小さく始める起業の形!小さく始めるメリットやおすすめのビジネス書について

小さく始める起業の形!小さく始めるメリットやおすすめのビジネス書について

世の中には、本当に色々な商品やサービスがあります。 それらを提供している会社も小さな会社から大企業まで、そのスタイルは様々です。 ここ数年で増えて来た小さく始める起業の形には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
世の中には、本当に色々な商品やサービスがあります。

それらを提供している会社も小さな会社から大企業まで、そのスタイルは様々です。

ここ数年で増えて来た小さく始める起業の形には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

小さく始める起業のメリット

最近では、仲間内であったり、自分一人だけなど起業するにしても、規模が非常に治作なってきております。

一般的な起業とは違い、小さく始める起業にはどのようなメリットがあるのでしょうか?気になったので調べてしまいました。

失敗するリスクが少ない

小さく始める起業のメリットとして最も大きいのが、失敗するリスクを最小限に抑えることができるという事です。

大人数での起業になると、規模も大きくなりますし、その分、目が届きにくいことも多くなります。

また、トラブルが起きてから自分の耳に入るまでのタイムラグも大きくなります。

小さく起業するとこのようなリスクがありません。
via pixta.jp

上手に失敗することができる

起業をするという事は、最初から全てが上手くいくわけではありません。

また、仕事が軌道に乗った後も、色々とトラブルが起きていきます。

そういった失敗をクリアしていくことで、徐々に会社が成熟していくのですが、小さく起業すると失敗も小さくて済みますので、致命傷にならない程度の失敗を経験することができます。

結果的に起業が上手くいくというわけです。

決定権が自分にある

自分一人で起業するという起業で最も小さいスタイルを選ぶと、色々な事を自分ひとりで決めなければいけません。

しかし、逆に考えると全て自分の判断で決定することができるということです。

決定するために会議をしなくてもよいですし、反対されて自分の思い通りの会社経営ができなくなるなんってこともありません。

決定権が自分にあるのは大きなメリットになるのです。

仕事の仕方が自由になる

小さい規模で起業をすると、働き方が非常に自由になると言ったメリットがあります。

特に自宅をオフィスにしているという方の場合には、通勤時間がありませんので、電車の運行時間なども関係ありません。

もちろん土日や平日、お盆や年末年始などもありませんので、自分が好きな時に働くことができます。
自分の体調に合わせた働き方ができるのです。

初期投資費用が少ない

起業にはお金がかかります。

特に大規模な事業を起こすとなると、まとまった金額が必要となります。

しかし、小さく起業するような場合には、初期投資費用を極限まで落とすことができます。

現在使用しているパソコンだけで起業できるのでしたら、ほぼいらなくなってしまいます。

また、初期投資費用が少ないという事は、赤字になりにくいといった事にも繋がります。

小さく始める起業を学ぶ方法

最近では、インターネット上に様々な情報が乱立していような状況ですので、一般的な起業の方法はもちろんの事、今回のような小さく始める起業の情報も沢山あります。

しかし、そういった情報の中には、明らかに間違っている物もありました。

わたしが色々と情報収集をした結果、非常に良質な情報を紹介した、ある一冊の本に出合いました。
via pixta.jp

小さくはじめる起業の教科書

小さくはじめる起業の教科書は、酒井とし夫が書かれているビジネス書になります。

こちらの本には、起業の際に失敗しやすいポイントであったり、起業を成功させるために覚えておいた方がよい事実、起業した後に必要となるマーケティングや営業の仕方、そして一人で起業した時に重要なWebマーケティングなどが紹介されておりました。

非常に内容の濃いビジネス書となっておりますのでおすすめです。

まとめ

小さく始める起業は、以前では考えられませんでしたが、近年のインターネットの普及により、自宅にいながら一人でも十分な起業をすることができる時代になっております。

起業には、色々と難しいことも多いのですが、小さく始める起業でしたら手間も最小限に抑えることができます。

こんな時期だからこそ、負担の少ない小さく始める起業の形にチャレンジしましょう。
TOP