白色申告の無料会計ソフトってある?初心者にもおすすめな5選をご紹介

白色申告の無料会計ソフトってある?初心者にもおすすめな5選をご紹介

確定申告には白色申告と青色申告があり、白色は申告書Aで青色は申告書Bを使用します。 白色は安易で記入項目が少なく作成が楽ですが、控除や節税のメリットはないです。 青色は記入項目が多く作成に時間がかかるけれど、控除が多いメリットがあってお得。 今回は、青色申告に比べて簡潔な白色申告の無料会計ソフトを紹介します!
確定申告には白色申告と青色申告があり、白色は申告書Aで青色は申告書Bを使用します。白色は安易で記入項目が少なく作成が楽ですが、控除や節税のメリットはないです。

青色は記入項目が多く作成に時間がかかるけれど、控除が多いメリットがあってお得。

今回は、青色申告に比べて簡潔な白色申告の無料会計ソフトを紹介します!

白色申告でおすすめな無料会計ソフトとは?

確定申告の書類作成には、白色申告も青色申告も会計ソフトを使うと便利です。ネット上で管理するクラウド型と、昔ながらのインストール型があります。

会計ソフトは、税務署で申告書を貰って記入していくよりも作業が格段に楽です。ここからは、白色申告におすすめな無料の会計ソフトを紹介していきます。

①会計ソフトfreee

会計ソフトfreeeは、freee株式会社が運営していて知名度も高くて人気です。白色申告と青色申告の両方に対応していて、日々の記録で書類を自動作成してくれます。

30日間の無料お試し期間があって、その後は有料になるので完全無料とはなりません・・・。

経費などの自動仕訳や、財務と損益の状況が一目で分かる見やすさもポイント。毎日の記録を自動整理してくれて1年間のデータをまとめた後、確定申告書の書類が出来上がるので印刷すればOKです。時短で記録ができて、最速で書類が作成できるのは魅力的ですよね。

②マネーフォワードクラウド確定申告

マネーフォワードクラウド確定申告は、白色申告と青色申告の両方に対応しています。名前の通りに確定申告の書類を作成するための会計ソフトです。記録を自動仕分けする機能があって、自分で整理する必要がないので時短になります。

収入・支出、取引の詳細と金額、日付や摘要欄の記入のみとシンプルで簡単。

作業方法も簡潔なので、初心者の人でも戸惑うことなく使えます。銀行やクレジットカードを登録しておけば、そのデータも自動読み取りで仕訳が可能。

③やよいの白色申告オンライン

やよいの白色申告オンラインは、確定申告で白色申告するための専用会計ソフトです。オンラインの名前の通りにクラウド型の会計ソフトで、完全無料で使えます。

主に法人向けの会計ソフトを運営する、弥生会計事務所が提供するソフトで、知名度や信用、信頼性が高い点も安心できますね。

簡潔でシンプルな画面と操作方法で、初心者にも分かりやすいのも魅力。経費などの自動仕分け機能で、毎日の作業が非常に楽におこなえます。サポートがないので無料で使えますが、サポートが必要なら有料版もありますよ。

④やよいの青色申告

やよいの青色申告会計ソフトは無料ではなく、書店や家電量販店やネットで購入してインストールするタイプです。Windowsに対応していて、インストール型なのでアップデートの必要があります。

クラウド型の会計ソフトと同様に、毎日の記録を帳簿付けしていきます。1年間の記録をとりまとめると白色申告の書類が作成できるので、確定申告が楽です。

やよいの青色申告には、白色申告オンラインと同じく青色申告オンラインも存在します。機能的にも青色申告オンラインの方がクラウド型で、より時短最速で作業ができますよ。

⑤やるぞ!青色申告

やるぞ!青色申告は、インストール型の会計ソフトで無料ではなく有料です。WindowsとMacに対応していて、ネットから購入して直ぐにインポートできます。

有料ですが、その分万全なサポートが15か月間無料で受けられるのがメリット。確定申告がはじめての初心者でも、1から丁寧に質問に答えてくれますよ!

名前は青色申告でも、白色申告の書類も作成できる会計ソフトです。確定申告書類が画面に入っていて、クリック入力するだけとシンプル。

マイナンバーに対応しているほか、Excelで作成したデータもインポート可能です。

白色申告の無料会計ソフトで確定申告をしよう!

確定申告する際の、白色申告書を作成できる会計ソフトを紹介しました。白色申告の会計ソフトには、クラウド型とインストール型があります。クラウド型では無料なもの、インストール型では有料のものが多いです。

時短で記録や帳簿付けができるクラウド型がおすすめで、アップデートも不要で便利。

毎日の記録を自動読み取りと仕訳する機能で、白色申告書の書類も自動作成してくれます。サポートの充実が欲しい人は、クラウド型の有料版やインストール型のサポート付きを選ぶと疑問や質問が一早く解決できますよ。
TOP