宅でネットショップの副業を始めるのに必要な準備って?ネットショップ経営の方法やポイントを紹介

宅でネットショップの副業を始めるのに必要な準備って?ネットショップ経営の方法やポイントを紹介

まずはネットショップとはなに?というところですが、ネットショップとは実店舗を持たずにお店をオンライン上で経営することです。 商品を販売するという点では実店舗と目的は同じですが、それでも販売形態が違うことから、必要となるものやお客さんとのやり取りの方法、気を付ける点などたくさんの違いも。
まずはネットショップとはなに?というところですが、ネットショップとは実店舗を持たずにお店をオンライン上で経営することです。

商品を販売するという点では実店舗と目的は同じですが、それでも販売形態が違うことから、必要となるものやお客さんとのやり取りの方法、気を付ける点などたくさんの違いも。

今日はネットショップについて詳しく説明していきますね!副業でもフリーランスの方でもネットショップの運営をしたい方は必見だよ。

ネットショップの開業に必要なもの

実店舗の経営とネットショップの運営では、「お客様に商品を販売する」という共通点はありますが、必要となるものや、お客様との接し方など、実に多くの違いがあります。
ネットショップはオンラインでの商売ですから、もちろん何よりもインターネットに接続できる環境でないと無理ですね。

ということで、まずは安定したインターネットの接続が確保できるか、お近くのインターネットプロバイダーに確認してみてください。

もしインターネットが確保できたなら、次はネットショップを開業するのにレンタルサーバーを借りる必要があります。実店舗なら、開業するためのお店や土地などスペースがいりますよね。

そんな感じで、オンライン上で商品を販売するためのスペースを事業者と契約しないといけないんです。

お店のデザインも!

このように、ネット環境、販売スペースなどベースが整ったら、次は自分のネットショップをデザインする段階に入ります。

お客さんを引きつけるためにも、どんなデザインのサイトにするかは大切なステップですが、ワクワクする作業でもありますよね。自分でサイトのデザインが難しいなら、プロにお願いするのがおすすめです。

サイトのデザインが完成したら、あとはレンタルサーバー上にて商品を並べたり、必要な情報の登録、支払いシステムの導入といった作業がまだまだ残っています。

ちなみに、商品の注文、支払いなどの作業効率をあげるためには、ぜひ受注管理システムを導入してください。

さまざまな会社から受注管理システムサービスが提供されています。
【ココナラ】はオンラインで完結するため、外出することも相手に会うこともなくサービスの提供が受けられます。そのようなサービスの特性により、コロナ禍では多くの方に【ココナラ】をご活用いただきました。そしてこれからますます「オンラインでの相談」は注目され、人々の生活に必要不可欠のものになっていくと言われています。

ネットショップが副業におすすめのワケ

ネットショップが副業を考えている人におすすめの最大の理由は、低予算で開業できるということです。

もちろんネットショップとはいえ商売ができる環境を整えるには費用がかかってしまいますが、実店舗と比べるとずいぶん安くで済ませることができます。

たとえば、実店舗なら事務所や倉庫の家賃が必要になりますよね。都市部なら広さや場所によるものの、家賃だけで何十万もかかる可能性があります。また家賃だけでなく、商品を陳列するための棚なども用意しなければなりません。

それに対して、ネットショップなら自宅でも、自分の部屋ですら事務所になります。また商品を陳列するための立派な什器や棚を用意する必要がありません。

そう考えると、初期費用やその後の毎月のコストをかなり抑えながら、実店舗と同じような商品を販売できる環境といえます。

陳列スペースのことだけを考えると、実店舗のように適度に商品の間隔を開けて、見栄え良く並べる必要がないので、実店舗よりもさらに多くの商品を扱える可能性だってありますよね。

在宅で時間の融通も利く

また、別のメリットとしては、作業時間の融通が利くということがあげられます。実店舗なら、お店を開けている時間帯はずっとお店に拘束されてしまいますよね。

自分がお店を出るときにはお店を閉めるか、他の人を雇って店番をしてもらわないといけません。その点、ネットショップは一度お店を立ち上げれば、ある程度時間の融通が利きます。

たとえば、平日の昼間が忙しい人なら、夕方から夜中の在宅の時間帯や土日に作業することも可能。もちろん、お客さんの問い合わせや発送業務など素早い対応が求められることもありますが、電話受付の時間帯や発送までにかかる日数など、自分が対応できる時間帯をあらかじめサイト内で設定しておけば大丈夫です。

上手に予定を組んで計画的に事業を進めれば、副業としてネットショップを経営することは夢ではありません。

在宅でできる副業がしたい!ネットショップ経営の方法やポイントを紹介

在宅で副業をして収入を得ている方が増えてきた昨今、その方法の1つとしてネットショップを経営するというものがあります。

ここでは、ネットショップを経営してみたいと考えている方や興味を持っている方に、どのように始めればいいのかという方法やメリット・デメリットなどポイントとなる部分をご紹介していきます。

どこで出店するかを検討する

ネットショップを経営すると一口に言っても、大手ショッピングモールやショッピングカートサービス、一から自分で作ったサイト、フリマアプリなど様々な方法があるため、自分の売りたいものや状況に合わせて選ぶことが大切です。

それぞれに良し悪しがあり、大手ショッピングモールは集客力はあるけれど手数料や初期費用が高いデメリットがあります。自分でサイトを作れば制約はないけれど集客は0から集めなくてはいけません。

何を売るのかわかりやすい店名がいい

ネットショップを経営するとなったら、考えなくてはいけないのが店名(屋号)です。「お洒落な感じにしたいな」「英語にしてみようかな」など、夢が膨らむところかもしれませんが、大切なのは名前を見てわかりやすいかどうか。

どこの言葉かわからないお洒落な名前だけど、何屋さんだろう?となってしまってはお店自体を見てもらえないですしそもそも検索エンジンでも引っかかりにくいです。また、ありがちな名前を付けてしまうと同じ名前のショップがもう存在しているということも。

先に同じ名前がないか検索することと、何を売っているかわかりやすい店名を心がけて店の名前を付けましょう。

在宅副業のネットショップ経営のメリット

ここからは、ネットショップを副業として経営するメリットをご紹介していきます。詳しく見ていきましょう。

本業での収入があるので安心

お店を持ってみたいけれど、仕事をやめて本腰を入れるのは失敗したときに心配…という方は多いでしょう。その点で、本業を持ったままで副業としてネットショップを経営するのは収入面で安心が大きいです。

小さい規模からスタートできる

副業なので、本業の隙間でやる分小さい規模でスタートするため、練習がてらネットショップ経営できるのがメリット。いきなりたくさんの商品を動かすのは大変で辟易してしまう方も多いため、小規模からスタートするのは自分のためにもいいことです。

趣味の一環で収入が得られる

ネットショップを経営する上で、自分の好きなものを販売する方も多いため、趣味で作ったハンドメイド作品や好みのお洋服を売って収入が得られるのは楽しいポイント。作るのが楽しかったハンドメイド作品が、人に喜ばれてお金になるのは嬉しいですよね。

在宅副業のネットショップ経営のデメリット

それでは反対に、デメリットは何があるのでしょうか?ひとつひとつ確認してみてくださいね。

本業への影響が出てしまう

あくまでもネットショップは副業と考えると、本業を優先していつまでもショップは小規模経営になりがちなのでデメリットです。平日に時間が取れないと休日に副業の作業が必要になりますが、遊びの予定が入れらなくてストレスになることも。

モチベーションを保ちにくい

副業がうまくいかなくても本業があるから、という気持ちで始めると、副業に対してのモチベーションを保つのが難しいのがデメリットです。初めからうまくいくことは少ないですが、軌道になるまで継続するのに疲れてしまう方も多いようですよ。

なかなか売上が立たない

ネットショップを立ち上げるには、まずは在庫を抱える必要があるので赤字スタートするのが当然ですが、売上がなかなか立たず諦めてしまう人が多いのが欠点。

けれど裏を返せば、本業がある人はしばらく売上が立たなくても持ち堪えるだけの収入があるので、本業でネットショップをやるよりはリスクが少ないでしょう。

ネットショップが向いている人

では、最後に副業でネットショップの経営が向いている人とはどんな人でしょうか。

まずは、チャレンジ精神のある人がネットショップにおすすめです。自分で開業するとなると、自信がなかったり、知識がない状態の方がほとんどだと思います。

そんな中でショップを経営して成功させるには、新しいことに積極的に取り組もうという気持ちの持ち主、また一からノウハウを学びながら、自分を成長させようという気構えのある人でないと厳しいといえます。

ネットショップが成功すれば、オンラインの世界なので販売先は全国、あるいは全世界に拡張していくことも可能ですよね。

コツをつかんで、流行に乗ったショップ経営ができるなら、収入のアップやネットショップ一本で生活できる可能性も視野に入ってきます。

また、もし仮にショップが成功せずにお店を閉めざるを得ない状況になったとしても、実店舗と比べて損失は限られています。

そのあたりを割り切って考えられる人であれば、ネットショップの経営にぜひチャレンジしてみることをおすすめします!
「STORES」は誰でも簡単にネットショップ(EC)作成できるサービスで毎月10,000店舗がオープン。専門的な知識は不要で、豊富なテンプレートをカスタムし自分だけのショップが作れます。管理画面もとてもシンプルで使いやすいのが特徴です。
TOP