるからです。

相続税基礎控除額は大幅に引き下げされた

平成27年の税制改革によって、相続税の基礎控除額は大幅引き下げとなりました。

税制改正前は「5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)」で計算をしていたのですが、税制改正後では「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」で計算をするようになりました。

つまり、課税対象者が大幅に増えたということなんですよね(;^ω^)

そのため、以前の計算式であれば問題なかったのに、という人も数多くいるのです。

計算式で重要なのは法定相続人の人数

相続税基礎控除額の計算で重要なのは法定相続人の人数です。ただ、間違えないで欲しいのが「実際に相続する人数」ではありません。

民法で定められている相続する権利がある血族を指すのです。

相続税基礎控除額の注意点について

via pixta.jp
こちらでは、相続税基礎控除額の注意点について見ていきましょう。若干特殊なケースがあり、相続税基礎控除額にも影響が出る場合が多いので気をつけてください。

養子がいる場合

養子がいる場合の相続税基礎控除額については、実子と同様に養子も第1順位法定相続人になります。ただし、被相続人に実子がいる場合は「養子は1人まで」です。

被相続人に実子がいない場合は「要旨は2人まで」と定められています。

実子の人数によって、法定相続人になれる養子の数が変わってくるので注意しましょう。

代襲相続が発生した場合

代襲相続が起こった場合は、相続税基礎控除額を割り出す計算式の法定相続人の人数が増える場合があります。

つまり、被相続人よりも先に亡くなった法定相続人に子供が複数人いれば代襲相続で子供全員が法定相続人になるのです。

相続放棄をした場合

法定相続人が相続放棄をした場合でも、相続税の基礎控除額の計算式は「法定相続人」としてカウントされてしまうのです。

実際に相続するかどうかは、計算式においては関係ない部分があるのです(;´・ω・)

そのため、相続放棄をしているからカウントされないと考えている人は注意しましょうね(`・ω・´)

基本的に相続税基礎控除額の計算式に置いて、相続放棄をしても計算上では変わらないのです。






相続税基礎控除額とは注意点が多いのでしっかり覚えておこう!

相続税基礎控除額に関しては、さまざまなポイントがあります。特に相続放棄をしても計算上ではカウントされることに驚く人もいるでしょう。税金においては結構理不尽なところがありますよね(;^ω^)

実際にネット上などでも相続放棄をしたんだからカウントから外せばいいのに、と言う人もいます。

カウントされたことで相続税に影響が出てしまった人も多いのでしょうね。特に引き下げがあったことで、相続税の対象者が大量に増えました。

そのことも、実際に相続税を支払う側にとっては影を落としてしまっているのでしょうね(;^ω^)
TOP