副業にシフトして独立するタイミングはいつ?

副業にシフトして独立するタイミングはいつ?

ある程度副業が軌道に乗ってきて収入も大きくなってきたら、本業を辞めて独立したいと思うようになるかもしれません。また、副業を始めたばかりの人は、独立を一つの目標として頑張るモチベーションを持っているケースも多いです。

副業から独立するメリットとデメリット

ある程度副業が軌道に乗ってきて収入も大きくなってきたら、本業を辞めて独立したいと思うようになるかもしれません。また、副業を始めたばかりの人は、独立を一つの目標として頑張るモチベーションを持っているケースも多いです。

どのタイミングで独立するかというのは、生活を安定させるためにも真剣に考えるべきことです。検討に当たっては、独立そのもののメリットとデメリットを知り、自分なりの基準を設けることが大事です。

独立・起業のメリット

メリットとしては、やはり会社などに縛られず自分のペースで仕事ができるという点でしょう。業務内容や働く時間や場所、付き合う相手、一緒に働く人などを自分で選べるようになりますので、その自由度はかなり高いです。また、自分の能力や経験をフル活用して試せるというのも独立のメリットです。

自分が果たしてどこまで評価されて、どのくらいの活躍ができるかを真の意味で知ることができるのです。さらに、家族との時間を取るために独立したいと考える人もいます。仕事の種類にもよりますが、在宅でできるものや子どもが学校に行っている時間だけを使って仕事をするなど、家族中心のライフスタイルを採りやすくなります。

独立・起業のデメリット

一方で、すべて自分の責任で仕事をするので、何かあった時のリスクが高いというデメリットがあります。また、仕事が減った時など、収入が不安定になってしまうリスクも考えられます。さらに、社会保険や年金などの福利厚生が会社から提供されませんので、保障が少なくなるという点も考えないといけません。

このように、独立にはデメリットもあるので、そのデメリットを上回るメリットを得られるかどうかというのも一つの判断基準とし、タイミングを考えることが大事なのです。

独立のタイミングを考えるポイントとは?

基本的には、上記のように独立することのメリットが、そのデメリットを上回った時がタイミングとなるでしょう。とはいえ、実際に今までサラリーマンとして送ってきた生き方を捨てて、自分の才覚だけで稼ぐ決定は簡単にできるものではありません。特に家族がいる場合はなおさらです。そこで、いくつかの独立しやすいタイミングというのを覚えておくと良いです。

独立しやすいタイミング

一つは、貯金が本業の年収程度の額まで貯まっているという状況になった時です。これは独立によって生まれるリスクと心配をなくすのに役立ちます。やはり副業だけで生きていくというのは簡単ではなく、思った通りの収入を得られないことも多いです。

また、事業を広げるための投資をする必要が生じる可能性もあります。そこで、一年間は暮らせるくらいの余裕を貯金という形で持つことで、こうしたリスクが現実のものとなってもやっていけることになります。また、安心材料となりますので、独立について家族を納得させることができるのも利点です。

経営感覚で判断もあり

お金の流れや税金についてしっかりと把握でき、経営感覚がしっかり身に着いてきたというのも独立を考えるタイミングとなります。やはり、良いアイディアを持っていて、お金を稼げるというだけでは独立は難しいと言えます。

いかにして収支のバランスを取ることができるかは、事業をやっていく上では欠かせません。そして、経営者にとっては税金というのは非常に重要なポイントです。税務を理解できていないのであれば、事業を始めても苦労しますし、ちょっとしたミスで事業を傾ける問題を抱えてしまうことになります。

人脈ができているか

もう一つの判断材料は、事業仲間や常連顧客、見込み顧客などの人脈ができているかという点です。どんな仕事であってもやはり人間関係というのは重要なのです。全く人とのつながりを持っていない状態で仕事をしても、長く続けるのは難しいです。

仕事を支えてくれる仲間や、安定してサービスを利用してくれる顧客を持っているかを自問してみましょう。常連顧客を確保することができていれば、安定した売り上げを続けることができます。また、見込み顧客を多数持つことで、これから発掘できる顧客の数を増やすことにつながりますし、継続的に売り上げを出していくために役立ちます。

事業をサポートしてくれる仲間

そして、事業をサポートしてくれる仲間も大切な存在です。アフィリエイトなど、完全に自分一人でもできる仕事もあるのは事実です。しかし、ほとんどの仕事においては人とのつながりが新たな仕事や顧客ルートを生むことになります。

また、業務そのものは一人でできるとしても、関連する作業は誰かの力を借りないといけないという機会が必ず出てきます。たとえば、税金の申告の際に税理士に依頼する、資金調達のため助成金を利用する際にコンサルタントに相談するといった感じです。

独立して事業をするなら?

独立して事業をするなら、会計や税務、労務、法律などに関する専門家とのつながりが必要となる場面は出てきますので、事前に頼れるビジネスパートナーを持っているといざという時に困りません。収入面だけでなく、こうした点も考えて独立のタイミングを検討しましょう。
TOP