住宅ローン控除って年末調整が必要って本当?正しい住宅ローン控除の知識

住宅ローン控除って年末調整が必要って本当?正しい住宅ローン控除の知識

住宅ローン控除って知っていますか?わたしは、先日いった住宅展示場のスタッフの方に聞くまで全然知りませんでした。 何でも消費税が10パーセントになったから3年間延びたとか言われたけどチンプンカンプンでした。 知ったかしてしまったので、住宅展示場に次回行くまでの住宅ローン控除とはどんなものなのかを調べてみようと思いました。
住宅ローン控除って知っていますか?わたしは、先日いった住宅展示場のスタッフの方に聞くまで全然知りませんでした。

何でも消費税が10パーセントになったから3年間延びたとか言われたけどチンプンカンプンでした。
知ったかしてしまったので、住宅展示場に次回行くまでの住宅ローン控除とはどんなものなのかを調べてみようと思いました。

住宅ローン控除って?

最初に調べたのは、そもそも住宅ローン控除って何ぞやということでした。

どうやら住宅ローンを組んでいる方が、この住宅ローン控除という制度を利用することによって、毎年お金が返ってくる制度みたいでした。

色々と難しいことが書いてありましたが、お金が返ってくるのは嬉しいですよね。

どうやったら利用できるのか、どれくらいかえってくるのかを調べてみました。

住宅ローン控除制度を利用するために

住宅ローン控除制度を利用するためには、色々な条件をクリアしなければいけないみたいです。

例えば、10年以上の住宅ローンを組んでいる事だったり、床面積が50平方メートル以上のマイホームではいけないこと、年収が3,000万円以下などの条件をクリアしないと利用することができないみたいです。

また、中古住宅を購入した時には、耐火建築物の場合には築25年以内、耐火建築物で無い場合には築20年以内といった条件がありました。

耐火建築物で無い場合で築20年を超える場合には、耐震基準適合証明書などが必要みたいです。これは、購入する物件を選ぶ際の指針になると思います。

控除される金額

住宅ローン控除制度を利用することによって、控除される金額は人によって違うみたいです。

住宅ローン控除で控除される金額は、住宅ローン年末残高×控除率1パーセントという計算式で算出されます。

例えば、住宅ローンの残りが2,000万円ある場合には、20万円が控除金額になります。

また、住宅ローン控除は、上限が40万円に設定されておりますので、住宅ローンの残りが5,000万円あったとしても、ローンの残りが4,000万円の方と同じ40万円になるそうです。

住宅ローン年末残高×控除率1パーセントで出された金額と40万円の少ない金額が適用されるとのことでした。

住宅ローン控除の適用には年末調整が必要なの?

住宅ローン控除は、何もしなければ利用することができません。住宅ローン控除を利用する時には、自分で手続きを行わなければいけません。

その手続きが年末調整や確定申告みたいなんです。

これから初めて住宅ローン控除を利用しようと思っている場合、年末調整と確定申告のどちらをすればよいのでしょうか?

初年度は確定申告

住宅ローン控除は、初年度と2年目以降で手続きが異なるみたいです。初めて住宅ローン控除をする場合には、確定申告が必要になるとのことでした。

確定申告をする場合には、確定申告書のAとBのうちAが必要になります。

また、住宅借入金等特別控除額の計算明細書やマイナンバーカード、マイホームや土地の登記事項証明書、マイホームや土地の不動産売買契約書のコピー、源泉徴収票、住宅ローンの残高を証明する書類などが必要になるとのことでした。

2年目以降は年末調整

住宅ローン控除は、初年度こそ確定申告をしなければいけませんでしたが、2年目以降は年末調整で大丈夫みたいです。年末調整は、お勤めしている会社にお任せすることができますので、労力を大きく減らすことができます。

しかし、年末調整で住宅ローン控除を利用する場合には、住宅ローン控除に必要な書類を会社の担当者に提出しなければいけません。

住宅借入金等特別控除申告書と住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書の2つの書類を提出するようにしましょう。

住宅ローンを意識したマイホーム選び

住宅ローン控除は、絶対に利用しなければいけない制度ですね。わたしが狙っている建売住宅が3,780万円ですので、ほぼ満額の住宅ローン控除が受けられそうです。

これからマイホームを購入しようと思っている方は、ぜひとも利用してみてください。
TOP