初心者でもパソコンを使ってできる副業5選

初心者でもパソコンを使ってできる副業5選

少しでも今より収入を増やすため。または会社の残業が減って時間にゆとりができた人も多く、副業を検討するのも多いのではないでしょうか?これから副業を始めるという人は、パソコンを使った在宅ワークがおすすめです。在宅でできるので、面接もオンラインでできたり、通勤時間がかからない、時間の制約がないというメリットがあります。具体的にパソコンを使った副業にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的な副業とそのメリットデメリットについて解説しています。
少しでも今より収入を増やすため。または会社の残業が減って時間にゆとりができた人も多く、副業を検討するのも多いのではないでしょうか?これから副業を始めるという人は、パソコンを使った在宅ワークがおすすめです。在宅でできるので、面接もオンラインでできたり、通勤時間がかからない、時間の制約がないというメリットがあります。具体的にパソコンを使った副業にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的な副業とそのメリットデメリットについて解説しています。

自粛の影響で副業への関心が高まっている

副業への関心がますます高まりつつあります。その背景としては、働き方改革により残業が少なくなり、時間に余裕ができた会社員が増えたこと。逆に、残業がなくなることで残業代の収入がなくなり、住宅ローンが払えずに不安を抱えており、副収入を必要とする世帯もあるようです。そのような中、収入アップのため、または余った時間で仕事以外の知識を身に着けたいという観点から副業に注目している人が増えているのです。

パソコンを使った副業は自由度が高い

副業の中でも新型コロナウィルスの影響で外出自粛が広まる中でもできる仕事として、パソコンを使った在宅ワークの副業は特に注目を集めています。パソコンを使った在宅ワークのメリットは通勤時間がない、応募が簡単で面接が簡単。初期投資がかからない。時間の制約が少ないという点があげられます。

通勤時間がない

パソコンを使った在宅ワークは職場まで通勤をする時間がありません。外出する準備時間も含めても含めて毎日削減できれば年間で考えれば大きな時間削減になるでしょう。

初期投資がかからない

後に紹介するパソコンを使った在宅ワークは、初期投資がかかりません。初めにあたって登録料や一時金は必要のないものばかりです。ただ、収入の中からシステム利用料が天引きされるものもありますので注意が必要です。また、パソコンやWi-Fiなどの通信機器はすでに所有しているトいう前提です。

面接が手軽にできる

副業であっても実際にアルバイトやパートで働く場合は履歴書持参で、責任者と面接をする必要があります。しかし、パソコンを使った副業であれば面接も外出することなく、ZoomやSkypeといったアプリを使って面談をすることが可能です。

内容によっては、メールや指定の応募フォームに必要事項を入力して返送するだけで合否の判定を待つのみ。場合によってはこれまでの実績などを文章化したファイル添付を求められますが1度作ればさほど大きな負担は発生しません。

時間の制約がない

在宅の仕事は業務が与えられて、締め切りまでに納品すれば問題なく、例えば1日9:00~14:00まで月、水、金曜日は働くというような定時で働くという制約がないケースがほとんどです。

急に子供が熱を出して看病をしなければいけない。緊急で外出をしなければいけない場合なども、用が済んだあとに業務を進めて完了に近づければ問題はありません。経験値ができて今まで同じ仕事で5時間かかっていたものが3時間で済めば、さらに他の仕事もできますし、自由な時間を確保することもできます。連休を取りたい場合も、この期間はお休みを取りたいので自分で仕事を受けなければ時間を簡単に作り出すことができます。

このようにパソコンを使った在宅ワークは時間の融通が利きやすいというメリットがあります。

在宅ワークはどこで見つける

パソコンを使った在宅ワークは専用サイトで見つけることができます。有名なところではクラウドワークス、ランサーズというサイトがあり、後に紹介するデータ入力、ライティング業務のワードで検索をすると募集している案件が大量に検索できます。

パソコンでできる在宅ワークおすすめ5選

では具体的にパソコンでできる在宅ワークにはどのようなものがあるのでしょうか?おすすめの在宅ワークを紹介します。

データ入力

クライアントから渡されたデータをひたすら入力する作業です。具体的には、画像にある商品の商品名や商品番号、値段、規格(グラムや個数や大きさなど)を指定のフォームに入力するという業務です。パソコンの知見が少しあれば誰でも出来て、募集している案件も豊富ですが、その他の新しい在宅ワークに応募した時に過去の業務履歴にデータ入力と記入してもあまりアピールポイントになりません。また、単純作業なので時給換算するとかなりの低単価であり、在宅ワークで収入を重視したいという人にはデータ入力は向いていません。

ネットショップへの出品

メルカリなどのサイトで自分の商品を出品し、販売をして利益を得る方法です。身の回りにある不要になった洋服や、ハンドメイドで作っているアクセサリーなども出品をすることができます。商品がある限りは販売をして収益を得ることが可能ですが、出店の際商品をよく見せるように撮影技術が必要だったり、商品を相手に発送する際の梱包などが想像以上に手間に感じて継続できないという事例もよくあります。出店から、商品の発送、入金までの流れをまずは安い商品などで試してみて、継続できそうであればネットショップの出品も有効な在宅ワークの1つといえるでしょう。

ウェブライティング

企業の運営しているブログや、個人のブログの執筆代行を行う仕事です。1文字あたり1円、2円というように単価設定されていることが多く、大手のサイトや金融、ITといった専門性の高い文章の記述は1文字10円~20円になります。3000文字の文章を書けばそれだけで30,000円~60,000円の収入になります。

ただし、文字単価の高い案件を得るためには自分に専門知識があることや、読者の行動を駆り立てるような文章力が必要になるでしょう。

最初は、データ入力と同様文字単価0.1円や0.2円という単価の低い案件を積み重ねて実績と経験を積んでいく必要があります。ライティングに関しては、徐々に文字単価の高い案件を応募して合格率が上がっていくので将来性があります。

執筆した記事にプロフィールや自分のブログURLを掲載させてくれるケースがあり、そこからお声がかかることや、企業専属のライターに採用される可能性もあります。

ブログ

自分のブログを書いて収入を得る方法です。ブログを書いて何の収入になるのかピンとこ人も多いかもしれません。自分の書いたブログに、広告を張り付けてその広告をみて読者が商品を購入してくれたら収入が入るアフィリエイト広告という手法が一般的です。

また、ブログに広告枠だけを用意して、後は読者の好みに合わせた広告が自動表示されクリックされるだけで収入が入るアドセンス広告という方法もあります。

収入を得るためには、まず自分のブログが読まれるようになるために、執筆の技術が必要な点や、100~200記事程度のまとまった記事数を書かないとサイトに表示さえしてもらえないため、立ち上げ3カ月から半年は無収入を覚悟するくらい根気が必要です。

しかし、うまくいけば半永久的に収入が継続します。気の遠い話に聞こえますが、毎月5万円~10万円の収入を目指す程度なら、さほど難しくはありません。

いきなりブログで魅力的な記事を書くのは難しいので、前述のライティングの仕事を引き受けて、担当者から記事の書き直しや、このように書いてほしいという指示を受けることが多々あります。書き直しや修正はつらいことですが、そこで培ったノウハウをつかって自分のブログを開始すれば文章力はすでに備わった状態でスタートできます。
書くネタがないと思う方がいれば、例えばライティングを始めて月の収益を出せるようになった経験談を書くだけでも、その情報を必要としている人はたくさんいます。

動画編集

Youtubeやイベントで使用する動画を作成する仕事です。写真や動画が複数送られてきて、文字などを挿入して魅力的な1つの動画に仕上げるという業務が一般的です。とても技術がいる仕事というイメージですが、動画ソフトも非常にわかりやすく作業が簡単です。

動画ソフトも無料で使えるものもあるため、いくつか業務を受注してみて無料ソフトで作業をして感触を確かめてみましょう。

動画編集はさすがに完全素人の状態では少し勉強が必要です。また、フリーソフトよりもやはり有料の方が機能は優れています。ある程度自分でフリーソフトで動画編集の練習をして、それなりの作品ができるようになったら有料ソフトを購入して営業をかけていくとよいでしょう。

まとめ

働き方改革や、新型コロナウィルスをきっかけに、パソコンを使った副業の在宅ワークへの注目が高まっています。パソコンを使った副業の在宅ワークは自宅でできるため通勤時間もかからず、面接もアプリを通じたオンラインで可能。また、場合によっては書類審査のみで合否が決まることや労働時間に制約もないことから、お子様から目が離せない人や、あまり対面で人と接することが苦手な人、とにかく通勤時間などの無駄を省いてバリバリ収入を上げていきたい人に向いています。

それぞれメリットデメリットがあるので、理解したうえで自分にあった副業を見つけて経済的にゆとりをもった生活を手に入れましょう。

最後に、副業でも一定額の収入があれば確定申告が必要なことや、副業が忙しくなりすぎて、周囲の大切な親族や友人との関係に支障がでないように注意が必要です。

執筆者:ファイナンシャルプランナー金子賢司

東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。 以降FPとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。 趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。<保有資格>CFP、生命保険協会認定FP、損保プランナー

公式HP:https://fp-kane.com
TOP