在宅でできる副業は?ブログで稼ぐための方法をご紹介

在宅でできる副業は?ブログで稼ぐための方法をご紹介

昨今、サラリーマンや主婦の間で在宅でできる副業が話題になっています。 その中の1つの方法として挙げられるのがブログ。 こちらでは、在宅副業のブログで稼ぐための方法をご紹介します。家で手軽にできるブログ副業、気になる方はチェックしてみてくださいね。

在宅でできる副業は?ブログで稼ぐための方法をご紹介

昨今、サラリーマンや主婦の間で在宅でできる副業が話題になっています。その中の1つの方法として挙げられるのがブログ。

こちらでは、在宅副業のブログで稼ぐための方法をご紹介します。家で手軽にできるブログ副業、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ブログ副業で稼げる仕組みは?

それでは早速、ブログ副業について解説していきます。まずは、なぜブログで収入を得られるのか、その仕組みをチェックしていきましょう。

収入の多くは「広告収入」

これまでの広告は、TVやラジオ、新聞など多くの人が目にするものに入れられているものでしたよね?
そんな中、インターネットが普及し、今や一般人のブログでも立派なメディアだと考えられるようになりました。

広告収入のメリットは?

ネット広告は、広告を見ている人の年齢や性別、また興味のあるものをサーチして、ターゲットを絞ったものを表示することができるのもメリットです。例えば、副業で車に特化したブログを書いているとして、そこに車関連の広告を出したら、車が好きで見にきてくれた人にとって有益な広告になりますよね。

そのように、TV広告のような幅広い人が見るメディアと違い、ピンポイントにターゲットを狙えるのが人気の秘密なのです。

自分の商品を売る方法も

在宅副業として、ブログで稼ぐ方法の多くは広告収入ですが、自分でハンドメイド作品を作っている方などはブログを作成してそちらで販売することも可能です。

商品を販売しながら広告も出すダブル収入が得られるのもいいですね。まず、オークションサイトなどを利用して販売する方が多いと思いますが、売れるようになってきたら自分のブログを開設するのも手です。
『ブログで稼ぐ』=『ブログに掲載している広告の収入で稼ぐ』です。

ブログの広告収入の3つのパターン

via pixta.jp
さて、それでは在宅副業としてのブログで大半の収入源となる広告収入ですが、その中にさらに3つのパターンがあります。「純広告」「クリック型広告」「アフィリエイト」の3つがあるため、それぞれの特徴を解説していきますね。

企業から依頼がくる「純広告」

この記事を読んでいる方は、副業ブログを始めたい方や始めたばかりの方が多いと思うで、純広告の情報はまだ必要ないかもしれません。純広告は、とても人気の高い有名なブログに対し、企業が「うちの広告を掲載してください」と依頼をし、掲載料をいただけるという形式の収入となります。

まずは、ブログを有名にするために毎日記事をアップしたり長く継続していくことが大切なので、いつか純広告の依頼が頂けるようなブログを作るというのを目標にするのもいいですね。

クリックされたら報酬になる「クリック型広告」

ブログに広告のバナーなどを取り付け、それを見にきた人がクリックしてくれたら報酬となるのがクリック型広告です。広告内容は、その人が見た商品に準じたものが表示されるようになっていることが多く、それぞれに合わせた広告を表示できるのがポイント。

広告をクリックする割合は、訪問者の割合の1%ほどと言われていて、また1クリックで30円程度の報酬が相場となっています。どれだけ稼ぎたいかにもよりますが、当然たくさん稼ぐためにはたくさんの人にきてもらえるブログにする必要がありますね

商品が購入されたら報酬になる「アフィリエイト」

クリック型広告が、バナーをクリックした時に報酬が発生するのに対し、アフィリエイトは紹介した商品が購入されると報酬が発生するというものです。購入してもらう必要があるため、ブログで上手くその商品を紹介したり誘導する必要があります。

やはりクリックしてもらうよりも購入してもらう方がハードルが高いこともあり、報酬自体はアフィリエイトの方が高めです。アフィリエイトで稼ぐためには、ブログを好きになってもらったり信憑性の高い記事をたくさん書いているということが必要になってきます。

在宅副業でブログを運営してみよう!

こちらの記事では、在宅でできる副業のブログ運営での稼ぎ方を紹介しました。ブログを作って、広告収入で報酬をもらうのが主な稼ぎ方だということがわかりましたね。しっかりと稼げるようになるには、コンテンツを豊富にするためにコツコツと努力することが大切。

ぜひ興味のある方は、最初はなかなか閲覧数が増えなくても継続して続けて、人気ブログになれるように頑張ってみてくださいね。
TOP