起業するには何から始めればよい?起業したい人が知っておきたいポイント

起業するには何から始めればよい?起業したい人が知っておきたいポイント

もう会社員は嫌だ!自分の会社を持ちたい!という人は多いものです。 しかしそう思ってもすぐに起業できるものではありませんよね。 起業するには何が必要か?どのような準備が必要か?と知っておくことが必要です。 起業を成功させるための準備についてお伝えします!

起業を失敗しないために

せっかく起業しても赤字続きで失敗、何か何だか分からないまま会社を畳んだ、ということがないよう、起業について把握しておくことが大切です。
また、準備もしっかりしておきたいですね!

起業とは何かについて知っておく

起業、起業といってもそれは一体何か?をきちんと把握しておきましょう。

起業するには会社を辞めなければ!と思っていませんか?
起業は会社を辞めて会社を作ることだけが起業ではありません。

サラリーマンとして会社勤めをしながら、個人事業主として仕事をする方法があります。
それも立派な起業ですね。

どちらがよいかは、将来のことや収入、家族のことなども考え、よく考えることが大切ですよ。
まずは副業としてスタートさせるという手もありますしね♪

自分の強みや得意分野について考える

起業を成功させるには、やはり得意分野がよいでしょう。
未経験や未知の分野だと、最初から勉強が必要でコツなども分かりません。

起業し軌道に乗るまでは自分の好きな分野や経験・スキルのある分野がおすすめ。
または自分の強み、営業トークだったり、専門知識だったり、自分の売りについてよく考えてみることです。

自然にできることをした方が、起業は成功するでしょう。

事業計画書を作成

ノープランでスタートさせるのは危険ですよ。
最初に事業計画書を作成しましょう。
事業計画書がないと、銀行や公的機関から資金を調達できません。

事業計画書を作成することで具体的に何をするかが見えていきます。
運営方針や事業のやり方、どのような商品やサービスをどのように展開していくのか、資金はどれくらい必要かなども分かってきますよ。

サラリーマンのうちに人脈を作る

事業を始めるにあたり、人脈は大きなメリットとなります。
これはあの人にお願いすれば何とかなる、この人から知恵をもらえばやりやすくなる、など、頼りになりそうな人とのコミュニケーションを大切にしましょう。

起業後、精神的な支えになってくれる人も大切です。
人脈は大切にしましょうね。

副業をする

サラリーマンでいる時にできるだけ資金を貯めておくことも必要です。
お給料が高く、資金は問題ないというのであれば心配ありませんが、そうでない場合は副業で金を貯めておくとよいでしょう。

また副業で経験を積んだり勉強したりすることで、起業後の失敗を減らすことも可能です。
起業に関する副業が出来れば、なお良いですね。

起業するために必要な資金

起業をする際には資金が必要です。
基本的に必要な資金について知っておきましょう。

設備資金

一つは設備資金です。
基本的には事業を始めたり、維持していったりするために必要な一時的な資金のことです。
部屋を借りる際の初期費用やWebサイトの作成費用、店内の内装や必要な機器、パソコンは電話などです。

運転資金

事業を運営していくために必要な継続的にかかる費用のことです。
家賃や給料、商品の仕入れ費用やwebサイトの運営費用、外注する際の費用などです。

助成金について知識を得る

起業するにあたり、必要な資金をすべて自分で用意できるとは限りませんね。
その際は銀行からの融資や家族などに借りるなどの方法があります。

さらに知っておきたいのが助成金や補助金です。
国や地方自治体が事業に期待できると判断した場合、資金を補助してもらえます。

税金について把握

起業すれば所得税や法人税、住民税など税金を支払わなければなりません。
節税対策や経費などに関する知識も必要です。
税金に関する知識を得ることで、お金をコントロールすることができます。

起業するには準備期間も大切にしよう

起業したい!会社を辞めよう!と行動する人は少ないでしょう。
起業は準備期間も必要であり、計画を立てることも大切です。

特に資金や税金についてはしっかり把握しておきましょう。
それが起業を成功させる秘訣でもありますよ!
TOP