サラリーマンの副業で人気急上昇中のウーバーイーツの仕組み

サラリーマンの副業で人気急上昇中のウーバーイーツの仕組み

専門店の味わいを家庭で楽しめるサービスとして、ウーバーイーツが人気です。このウーバーイーツの配達員という仕事を副業にするサラリーマンが増えています。配達員になるための条件や配達員になるメリット、さらにデメリットについてまとめました。ウーバーイーツの配達員で収入を増やす方法を知り、効率よく稼ぎましょう。
専門店の味わいを家庭で楽しめるサービスとして、ウーバーイーツが人気です。このウーバーイーツの配達員という仕事を副業にするサラリーマンが増えています。配達員になるための条件や配達員になるメリット、さらにデメリットについてまとめました。ウーバーイーツの配達員で収入を増やす方法を知り、効率よく稼ぎましょう。

ウーバーイーツ配達員はシフトなしノルマなしで働ける

テレビCMなどでも見かけることが増えてきたウーバーイーツは、飲食店から依頼先まで、食べ物を配達するサービスです。従来の出前とは異なり、飲食店の従業員が配達を担うのではなく、ウーバーイーツに登録された配達員が配達を担います。

ウーバーイーツの配達員には、シフトやノルマというものがありません。働きたい時だけ働ける仕組みです。自分が稼働したい時に注文を受け付け、仕事を終わりたいと思ったら受け付けをストップすればよいのです。そのため、サラリーマンが副業として行う仕事としてぴったりです。

配達員になるには配達に使う車両とスマホと配達用バッグが必要

ウーバーイーツの配達員になるには、配達に使う車両が必要です。

自転車

ウーバーイーツと言えば、自転車で配達をするイメージを持つ人は多いでしょう。自転車は機動力があり、自動車では行くことができない路地などもスイスイ移動できるため、配達員の中でも利用する人が多い車両です。

配達の足として自転車を利用することでダイエットにもつながり、運動不足気味のサラリーマンにとっては稼ぎながら運動ができる一石二鳥の働き方になります。そのためか、ママチャリやシティサイクルではなく、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツタイプの車両で配達をする人が多くいます。
▼車両として自転車を選んだ人は
・身分証明書(マイナンバーカードや運転免許証など顔写真付きのもの)
・プロフィール写真(顔全体が鮮明に見える帽子をかぶっていない写真)


の2点が必要です。

原付または125㏄以下のバイク

長距離の移動が可能で、小回りも利く原付や125㏄以下のバイクで配達を行う人も見られます。ダイエット効果は得られませんが、長距離の配達が可能なため、1回の配達で得られる収入が多い特徴を持っています。
▼原付または125㏄以下のバイクを選んだ人
・運転免許証
・自賠責保険の証明書
・自賠責シール付きのナンバープレートの写真
・プロフィール写真(顔全体が鮮明に見える帽子をかぶっていない写真)


の4点が必要です。

125㏄以上の中型バイクや軽自動車

実は、中型バイクや軽自動車も配達車両として登録が可能です。ただし、これらの車両を使う時には営業ナンバーでなければなりません。つまり、軽自動車なら黒ナンバー、中型バイクなら緑ナンバーです。このため、サラリーマンが副業としてウーバーイーツの配達員になる時に、この車両を使うことは現実的ではないでしょう。

配達は登録した車両のみ使用可能なので、自転車で登録した人がバイクで配達をしたり、バイクで登録した人が自転車で配達したりすることはできません。

配達に使う車両の他に、配達のオファーを受けるスマホも必須アイテムとなります。自転車やバイクに乗車中でも常にチェックできるように、ホルダーを準備しておくとよいでしょう。また、予備バッテリーも忘れずに用意しておきます。

最後に、配達員が背負っている四角い保冷・保温効果がある配達用バッグも必要です。このバッグは1個4000円しますが、ウーバーイーツの配達員を辞めるときにバックを返却すれば、4000円戻ってきます。登録を行うと自宅まで郵送してもらえるため、バッグが届けば準備OKです。

頑張った分収入を得ることが可能

ウーバーイーツでの収入は、お店で料理を受け取った時の手数料265円と配達を完了したときの手数料125円、そして配達にかかった距離1kmあたり60円という基本料金となります。この基本料金の10%は、ウーバー社が手数料として徴収します。

例えば、配達距離3㎞の場合には(265円+60円×3km+125円)×0.9=513円が1回の配達で得られる収入です。1時間で2回、同様の配達があれば1026円の稼ぎとなります。慣れてくれば1時間に3回~4回ほど配達が可能で、1539円~2052円程度の収入となります。

待ち時間や稼働していない時間は収入が得られないため、忙しく高収入が見込める時間と、効率が悪い時間が出てきます。

他の人が配達をしたくない日を選んで配達をすると効率よく稼げる

ウーバーイーツでは基本料金以外にも、「ブースト」や「エリアボーナス」「クエスト」といった、インセンティブ制度があります。例えば、繁忙期の時間帯は「ブースト」といって、通常の1.1~1.2倍の収入が得られます。雨の日や休日など他の人が配達をしたくない日に配達を行うと、配達回数に応じて追加で報酬が発生する「クエスト」があります。人手が足りない地域では「エリアボーナス」が多くもらえます。

このようなインセンティブを駆使して稼働することで、効率よく収入が得られるようになります。

20万円以上稼いだら確定申告を行う必要がある

会社から貰う給与とは異なり、ウーバーイーツの配達で得た収入は雑所得となるため、20万円以上稼げた時には確定申告を行う必要があります。さらに高額の収入を得た場合には、個人事業主として開業届と青色申告承認申請書を提出し、青色申告で確定申告を行う方が節税効果が得られます。
TOP