起業で失敗する人の特長とは?失敗する理由から成功を学ぼう!

起業で失敗する人の特長とは?失敗する理由から成功を学ぼう!

日本では、アメリカと違い起業が当たり前ではありません。 色々なサイトでは起業の失敗率は、10年で90パーセントなどと書かれているところも少なくありません。 起業で失敗するとどうなってしまうのか。 そして起業で失敗しやすい人の特長とはどのようなものがあるのでしょうか?
日本では、アメリカと違い起業が当たり前ではありません。

色々なサイトでは起業の失敗率は、10年で90パーセントなどと書かれているところも少なくありません。
起業で失敗するとどうなってしまうのか。

そして起業で失敗しやすい人の特長とはどのようなものがあるのでしょうか?

起業で失敗する人の特長とは?

起業で失敗する人は、色々な共通点があるようです。

その共通点を知ることができれば、逆に起業に成功することも難しくありません。

色々な共通点があるなかで、最も起業を失敗しやすい共通点を4つピックアップしてご紹介していきます。

他人の真似をする人

起業で失敗する方で多いのが、誰かの真似をしてしまうという事です。

その真似が世の中に合っていなかったり、自分の性格と違っているような場合には、より起業に失敗するリスクが増えてしまいます。

起業に成功している方は、少なからずオリジナリティを所有しております。

そのオリジナリティと販売する商品やサービスがかみ合った時に企業が成功するのです。

資金計画が甘い

起業して失敗してしまう方は、資金計画が甘いといった共通点があります。

起業する前に予測を立てると思いますが、その予測がなんとなくであったり、自分の会社に有利になるような予測をしてしまうと、実際に起業してから全然資金が足りなくなってしまいます。

特に儲けが出るまでの期間を短く予想してしまうと、資金繰りがショートしやすいです。

精神面が未熟

起業で失敗してしまう方は、総じて精神面が未熟な所があります。

上手くいっている時は、ノリが良かったり、社員の方や取引先の方と仲良くできるので問題ありませんが、経営が上手くいかなくなるにつれて、徐々に周り当たり散らしてしまったりすると、より上手くいきません。

精神面が未熟な方は、勢いで何とかしようと思う部分もありますが、上手くいかなくなるとすぐにダメになってしまいます。

熱くなりやすい

熱くなりやすいというのも起業で失敗する方の特長となっております。

部活などスポーツでは、気持ちが全面に出ていることのメリットは大きいのですが、いざ起業ともなると、そういった熱さや勢いだけではどうにもならないことの方が多くあります。

時には冷静に判断できるような落ち着きがないと、起業はできるかも知れませんが、会社を維持し続けることは難しいかも知れません。

起業が失敗したらどうなるの?

起業して成功した方の書籍やビジネス雑誌などでのインタビューはよく目にしますが、起業に失敗した方のその後はあまり多くは語られません。

起業をする前に、起業に失敗したらどのような事が起こり得るのかを知っておきましょう。

自己破産

起業した時に、自己資金で起業していなければ、少なからず借金ができているはずです。

その借金が会社名義ではなく個人名義の場合には、自己破産せざるを得ません。

また、会社名義で借金をしていたとしても、社長が借金の連帯保証人になっているような場合も、同じく自己破産する可能性が高くなります。

自己破産してしまうと、新たに起業する時に資金集めがしにくくなります。

再就職が難しくなる

起業に失敗してしまうと、日本社会では再就職が難しいといったデメリットが出てきます。

もちろん業種にもよりますが、起業の失敗という事実は、日本社会において大きなマイナスポイントになるようです。

起業家というのは、会社で扱いにくいという事や、失敗したことで実力的な部分や考え方など人間的な魅力がマイナスに映ってしまう可能性があります。

まとめ

起業で失敗する方の特長は、逆に起業をする方の特長にも当てはまります。慎重な方ほど起業はしない統計があります。

しかし、慎重だからといってリストラや会社が倒産して無職にならない保証もありません。

同じリスクを背負うのでしたら、より自分らしく生きられる起業を目指すのも間違いではありません。
TOP