サラリーマンの副業にせどりがいい理由とは?始め方やデメリットを解説

サラリーマンの副業にせどりがいい理由とは?始め方やデメリットを解説

サラリーマンの方が何か副業をしたくても、種類が多く迷っていることでしょう。 できれば本業に支障が少なく、稼げる副業を選びたいはずです。 どんな副業にするか迷っているなら、せどりがおすすめです。 せどり副業は、サラリーマンと相性が良く手間が少なく稼げる可能性があります。 これから副業にチャレンジしたい方は、せどりの始め方やデメリットを確認しておきましょう。
サラリーマンの方が何か副業をしたくても、種類が多く迷っていることでしょう。できれば本業に支障が少なく、稼げる副業を選びたいはずです。

どんな副業にするか迷っているなら、せどりがおすすめです。せどり副業は、サラリーマンと相性が良く手間が少なく稼げる可能性があります。

これから副業にチャレンジしたい方は、せどりの始め方やデメリットを確認しておきましょう。

サラリーマンにせどりがいい理由

せどり副業は、サラリーマンでも始められるメリットがあります。リスクが少なく、小規模ビジネスとして始められる方法です。

パソコン1つで始められる

せどりは、パソコン1つあれば成り立つ商売です。やり方によっては、ネットで仕入れてネットで転売するだけで稼げます。

ネット上で仕入れるサービスも多数用意されており、始めるリスクを減らせます。お店に立ち寄ることもなく、海外から輸入する必要もありません。

事業が大きくなれば個人輸入がいいかもしれません。しかし初心者はネットサービスを活用して、パソコン1台で稼ぐのがおすすめです。

初期費用が少ない

転売ビジネスには、無在庫転売のサービスがあります。無在庫転売とは、仕入れ後に商品が販売されて始めて決済されるサービスです。

仕入れる側は一切お金を使うことがありません。お金の流れは、購入者と販売者で直接行われています。

無在庫転売のサービスを活用すれば、初期費用0円でも始められます。

プラットフォームが用意されている

ネット通販を始めるとなると、商品の仕入れから集客まであります。ショップを整えるだけでも、大きな費用と時間がかかってしまうでしょう。

一方で、せどりは既にあるサービスを活用する方法です。フリマアプリや大手通販サイトを活用するため、既にプラットフォームはできています。やることは仕入れと出品だけで、既存サービスの集客力が活用できます。

せどり副業の始め方

実はせどり、地方に住む人などにとってはありがたいですよね。
サラリーマンの方がせどり副業をやるなら、始め方を確認しておきましょう。まったく知識がない状態だと、失敗するリスクがあります。

売れるものをリサーチ

せどりの定番といえるのが、ゲーム・本・CD・DVDです。どれも商品単価が低く、リスクが少なく始められます。

家電製品など高額な転売方法もありますが、初心者にはリスクが高くおすすめできません。まずは低額で売れやすいものから始めてみましょう。

ネット仕入れと店舗仕入れを決める

せどりの仕入れ先は、ネット仕入れと店舗仕入れがあります。ネット仕入れだと感覚がつかみにくい方は、店舗仕入れから始めてみましょう。

店舗から仕入れる方法は、ディスカウントショップ、リサイクルショップ、家電量販店などがあります。有名な店舗であれば、商品の種類が豊富で、価格も安く提供されています。リサイクルショップで仕入れた商品を転売して、数万円の利益になる場合も少なくありません。

せどりのデメリット

せどりはリスクが少ない商売ですが、デメリットもあります。自分に向いているのか、最初に確認しておきましょう。

行動し続ける必要がある

せどりは、仕入れて転売し続けなければ、利益が得られません。体調が悪く休んでしまえば、その間の利益は得られなくなってしまいます。

リスクを減らしたいなら、自分が行動できないケースを考慮しておきましょう。梱包と発送だけを別の人に任せると、時間的リスクを削減できます。または発送会社と提携して、梱包や発送を受注する考え方もあります。

利益率が低い

自分で商品を仕入れて販売する方法と比べて、せどりは利益率が低めです。せどりの利益率は、10%以下の場合が少なくありません。

とくに無在庫転売の方法は利益率が低いため、数を多くこなす必要があります。利益率を高めるなら、多少手間があってもコツコツとお店を回りましょう。

サラリーマンの副業はせどりがおすすめ

せどりは、隙間時間を使って稼ぐ方法です。営業で外回りをしているサラリーマンなら、副業しやすいのではないでしょうか。または休日に利用する方法も可能で、せどりは手軽なのがメリットです。
TOP