副業って開業届がいるの?個人事業主の開業届から確定申告までまとめました

副業って開業届がいるの?個人事業主の開業届から確定申告までまとめました

会社員になると,会社の仕組みに則って納税などの手続きをおこないます。 しかし、副業するとその会社の枠組みから外れるため初めての経験をすることもあるでしょう。 副業として事業をした場合はどうでしょうか。 個人事業主の開業届から確定申告までまとめました。

副業って開業届がいるの?個人事業主の開業届から確定申告までまとめました

会社員になると,会社の仕組みに則って納税などの手続きをおこないます。しかし、副業するとその会社の枠組みから外れるため初めての経験をすることもあるでしょう。

副業として事業をした場合はどうでしょうか。個人事業主の開業届から確定申告までまとめました。

開業届を出すメリットって?

開業届というとひどく大仰に聞こえるかもしれません。

開業とは事業を新しく始めること、例えばインターネットで販売を始めた、YouTuberになったという場合に、それが継続する前提で事業規模であれば開業となります。開業届を出すなんて面倒と感じる人もいるでしょう。

開業届を出すことにどんなメリットがあるのでしょうか。

個人事業主としての経験を積める

開業届を税務署に提出すると個人事業主としてのスタートになります。これから先、副業としてだけでなく事業規模を大きくしていきたい、独立したいと考えているのであれば、開業届を出すことで開業したという経歴になります。開業届を出すと屋号を持てるので、取引先やお客様からの信頼も得やすくなるでしょう。

屋号で銀行口座を作ることができる

開業届を出すことによって、個人名ではなく屋号で銀行口座を作ることができます。個人事業主が個人の口座を事業用に使うこと自体は問題ありません。しかし、売上と経費の計算などがあるため個人用と事業用で口座を分けたほうが金銭の出し入れを把握しやすくなるでしょう。

また屋号の口座になることによって取引先からの信用も得られます。

確定申告で有利になることもある

開業届を出していても出していなくても年間所得が20万円を超えたら確定申告をすることになります。開業届を出していない場合は副業の所得が雑所得として扱われることもあるでしょう。

しかし、開業届を出すことによって事業所得となります。また青色申告を選択できるようになるため、青色申告特別控除など税制面での特典を受けることもできるでしょう。

開業届はどうやって出すの?

開業届は事業を始めていなければ使うこともない制度でしょう。どこになんの書類を出すのかまったくわからない人のために手順を紹介します。

開業届を手に入れるには

開業届は税務署で受け取ることができるほか、国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。

開業日に決まりはありませんが、青色申告にするなら青色申告承認申請書を開業日から2か月以内に出さなければいけません。また開業届の提出期限は原則として開業から1ヵ月以内です。ただし遅れても罰則はありません。

開業届の記載方法

開業届の内容は決して難しくありません。開業届の正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」となっているので、届け出の区分は開業にチェックします。

さらに納税地となる自宅や事務所の住所、マイナンバー、職業、屋号を記載します。屋号は好きなものをつけられます。また空欄でも提出可能です。開業届の下半分には開業日や従業員についての事項を記載します。

開業届を提出しよう

開業届の提出先は所轄の税務署長です。開業届とマイナンバーカードを持参しましょう。提出の時には手数料などの費用も掛からず、郵送することもできます。青色申告にするのであれば、一緒に青色申告承認申請書を提出しましょう。

開業したら確定申告の準備もしておこう

開業したらいよいよ個人事業主としてのスタートラインに立ったことになります。個人事業主になると確定申告も必要になるので、日々の取引は必ず記録して、請求書なども保管するようにしましょう。

青色申告の特典を受けるためには書類などが必要になることもあるので事前に用意しておいてください。

開業届や確定申告をした経験は未来への糧になる

個人事業主になることを面倒に感じる人もいるでしょう。

しかし、同じ事業でも個人事業主となることで業務への姿勢も変わります。副業として個人事業主になることは将来的にも価値がある経験です。書類や帳簿つけに自信がないという人もいるかもしれません。不安なことは人に尋ねたり、専門家に外注することも検討しましょう。
TOP