フランチャイズの飲食店開業の秘訣とは?資金や準備に関するコツを解説

フランチャイズの飲食店開業の秘訣とは?資金や準備に関するコツを解説

飲食店を経営したい場合、自身で開業する方法とフランチャイズを利用する方法があります。フランチャイズを利用するメリットは、なんと言っても開業資金が少なく済むことです。 フランチャイズで飲食店を開業する場合の秘訣や資金などについて、解説していきます。
飲食店を経営したい場合、自身で開業する方法とフランチャイズを利用する方法があります。フランチャイズを利用するメリットは、なんと言っても開業資金が少なく済むことです。

フランチャイズで飲食店を開業する場合の秘訣や資金などについて、解説していきます。

フランチャイズ飲食店のメリット

フランチャイズで飲食店を経営するメリットは、どんなことがあるのでしょうか。自分でオープンするよりも低資金で開業できること以外にも、メリットがあります。フランチャイズで飲食店を開業するメリットについて、みていきましょう。

本部からのサポートがある

フランチャイズを利用する場合の大きなメリットは、本部からのサポートがあることです。特に初めて飲食店を開業する人にとっては、ノウハウを提供してくれることやフォローがあることは、安心できる材料となります。

経営がすぐに軌道に乗ればよいのですが、そうばかりとは限りません。フランチャイズに加盟していれば、セミナーや説明会などに参加することもできますし、利益を上げるための知識ややり方を教えてくれます。

知名度がある

フランチャイズで飲食店を始めるメリットは、ブランド力で知名度が最初からあることです。そのため、自身で開業するよりも最初の集客力は期待できます。特に知名度や人気が高いお店であれば、お客さんが自然に来る状況が考えられます。

お客さんからすれば、既に知っている利用したことがあるお店なので、味やサービスなどを理解していることがほとんどです。本部から用意される販促ツールやプロモーションなどを使うことになるので、ブランド力を武器にできることがメリットです。

個人で始めるよりも低資金でできることも

フランチャイズで飲食店を始める場合、土地や物件などを本部が持つ場合とオーナーが保つ場合があります。
オーナーが土地や物件取得費用を持つ場合は、開業費のほとんどをオーナーが負担することになるため、規模によっては高額になる場合もあります。

本部がそれらを負担する場合は、オーナーはリース料た仕入れ費だけで開業することができるのでメリットです。
建物にかかる費用がないので、個人で始める飲食店と比べて低資金で始めることができます。

フランチャイズ飲食店のデメリット

フランチャイズで飲食店を始めるデメリットとは、どんなことがあるのでしょうか。フランチャイズ本部からのサポートや知名度など、メリットが多いフランチャイズですがデメリットもあります。

フランチャイズで飲食店を開業するデメリットについて、みていきましょう。

加盟金やロイヤリティがある

サポートやブランド力が強い代わりに、本部への加盟金やロイヤリティがあることがデメリットです。これは、ノウハウを提供する代わりの代金だと思えばデメリットと取るかメリットと取るかは、考え方次第と言えます。

自身で飲食店を開業する場合、ノウハウなどのサポートはありませんが加盟金やロイヤリティはありません。そのため、売上利益は自身のものとなります。それと比較すると、売上利益が少なくなることがデメリットだと言えます。

ブランドイメージが左右する

フランチャイズの大きなメリットはブランド力ですが、ブランド力がデメリットになることもあります。人気があるフランチャイズ店であれば、ブランドイメージによって集客がしやすくなり売上にもメリットとなりますが、悪いイメージがついた場合はデメリットとなるわけです。

たとえば、何か事件があった場合など、自分のお店で起きたことではないのに、ブランド全体のイメージとなってしまうため悪影響が出てしまいます。よくも悪くもブランドイメージに左右されるため、マイナスなことがあったときにデメリットとなってしまうリスクがあります。

自由度が少ない

フランチャイズの場合、お店のルールやイメージなどを統一することが特徴です。そのため、自分たちで自由に運営することができません。

たとえば、自分のお店だけ特別なメニューを提供することはできないことになります。どんなにそのアイディアが優れていても、フランチャイズの場合はそのお店だけで判断することはできません。

これは、メリットである本部からのサポートがあることを捉えて、自由さというのは少ないということを理解しておく必要があります。

フランチャイズ飲食店のスタイル

フランチャイズの飲食店と言っても、さまざまなスタイルがあります。多くの人が浮かべる有名チェーン店もその一つですが、最近のフランチャイズは多様化していることも特徴です。

フランチャイズ飲食店のスタイルについて、みていきましょう。

認知度が高いチェーン店

フランチャイズの飲食店と聞いて、多くの人が浮かべるのはチェーン店です。誰もが知っているような有名チェーン店は、初めて開業する人におすすめと言えます。チェーン店の場合は、ノウハウやマニュアルなどをパッケージで提供してもらえることがメリットです。これは、未経験の人にとって非常に心強い点となります。

フランチャイズチェーン店の場合は、契約内容がそれぞれ異なるのでしっかり確認して選ぶことが大事です。ネックとなりやすい加盟金やロイヤリティも、あるところとないところがあるので、チェックしてみましょう。

一番重要なのは、本部がきちんと対応してくれるかという点なので、フランチャイズ選びのポイントとして考えておくべきです。

お店に併設する多角経営

最近増えている併設スタイルは、既にあるお店に併設した形でフランチャイズの飲食店を始めるケースです。
たとえば、本屋さんの空きスペースを利用してカフェをやったり、八百屋さんのスペースで唐揚げ屋さんをやったりするようなことです。

今あるお店のスペースを活かして多角経営をすることは、売上げアップにつながりリスクも少なく済みます。現在のお店を営業しながら、別の形態を参入させることで集客を増やすことにつながります。

自由にできるフリーネーム

フリーネームフランチャイズとは、フランチャイズでありながらお店の名前を自由に変えられるスタイルのお店です。お店の名前だけでは、フランチャイズだと気づかれないという特徴があります。

フランチャイズで飲食店を始めたいけど、自由にやりたいという人におすすめです。ただし、フリーネームの場合は本部から商材や味などの提供はありますが、経営に対するサポートがない場合もあります。

加盟金や保証金などが高額の場合もあるので、契約内容についてしっかりと確認をしておくことが重要となります。

フランチャイズ選びのポイント

フランチャイズの飲食店と言っても、さまざまなタイプの飲食店があります。有名なファストフードや牛丼のチェーン店のような統一感あるお店もあれば、最近では店名を変えてできるフランチャイズのお店などもあるのです。

数多くあるフランチャイズのお店の中から、お店を選ぶためのポイントについてみていきましょう。

何を重視するのか決める

多くのフランチャイズのお店から、自分に最適なお店を選ぶためには、自分が何を重視するのかを決めることが重要です。フランチャイズを利用する目的が、何であるのかをはっきりさせることでおのずとセレクトすることができます。

フランチャイズに求めるものが、サポートなのか収益なのか、ノウハウを学ぶことなのかなど答えを出しておくとよいでしょう。もちろん、自身が好きな業種を選ぶことも大事ですが、収益目標はどれくらいなのかも踏まえて考えるべきです。

ポータルサイトで検索比較する

目的や重視するものがはっきりしたら、フランチャイズの情報収集をしましょう。インターネットで検索できる、フランチャイズのポータルサイトで比較検討することが可能です。飲食店の情報は、フランチャイズビズが掲載数の多さでおすすめです。

さまざまなジャンルのフランチャイズ店が掲載されているので、知らなかったお店などを知ることもできます。多くの情報を仕入れることができるので、初めて開業をする人にとって便利なサイトです。

投資回収可能かどうか

フランチャイズの飲食店を始めるからには、投資回収可能なことは大事な条件です。そのため、儲かるフランチャイズを見極める必要があります。出店コストの提示内容をしっかり確認することが大事です。

物件取得費用や運転資金などが含まれているかどうか、安いと思っていたら含まれていなかったというケースもあります。利益率が高く望めることが大事なので、投資額の条件と、集客力があるのかリピーターが多いのか本部にしっかり確認することが重要です。

フランチャイズ飲食店開業で失敗しないためには

フランチャイズで飲食店を開業する場合、失敗しないためのポイントはどんなことがあるのでしょうか。フランチャイズに加盟すれば、メリットはいろいろありますが注意点もあります。

フランチャイズで飲食店を開業する場合に、失敗しないための注意ポイントについてみていきましょう。

本部のサポート体制をチェック

お店のブランド力や商品力も重要ですが、本部のサポート体制がどうなのかチェックする必要があります。丁寧で手厚いサポートがあれば、初めての人でも安心して始めることができます。勉強会や研修などがあると、しっかりとノウハウを学べます。

そして、本部からの担当者がお店に来てくれる頻度がどの程度なのかも重要です。フランチャイズの会社が、オーナーに対してどんなサポートをしてくれるのか、しっかりと内容を具体的に確認しましょう。

契約期間や条件を確認する

フランチャイズの会社と一度契約してしまったら、後戻りはできません。必ず契約期間などの条件を、確認することを忘れないようにしましょう。契約期間や万が一解約しなければいけなくなった場合の条件を、知らずに始めてしまうのは危険です。

いざ始めてから、経営がうまくいかず解約しようとしたら想像以上の解約金だったということになりかねません。解約の場合、加盟金の戻りや保証金があるのかなどは重要なポイントとなります。トラブルにならないためにも、必ず確認しましょう。

自己資金の準備

自身で飲食店を開業する場合、加盟金がない代わり設備費用や物件所得費用など諸費用がかかります。フランチャイズで飲食店を開業する場合は、加盟金や保証金などが必要ですが、会社によって異なるため提示された加盟金に何が含まれるかは重要です。

フランチャイズの会社によっては、加盟金を最初に払うケースもあれば分割可能な場合もあります。中には加盟金が必要ないところもあり、初期費用がほとんどかからないケースもありますが、開業した後のことも考えて余裕のある資金を用意しておくことは重要です。

自分に合ったフランチャイズの飲食店を開業しよう

フランチャイズで飲食店を開業するためのポイントやコツについて、解説しました。多様化する飲食店業界は、フランチャイズの形態も同じく多様化しています。自分にとって最適なタイプのお店を選んで、収益率の高いお店を目指しましょう。
TOP