サラリーマンが副業で起業できる?プチ起業で儲けよう

サラリーマンが副業で起業できる?プチ起業で儲けよう

会社法や時代の変化に伴って、起業のハードルは下がっています。 資金に少なくても、アイディア次第で起業することができるようになりました。 しかし、会社に勤めるサラリーマンの場合はどうでしょう。 サラリーマンの副業として注目されるプチ起業を紹介します。
会社法や時代の変化に伴って、起業のハードルは下がっています。資金に少なくても、アイディア次第で起業することができるようになりました。

しかし、会社に勤めるサラリーマンの場合はどうでしょう。サラリーマンの副業として注目されるプチ起業を紹介します。

サラリーマンが起業ってできるの?

サラリーマンは会社に勤める立場です。どこかに勤め続けながら副業として事業を起こすことはできるのでしょうか。

そもそも起業って何?

起業とは自分で事業を立ち上げて運営する行為を言います。副業と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか。例えば会社の就業時間の後に飲食店などで仕事をする場合は、雇用されて収入を得ているため起業ではありません。

起業となるには個人事業主として開業する、もしくは法人として登記することになります。法人で起業する場合は、定款や登記といった手続きが必要で、費用もまとまった額がかかります。

個人事業主として起業する場合は、開業届を出すだけで費用は一切かかりません。早ければその日のうちに起業して個人事業主になることができるのです。

まずは個人事業主として起業しよう

法人を設立するとなると、時間も費用も掛かります。一方で個人事業主であれば届け出だけなので、副業としておこなうことも用意でしょう。

費用面でも開業届だけなので、事業によっては初期費用ゼロから起業することもできます。副業で始める場合は本業の収入があるとはいえ、最初にかかる費用が大きいとそれだけ失敗のリスクも高まってしまいます。

法人となるメリットは税制面です。法人税は税率がほぼ一律になるため、事業の規模によっては累進課税される個人事業主の所得税よりもお得になります。

サラリーマンが起業する場合、収益はまだ安定していないことが多いでしょう。まずは負担が少ない個人事業主として起業して、収益や事業規模に応じて法人化を目指すようにおすすめします。

サラリーマンの副業におすすめの起業とは

どこかに雇用される副業と違って、自分で起業するのであれば、仕事の内容は自由です。サラリーマンの起業にはどのようなものがあるのでしょうか。

YouTuberやブロガー

最も簡単な起業ともいえるのがYouTuberやブロガーです。両方とも広告収入がメインで、PVや再生数が伸びれば収益は天井知らずといえるでしょう。

両方とも自分の得意ジャンルを生かすことで、他の人と差別化することができるでしょう。しかし、どちらも収益化するまでに時間がかかります。コツコツと動画やブログを投稿し続けるため、根気が必要になるでしょう。

スキルを売る

趣味で得たノウハウやスキルもインターネットを介して販売することができます。例えばプログラマーやWEBデザイナーなどはネットで開業して仕事を受けることができるでしょう。

また講師やアドバイザーとして仕事をすることもできます。

ネットを使ったオンライン講座などもあり、ネイルや料理といった趣味系のものから、資格取得系のものまで幅広く仕事が可能です。スキルを販売するプラットフォームもあるので、自分に合った事業を探してみましょう。

販売系の仕事

以前は販売というと店舗を持つものがメインでした。しかし、インターネットの発達によって費用ゼロからでもネットショップを開設できる時代です。

仕入れから販売、発送に至るまでネットで完結することもできます。売る商品は人によって違いますが、手先が器用な人やデザインが得意な人であれば、オリジナルの作品を販売しても良いでしょう。

プチ起業は本業に影響しないようにスタートしよう

起業は収入が確定していないため、初めのうちは無収入で当たり前と考えておいた方が気楽です。副業としてスタートするメリットは、本業の収入があるから精神的に安定している点。

なかなかお金にならないと、どうしても焦りが出てしまいます。副業でストレスが溜まって本業に影響してしまっては意味がありません。まずは趣味の延長、経験を積むためと割り切ってスタートすることをおすすめします。
TOP