クラウドワークスの仕組みを徹底解説!稼ぐために知っておくべきこと

クラウドワークスの仕組みを徹底解説!稼ぐために知っておくべきこと

空いた時間で副業を始める人が増えています。パソコンがあれば稼働できるため、仕事の受発注はクラウドソーシングサービスが主流。その草分け的存在であるクラウドワークスを徹底解説します。 これからクラウドワークスに登録しようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。
空いた時間で副業を始める人が増えています。パソコンがあれば稼働できるため、仕事の受発注はクラウドソーシングサービスが主流。その草分け的存在であるクラウドワークスを徹底解説します。

これからクラウドワークスに登録しようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

クラウドワークス:クラウドソーシングとは?

クラウドワークスとはクラウドソーシングサービスを提供するサイトです。仕組みを理解するなら、まずはそもそもクラウドソーシングサービスとは何かを熟知しておきましょう。

また、どんな人たちのためにクラウドソーシングサービスがあるのかを解説しますので、ご自身が当てはまるのかもチェックしてみてください。

クラウドソーシングって何?

クラウドソーシングとは「クラウド」と「ソーシング」の掛け合わせです。クラウドは群衆を意味し、ソーシングとは資源利用を意味します。クラウドソーシングとは「インターネットを通じて世界中にいる群衆=人々がつながり、お互いの資源(仕事/スキル)を共有しよう」と意味づけることができます。

ですので、仕事の基本はインターネット上でのやりとりとなり、世界中の人々と仕事の受発注が可能になるのです。逆に言えば、インターネットが必ず必要となり、絶対ではありませんがパソコンはあった方が仕事の受注はしやすくなります。

クラウドソーシングの仕組み

仕事の受発注は、インターネット上での交流の場を提供する「クラウドソーシングサイト」と、そのサイトに登録したユーザーでやり取りがされます。

クライアントがクラウドソーシングサイトに求人募集をします。内容はさまざまで、クラウドソーシングサービスによっても特化される業種は異なるのが特徴です。

ユーザーとクライアントはサイト上で連絡を取り合いながら、契約に進みます。問題なく仕事が進み納品が終わると、報酬が支払われ契約も終了です。

クラウドソーシングはどんなときに役立つ?

クラウドソーシングで仕事を発注するメリットは、少しの手伝いを案件として発注できることです。たとえば、溜まってしまったデータ入力だけを案件として発注できるので、人件費の削減になります。

仕事を受注する人のクラウドソーシングサービスのメリットは、こういった「ちょっとした案件」が多いことです。サイトにアクセスし、自分に合った案件をこなすことで、スキマ時間に稼ぐことが可能となります。

クラウドワークスとは?

クラウドワークスはクラウドソーシングサービスの草分け的存在でしょう。自宅での副業にクラウドワークスで仕事を探す人は増えています。

ですが、いまいちクラウドワークスの仕組みがわからない、という人も。そこで、クラウドワークスとはどういった仕組みなのか、お仕事の受け方からお給料の受け取りまでを解説します。

仕事を受注/発注できるサービス

クラウドワークスは、オンライン上で仕事を受発注できるサービスです。フリーランスや副業を探している人と、仕事を発注するクライアントがオンライン上で契約を交わして仕事の受発注が契約できます。

受発注共に仕事の幅が大きく、初心者からプロ向きの案件まであるのが特徴です。仕事の内容としてはwebデザインやネットショップの構築から、ライティングや一般事務、翻訳サービスに至るまで多岐に渡ります。

クラウドワークスのメリット/デメリット

クラウドワークスはクラウドソーシングサービスの代名詞と言っても過言ではない程の老舗です。そのため、なんといっても案件が豊富なところはメリットでしょう。他社のクラウドソーシングサービスと比較しても、受発注の実績はトップクラスです。

とは言え、案件が多い分良好ではない案件があるのも事実。報酬が高い案件は限られており、数をこなさなければ一定の給料にならないのはデメリットと言えます。

もちろん、受注者の実績が上がれば仕事の単価も上がりますので、コツコツと仕事をこなして実績を上げることは大切です。

クラウドワークスの口コミ

クラウドワークスの口コミは良いものと悪いものとに分かれます。良い口コミの多くは「案件が豊富なため仕事に困らない」というもの。初心者でもやりたい仕事に挑戦できる機会があります。

悪い口コミは「スキルや資格がないと稼げない」といった内容です。これはクラウドワークスに限らず、一般的な仕事においても言えることでしょう。

実際にクラウドワークスで私も受注をしていますが、ある程度の報酬を得るには実績は必ず必要です。どの仕事も誠意をもってクライアントとの信頼関係を築くことが長期案件を獲得できるコツでもあります。

クラウドワークスで仕事を始めるまで

では実際に、クラウドワークスで仕事を受注するまでのプロセスをみていきましょう。

新型コロナウイルスの影響で、副業を探している方も多いはず。少しでも収入を増やして不安を解消するために、ぜひ活用してみてください。

クラウドワークスで登録する

クラウドワークスで仕事を受注するなら、まずクラウドワークスに登録をします。会員登録をして、本登録まで進んでいきましょう。

本登録の画面ではユーザー名やパスワード、法人か個人かなどを登録していきます。このとき気を付けたいのは、「受注」「発注」の選択です。仕事を受けるのですから「主な利用方法」の欄は、仕事を「受注」するの方にチェックを入れてください。

また、氏名の入力もあります。後に本人確認の書類を提出するため、必ず正しく入力しておきましょう。非公開ですので安心してください。

プロフィールの入力

クラウドワークスで仕事を受注するのにプロフィールの入力はとても大切です。というのも、発注するクライアントは「クラウドワーカーを探す」の検索結果として、あなたのプロフィールの一部分が表示されるから。「ステータス・時間単価・稼働可能時間・自己PR欄」は充実させましょう。

あなたのプロフィールがクライアントに検索されたら、自己PRの最初の180文字がクライアントに読まれます。ということは、この180文字が勝負。

多くのユーザーが登録していますので、この180文字で相手を掴むPR文を書きましょう。

仕事を探す

仕事の受注はクライアントからのスカウト以外にもあります。と言うよりも、スカウトを待っているよりも積極的に仕事を取りに行ってください。仕事の量をこなして実績を上げた方が、クライアントからのスカウトも届きやすくなります。

クラウドワークスのヘッダー部分より「仕事を探す」を選択して、自分に合った仕事に申し込みます。当然ですが、仕事のカテゴリーを注意深く検討しましょう。自分の専門外は決して選ばないこと、また、無理な稼働時間ではないか、報酬額はちゃんと理にかなっているかなどをチェックするのがポイントです。

クラウドワークスの仕組み【タスク・コンペ・プロジェクト】

クラウドワークスの仕事には「タスク」「コンペ」「プロジェクト」という3種類があります。それぞれによって仕事形式に違いがありますので、あなたに合った形式を選択しましょう。

では、タスクとコンペとプロジェクトにはそれぞれどんな違いがあるのかを詳しく解説します。

タスクとは

タスクで募集をしている仕事は、仕事内容を公開した状態で、不特定多数のワーカーへの依頼が可能です。また、1回限りの仕事が多いのも特徴。

仕事は発注の際にクライアントが作成し、そのままクラウドワークスの作業フォーム画面上で完結します。契約を交わすこともないため、自分に合った内容があればその場で仕事をして報酬をもらうことが可能です。

仕事内容としてはアンケートが多く、また体験談を書くものもあります。いずれもタスクの仕事は単価が低いものが多いのは否めません。

コンペとは

コンペはそのままコンペティションのことで、自ら応募して仕事を勝ち取る方式です。仕事の内容は公開状態で不特定多数のワーカーを募集し、提案された作品の中からクライアントが気に入ったものを採用します。

クライアントからすれば、ワーカーから色々な提案が集まりやすく、また短期間でたくさんのアイデアを得られやすいのがメリットです。単価も高いものが多いのですが、あくまでも採用されればの話。

コンペで良い作品を作っても、採用されない可能性はもちろんあります。

プロジェクトとは

プロジェクトでは、クライアントが特定のワーカーへの依頼が可能です。契約を締結して、報酬や納品日を決定していきます。

アプリ開発やホームページの作成など、報酬も高いものが多く、いずれも専門的なプロの仕事となるのが特徴。ライティングでプロジェクト形式の依頼もありますが、専門知識を要する内容や、継続的な案件であるため初心者には不向きです。

もちろん、修正の依頼が来れば速やかな対応が求められます。フリーランスとしての活動が長い人向きの受注方法です。

クラウドワークス報酬の仕組み

高単価な仕事も、単価が低い仕事も多岐に渡って募集をしているクラウドワークス。気になるのはお給料がどう支払われるかですよね。

インターネット上のお仕事は「本当に報酬が振り込まれるのか」といった不安があることでしょう。クラウドワークスの報酬の仕組みをお伝えしますので、安心してお仕事を受けてくださいね。

安心の仮払い制度

お仕事を始めるにも、クライアントから仮払いが行われない限り着手ができないようになっています。この仮払い制度とは、ワーカーがクライアントと契約して仕事を始める前に、クライアントがクラウドワークスに対してワーカー分の報酬を支払うことです。

ですので、支払われることがなく納品になるということはありえません。この制度はとても安心できる制度だと、実際に受注している私も感じます。

ワーカーが成果物の納品を終えて、クライアントが検収を行うと、クラウドワークスからワーカーに報酬を支払われるようになっています。

振込日について

報酬の支払いは「15日締め月末振込」と「月末締め翌月15日振込」です。毎月2回のお給料日があるため、受注が多ければお小遣いが月に2度入ることになりますね。

金額は1000円以下は持ち越しとなります。1000円を超すと自動的に支払い対象となるのですが、手数料を引かれると雀の涙になることも。そんなときには「5万円以上出金方式」を選んでおけば、報酬が5万円を超すまで支払い対象になりません。

出金方式はいつでも変更ができますので、自分のライフスタイルと受注状況によって柔軟に変えていきましょう。

報酬の手数料について

クライアントと契約した仕事の金額をまるまる頂ける訳でもありません。案件を受けたときサイト利用料として差し引かれる「システム手数料」の存在です。

システム手数料は案件の報酬額に応じて異なります。たとえば、10万円以下の報酬であれば報酬額の20%ですので、1万円の仕事を受ければクラウドワークス側に2000円が引かれるということです。また、楽天銀行以外の金融機関への振り込みは一律500円が引かれますので、1万円の仕事だと実質手元には7500円が振り込まれる計算になります。

クラウドワークスの仕組みを理解して安全に稼ごう!

クラウドワークスはクラウドソーシングサイトの草分け的存在であるので受発注案件が非常に豊富です。安心の支払い方法もちゃんとした仕組みがあるため、報酬に関しては安心できるでしょう。初心者の方はいろいろ仕事を納めて、実績を伸ばすようにしてくださいね。
TOP