個人用クレジットカードで経費を払うとどうなる?個人事業主が事業用クレジットカードを作る確定申告のメリットを紹介

個人用クレジットカードで経費を払うとどうなる?個人事業主が事業用クレジットカードを作る確定申告のメリットを紹介

個人事業主になったけど、銀行口座などプライベートと事業用を共用している人もいるでしょう。 特に開業したばかりだと、事業運営や事務手続きでそこまで手が回っていない人も多いはずです。 個人事業主が自分のクレジットカードを事業で使った場合、会計上どのように扱われるのでしょうか。 確定申告するときにも得られるメリットを紹介します。

個人用クレジットカードで経費を払うとどうなる?個人事業主が事業用クレジットカードを作る確定申告のメリットを紹介

個人事業主になったけど、銀行口座などプライベートと事業用を共用している人もいるでしょう。特に開業したばかりだと、事業運営や事務手続きでそこまで手が回っていない人も多いはずです。個人事業主が自分のクレジットカードを事業で使った場合、会計上どのように扱われるのでしょうか。

確定申告するときにも得られるメリットを紹介します。

経費をクレジットカードで支払った場合の処理はどうする

インターネットでの買い物が一般的になり、現金精算だけでなくクレジットカードを併用するのが当たり前になっています。個人用のクレジットカードで事業用の支払いをした場合問題になるのでしょうか。

個人用クレジットカードでも事業用の買い物は可能

クレジットカードで買い物した場合、買い物をしたタイミングと支払いのタイミングがずれることになります。
どのように処理するか見ていきましょう。

例えば消耗品をクレジットカードで購入した場合を考えてみましょう。個人事業主の財布で事業用の経費を使った場合は事業主借という勘定科目で処理することになります。
(借方) 消耗品費 ○○ / (貸方)事業主借○○


一方で事業用の口座を使った場合は未払金として処理します。
(借方) 消耗品費 ○○ / (貸方)未払金 ○○


引き落としがあった時には普通預金から差し引きます。
(借方) 未払金 ○○ / (貸方)普通預金 ○○

個人用クレジットカードを使うと経費処理が煩雑に

当たり前のことではありますが、経費として認められるのは事業に直接必要な費用だけです。クレジットカードをプライベートと一緒にしてしまうと、事業用とプライベート用を分けて処理しなければいけません。

データが混在してしまえば、どれが経費なのかプライベートなのかがわかりにくくなり、計算するときに間違ってしまうこともあるでしょう。確定申告時に計算も手間がかかってしまいます。また税務調査などでも経費計上しているものが、プライベート用ではないかと説明を求められることがあります。

個人事業主が事業用にクレジットカードを分けるメリット

わざわざ事業用にクレジットカードを用意するのは面倒に感じるかもしれません。どうして事業用と個人用でクレジットカードを分けたほうが良いのでしょうか。

経費処理の手間が減る

事業用のクレジットカードを用意することによって、わざわざ個人用クレジットカードから事業の費用を抜き出して計算する手間がなくなります。カードの利用明細書をそのまま経費計算に使うことができるため、間違いを防ぐこともできるでしょう。確定申告書類を作る時の計算も楽になります。

また市販の会計ソフトの中には、銀行口座やクレジットカードと連携しているものもあります。データを連携して必要経費の仕分けを設定すれば、自動的に仕分けして経費計上することもできるでしょう。

クレジットカードの年会費を経費にできる

近年は年会費無料のクレジットカードも多くなっていますが、利用限度額や保険の関係で年会費がかかるクレジットカードのほうが便利な場合もあります。プライベートのクレジットカードでは年会費はプライベートの利用と按分して経費にすることになります。一方で事業用のクレジットカードであれば年会費全額を経費にすることができるでしょう。

ポイント付与やキャッシュバックで経費削減ができる

クレジットカードを利用する特典といえばポイントでしょう。事業用のクレジットカードであってもポイント付与や、キャッシュバックなどの特典を受けることができます。事業用のクレジットカードであれば、これらの特典は雑収入として処理したり、値引きとして扱うこともできるでしょう。

しかし、プライベートと共用だと、ポイントの按分の問題が発生してしまいます。

事業用口座を利用して事務コストを削減しよう

プライベートの口座を事業用に使うと年会費の処理や経費処理が煩雑になります。また分割払いで買い物をした場合の支払い利息なども計算がややこしくなるでしょう。事業用口座を使うことで確定申告書類作成時も資料を集めるのが格段に楽になります。

クレジットカードを使うと現金決済とは違う会計処理が必要な場合もありますが、支払期限を伸ばせるなどメリットもあります。事業用クレジットカードを使ってより経理処理を効率化しましょう。
TOP