副業から独立する場合のタイミング6選!独立の前提条件を確認しよう

副業から独立する場合のタイミング6選!独立の前提条件を確認しよう

副業を始めたけれどいつかは独立したいと思う方は少なくないでしょう。 しかし、独立するのにもタイミングが存在します。 タイミングを見計らわずに独立すればビジネスが転んだ時に立て直しも上手くいかなくなってしまいます。 そこでこの記事ではどんなタイミングなら独立しても大丈夫なのか解説していきます。

副業から独立する場合のタイミング6選!独立の前提条件を確認しよう

副業を始めたけれどいつかは独立したいと思う方は少なくないでしょう。しかし、独立するのにもタイミングが存在します。

タイミングを見計らわずに独立すればビジネスが転んだ時に立て直しも上手くいかなくなってしまいます。そこでこの記事ではどんなタイミングなら独立しても大丈夫なのか解説していきます。

副業から独立するタイミング6つの基準

副業から自分のビジネスを始めて「いざ独立するぞ!」と思っても上手くいかない条件が揃っていたらすぐに失敗してしまいます。

そこで、この状態になったら独立するのに良いタイミングという6つの条件をご紹介します。

経営感覚が身に付いている

自分のビジネスを立ち上げるという事はあなたはそのビジネスの社長になる訳です。何もかも全てをあなたの一存で決める事ができる重要な立場です。

従って経営者視点で物事を考えられる能力が必要となります。これを身に付けるのに手っ取り早い方法は会社員として現場責任者になることです。

現場での最高権限を持つ事で自然に「利益につながる事は何か?」「これはわが社にとってどれくらいのメリットとデメリットがあるのか?」という感覚が身に付きます。

その感覚は独立した時に大きく役に立つことができます。

今後も収益が見込める算段が立っている

どんなビジネスをしているかは人によって様々ですが、参入した業界で今後も収入が見込める算段が立っているかどうかは重要な事です。

仮にあなたのビジネスそのものは上手くいっていたとしても業界全体が先細りしているのであればあなたのビジネスもその内収入が減ってしまう事でしょう。

業界の状態が今後どうなるのか?あなたのビジネスモデルが今後どの様に成長していくのか?という未来予想図が描けているのであれば問題はありません。

最低1年は無収入で生活できるだけの貯金を持つ

独立するという事は会社の庇護から外れるという事です。つまり、ある日突然仕事が無くなってしまっても誰も助けてはくれません。そうなった場合に備えて最低でも1年は無収入でも生活できるくらいの貯金を蓄えておきましょう。

特にビジネス立ち上げの不安定な時はちょっとした事でビジネスが終わってしまう事もあり、蓄えをしっかりとしておく事で次の身の振り方を余裕を持って決める事ができます。

副業で本業の収入を超えている

最低条件が副業で本業の収入を超えているという事です。副業で独立するという事は副業が本業になるという事ですから本業の収入を超えていないと生活レベルを落とさなければなりません。

独立直後でビジネスが不安定な時ほど収入も不安定ですから最低でも副業の収入が本業の収入を超えてから独立するようにしましょう。

複数のクライアントとの信頼関係を築く

これはリスクヘッジの観点から必要な事です。自分のビジネスが何であれクライアントがいる事でしょう。1ヵ所のクライアントしかいない場合、そことの契約が切れてしまったら無収入になってしまいます。

それを避ける為に複数のクライアントと信頼関係を築いておき、1つ2つ切られてもだ異常な状態にしておく事が独立するためには必要です。

独立する場合のやっておくべき事

一見すると少し回り道に見えるかもしれませんが、やっておいた方がいい事、経験しておいた方がいい事をご紹介します。

会社員を経験しておく

学生の内から起業して自分のビジネスをしたいと考える方もいるかもしれませんが、その場合でも一度は会社員を経験しておくべきだと主張します。なぜなら会社員を経験しておく事で必要なビジネスマナーや言葉遣いと言った基礎的な事が身に付くからです。会社員を経験せずに社長になった人は「俺は偉いんだ!」とばかりに傲岸不遜な態度を取りがちです。

しかし、会話をしている相手からすれば不快極まりない事なので、短期的に見て上手くいっていたとしてもその内にクライアントを失っていく事でしょう。最低限の礼儀を身に付けるためにも会社員は一度は経験しておくべきです。

副業から始める

独立していきなり自分のビジネスを始めるのではなく、副業から始めましょう。自分のビジネスが上手くいかなくて畳まなければならなくなった場合、また就職活動をしなければならないからです。

無収入の状態で無職になりかねないので、まずは副業から始めるようにして下さい。

人脈を作っておこう

最大の資産は人脈です。どんなビジネスをするにおいても人とのつながりによって進んでいきます。結局はどんなビジネスもお金を払うのは人ですし、情報を扱うのも人です。

だからこそ人脈を大事にする事でより良いビジネス展開をする事ができるでしょう。

タイミングを見極めてから独立しよう

副業から独立する為のタイミングについて解説しました。今回ご紹介したタイミングを守って独立すれば安定したビジネスをしやすくなるはずです。

現在副業をしており、いつかは独立したいと思っている方は参考にして下さい。
TOP