在宅の副業はいくら稼いだら確定申告が必要になるの?

在宅の副業はいくら稼いだら確定申告が必要になるの?

在宅で気軽に稼げる副業は今のこの時代にはぴったりということで、始める方が最近増えているようです。 しかし在宅の副業でも、収入があるということは税金を払う必要が当然ながら出てきます。ということは確定申告をしなくてはならない可能性が出てくるのです。 確定申告って?と思った方もいるかもしれません。サラリーマンや主婦などの経験しかない方などは確定申告についてよく知らない、という方は少なくないのです。

在宅の副業はいくら稼いだら確定申告が必要になるの?

在宅で気軽に稼げる副業は今のこの時代にはぴったりということで、始める方が最近増えているようです。

しかし在宅の副業でも、収入があるということは税金を払う必要が当然ながら出てきます。ということは確定申告をしなくてはならない可能性が出てくるのです。

確定申告って?と思った方もいるかもしれません。サラリーマンや主婦などの経験しかない方などは確定申告についてよく知らない、という方は少なくないのです。

そもそも確定申告とは?

確定申告とは所得(収入から必要経費を引き残った金額)にかかる税金の額を計算し、税金として支払うべき金額を確定させる手続きです。

その年の1月1日から12月31日までの1年間の所得を申告し、原則として次の年の2月16日から3月15日の間(2020年は1ヶ月延長)に税務署に申告書類を提出して行います。

サラリーマンの場合は?

ちなみになぜサラリーマンの人が確定申告をしないのかというと、勤務している会社が給料の中から「源泉徴収」という形であらかじめ所得税を本人のかわりにまとめて支払っているからなのです。

しかしこの源泉徴収で支払った所得税と、実際に1年間の所得から計算される所得税との間に誤差が生まれることがあります。その場合、会社は年末調整という手続きをとり、確定申告の代わりとしているのです。

在宅の副業でみとめられる経費とは

確定申告で認められている経費には様々なものがあります。事業を行うために借りた物件の家賃や光熱費、取引先との食事代など、事業に関係する出費は経費と認められます。在宅の副業の場合ならば、仕事で使った文房具や電池、機材、資料として購入した書籍代、打ち合わせの時の交通費や飲食費、などが経費として認められる物として考えられます。

副業の経費として認められないものは仕事に関係のない出費、健康診断、国民年金、保険代、高額医療費など。また、10万円以上の費用も認められません。経費の金額が多くなれば課税対象の所得は低くなるので、税金が安くなります。経費を経費として認めてもらうためには、きちんと領収書やレシートをとっておくように注意しましょう!

副業でいくら稼いだら確定申告が必要なの?

ここまで確定申告についてざっと説明してきました。これで確定申告についてはだいたいわかった、よしやるぞ!と張り切っている方も多いかも?しれませんが、全ての副業をされている方が確定申告の必要があるわけではなく、収入がある程度を超えた人のみが確定申告をすることになっています。

所得が20万円以下であれば必要なし!

在宅の副業の所得が20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。ここで注意していただきたいのが、「所得」であり、「収入」ではない、という点です。経費として計上される領収書やレシートの保管には、繰り返しになりますがくれぐれも気を付けましょう。

副業でアルバイト・パートもしている場合は?

アルバイトやパートの場合、その収入(こちらは所得でありません)が1年間20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。

副業でアルバイトやパートもして、しかも在宅ワークもしている、という方の場合は、アルバイト・パートの収入と、在宅ワークの所得の合計が20万円を超える場合は確定申告の必要はありません。

収入と経費を普段から把握しよう

確定申告は難しいように思いますが、あらかじめ収入や経費を把握して必要な書類を揃えることで、きちんと終わらせることができます。

普段から収入や支出の管理をし、税金対策をしておくことで、結果的に余計な税金を支払う必要もなくなり副業で稼いだ分がしっかり家計に反映されます。

確定申告の知識は、ガッツリ副業をしたいと考えている方は押さえておいた方がよいでしょう。
TOP