家賃収入のある公務員が副業禁止規定に違反しないためにできることとは?

家賃収入のある公務員が副業禁止規定に違反しないためにできることとは?

公務員の方は副業が禁止であることは、多くの方が知っている情報です。 しかし、公務員の方であっても、きちんとルールを守れば、副業をすることができます。 老後資金2,000万円によって資産運用の重要性が再確認されている中、公務員の方もルールを守って資産運用にチャレンジされる方が増えて来ているのです。
公務員の方は副業が禁止であることは、多くの方が知っている情報です。しかし、公務員の方であっても、きちんとルールを守れば、副業をすることができます。

老後資金2,000万円によって資産運用の重要性が再確認されている中、公務員の方もルールを守って資産運用にチャレンジされる方が増えて来ているのです。
国家公務員法第一〇三条で、国家公務員は営利を目的とする企業や団体の役員等との兼業や自営業ができないと規定されている。

公務員が副業を禁止されている理由とは?

そもそも公務員の方が副業を禁止しているのには、どのような理由があるのでしょうか?

公務員の方が、仕事が終わった後に清掃業など人目のつかないアルバイトをしたり、副業で荒稼ぎをしたりして免職や停職処分、減給処分、戒告処分など重た目の処分をされたニュースなども見かけます。

なぜここまで副業を禁止しているのか気になってしまいました。

国家公務員法の規定

公務員の方が副業をすることができないのは、単に上司の嫌がらせや市役所内部の方針などではなく、しっかりと法律で決まっていました。

どの法律で副業を禁止されているのか調べたところ、国家公務員法の103条と104条にバッチリ記載されています。

それだけではなく、地方公務員法の38条にも記載されており、国が公務員の方に対して、本気で副業をさせないようにしていることがわかりました( ˶´⚰︎`˵ )
国家公務員法

公務員の方が副業をしてはいけない理由

公務員の方が副業をしてはいけない理由は、禁止の3原則に書かれていました。国公法第99条の信用失墜行為の禁止、国公法第100条の守秘義務、そして国公法第101条の職務専念の義務が禁止の3原則になります。

つまり、副業をすることによって、公務員として所属している職場や公務員のイメージを壊すリスクや、公務員の業務中に生じる機密などが、副業を通して他社に漏れるリスク、そして副業を頑張りすぎて、本業に支障が出てしまうリスクなどを避けるといった目的があるみたいです( -_-)

これは、公務員が副業を禁止されても仕方がないのかもって思いました(ノдヽ)

副業禁止規定に違反しないためには?

公務員の方が、不動産投資によって家賃収入を得ることは、原則的には禁止されているのですが、不動産投資をしている公務員の方が全くいないというわけではありません。

副業禁止規定に違反しない不動産投資の方法が存在しているからです。副業禁止規定に違反しないためには3つのルールを厳守することが重要なポイントになります。
TOP