在宅での副業で人気の職種「ライター」の求人には実際どんな案件があるの?

在宅での副業で人気の職種「ライター」の求人には実際どんな案件があるの?

副業への関心が高まる昨今、在宅でできる副業として非常に需要も高く、注目を集めている職種の1つがライターです。 興味はあるけれど、どんな内容なの?という方のために、実際の求人をもとにどのような内容の求人案件があるのかについて説明していきたいと思います。

在宅での副業で人気の職種「ライター」の求人には実際どんな案件があるの?

副業への関心が高まる昨今、在宅でできる副業として非常に需要も高く、注目を集めている職種の1つがライターです。

興味はあるけれど、どんな内容なの?という方のために、実際の求人をもとにどのような内容の求人案件があるのかについて説明していきたいと思います。

誰にでも始められるライティング

Webライターとは、Webサイト上の文章を書く人を指します。雑誌や新聞などの紙媒体ではなくWebサイト上の文章を書くため、Webライターには検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められます。
スマホやパソコンが普及し、SNSなどの発信の場が増えて文章を書くことに対してハードルが下がった昨今。特別な技術や知識がなくても始められる在宅でのライターのお仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

商品の紹介記事作成

インターネット上で販売されている様々な商品に関してユーザー目線で解説をしながら紹介していく記事作成の案件は、求人サイトなどでは常に募集されています。

その記事を読んでいる人に商品に対して興味を持ってもらえるような文章を書く必要があります。自分ではよく知らない商品に関してでも、丁寧にリサーチすることで信頼度の高い記事を作成することができます。

求人広告のコピーライター

渡された資料をもとに、企業の紹介をし、効果的な求人広告の記事作成をする案件です。ディレクターと電話やskypeなどで何度か打ち合わせなどのやりとりをしつつ、クライアントのニーズに応えた広告を作成していくお仕事で、場合によっては写真や動画の加工などの作業が加わることもあります。

地域の情報誌のライター

自分の住んでいる地元で求人があった場合にはおすすめの案件です。完全在宅とはいかないまでも、自分の空いた時間に取材、記事作成を行うことができる案件の募集があります。

出かけるのが好き、写真撮影が好きという方におすすめのお仕事です。完全在宅で作成できる記事に比べ、単価が高いのも魅力です。

専門性の求められるライティング

自分の好きなこと、得意分野、知識や経験を生かしてライティングに活かすことのできる案件は比較的単価が高く、やりがいのあるお仕事と言えるでしょう。

勉強や調査が必要であったり、作り上げるまでの時間がかかったりと、簡単なお仕事とは言えないかもしれませんが、その分記事を書き上げた後の充実度には満足がいくのではないでしょうか。

翻訳ライター

翻訳ライターの求人案件は人気のお仕事です。外国語のスキルはかならずしも高レベル必須ではないこともありますが、ある程度の語学力があった方が実際の採用にはつながりやすいでしょう。

人気の高いジャンルの案件であるだけに、語学力だけではなく、翻訳する作品やジャンルへの興味や知識もある程度必要になってきます。

シナリオライター

最近増えているのがyoutube動画のシナリオライターです。マンガ動画や、人が演じるお笑いやホラーものなど様々なジャンルにわたるシナリオライターが求められています。作成までに打ち合わせをしたり、完成までにはクライアントと何度かのすり合わせが必要になってくることが多いようです。

こちらも人気の高いジャンルなので、かなりのセンスとやる気が求めらる案件かもしれません。

医療系ライター

薬事法が2014年に「薬機法」へと変わり、医薬品や医療機器の安全対策を強化するために、医薬品や医薬部外品、医療機器などに対する広告の記述に対する規制がより厳しくなりました。

そのため、医療、薬機法に対する知識のあるライターが求められる機会が増えてきています。自分の専門知識が役立つチャンスと考え、医療関係の知識がある方は副業として始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ:これからもどんどん需要の高まる在宅ライター。まずは副業で挑戦してみよう

以上、在宅の副業でできるライターの求人案件についていくつかご紹介しました。書くことが好きでいつか仕事にしてみたい、と思ったことのある方はぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか。もしかしたらそのまま本職へ、という道もあるかもしれません。
TOP