エンジニアが副業をはじめるには?収入アップや経験を積んで成長する方法

エンジニアが副業をはじめるには?収入アップや経験を積んで成長する方法

エンジニアはエンジニアリング(工学)のことで、その知識と経験が豊富な人を指します。 近年はネット社会となり、インターネット(IT)関連技術者のエンジニアも人気です。 今回は、エンジニアが副業をはじめる方法とメリットをお教えします。 今現在の収入をもっと増やしたい、経験を積みたいという人はぜひ読んでください。
エンジニアはエンジニアリング(工学)のことで、その知識と経験が豊富な人を指します。近年はネット社会となり、インターネット(IT)関連技術者のエンジニアも人気です。

今回は、エンジニアが副業をはじめる方法とメリットをお教えします。今現在の収入をもっと増やしたい、経験を積みたいという人はぜひ読んでください。

エンジニアの副業の働き方とは?

副業に興味はあるけれど、本業とどう両立すればいいのか不安で悩む人も多いです。副業はあくまで副業なので、本業が疎かにならないような働き方が大切です。ここからは、エンジニアの副業の働き方のポイントについて教えていきます。

本業のない休日や、週の隙間時間におこなえるのが理想的なので検討してみましょう。

週に1度の働き方で本業をメインとする

エンジニアの副業は毎日ではなく、まずは慣れるまで週1日の働き方がおすすめです。あくまで生活の基盤である本業がメインなので、本業に支障が出る働き方はNGです。本業の就業時間が早く終わる人は帰宅後や、平日休みの1日を副業日にもできます。

副業の案件を請ける際に、週1日の作業でも可能なのかの確認も忘れないでください。

本業が休みの土日に働く

エンジニアの副業は本業がお休みの土日など、休日に働くのもおすすめです。休日に働くなら本業には支障が出ませんが、のめり込んだ徹夜のし過ぎは注意が必要です。休日に働くにしてもあくまで本業がメインなので、翌日の仕事のことも考慮しましょう。

土日休みでない人は、平日の休日を土日のように副業にした働き方もできます。ですが、本業の休日全てを副業にすると体を休める時間が減るのでバランスも大切です。

エンジニアの副業のメリットとは?

エンジニアの副業はメリットが多く、デメリットは自由な時間や休日が減ることです。エンジニアの副業は企業へ出向く必要も少なく、自分の都合に合わせた働き方ができます。

ここからは、エンジニアの副業にはどんなメリットがあるのか教えていきます。エンジニアの副業を上手におこなうことができれば、将来的に独立することも可能ですよ。

在宅やリモートで働ける

エンジニアの副業の最大のメリットは、企業へ出社せずに在宅で働くことができる点です。案件の打ち合わせなどで企業へ呼ばれることもありますが、基本的に自宅作業が中心です。電話やメールで副業を請けることができ、最近は打ち合わせはリモートでおこないます。

本業以外の企業へ出社する必要がないので、移動にかかる負担がないのも魅力の1つです。

単価の高い案件が豊富にある

エンジニアの副業は近年案件数が増えていて、特にIT関連のエンジニアは高単価です。いまやネット社会になりつつある日本で、ITエンジニアは必要で人手不足な状態です。インターネットに関する専門的な知識、技術、スキルのある人材が求められています。

その単価は数千円~数十万円と幅が広く、内容や契約期間などで金額が変わります。

副業の受注先によって単価の交渉をおこなうことも可能です。受注先の企業が求める人材であればあるほど、単価の交渉がしやすくなります。副業をはじめる前から、ある程度のスキルを磨き上げておくことも重要です。

経験を積んでスキルアップできる

エンジニアの副業は、高単価で収入アップに繋がるだけでなくスキルも磨けます。人生においてスキルを磨くことは非常に重要で、スキルアップが収入アップにもなります。本業と副業が同じ職種の人、本業とは違った内容の副業の人など働き方はさまざまです。

経験を積むことで自分自身も成長し、スキルアップすると新たな内容にも対応できます。エンジニアの多くの種類の案件をこなすことで、企業から求められる数も増えていきます。将来的により条件の良い会社への転職や、フリーランスで独立することも可能です。

人気が高まっているエンジニアの副業内容とは?

エンジニアの仕事は種類が豊富で、知識とスキルが必要なさまざまな内容があります。そんな中でも近年人気が高まっているのは、IT関連のエンジニアの副業です。ここからは、いま注目が集まっているエンジニアの副業の内容について紹介します。

ここに記載した以外のエンジニアの仕事もあるので、参考程度にチェックしてください。

WEBサイトの制作

エンジニアの副業にはWEBサイトの制作があり、近年人気が高まっている案件の1つです。私たちが普段何気なく閲覧しているネット上のサイトも、ITエンジニアによるものです。新規のWEBサイトの制作、既にあるWEBサイトの更新・リニューアルをおこないます。

さまざまなWEBサイトのコンテンツ追加など、WEBサイトを盛り上げる仕事です。

エンジニア専門の記事ライター

エンジニアの副業には、ネット上でエンジニア専門の記事を執筆する作業もあります。ITエンジニアのようなWEB上の企画・制作・構築などではありませんが、エンジニアに興味のある人や独自でエンジニアの勉強をしたいという人たちからの人気が高まっています。

エンジニア専門の記事は、エンジニアの知識・スキル・技術がないと執筆できません。

そのため単価の高い記事も多く、ライティングのスキルも磨けるので一石二鳥です。

WEBエンジニア

エンジニアの副業にはWEBエンジニアといって、サイトやアプリの開発設計もあります。ただ開発設計するだけでなく、その後の運営とセキュリティー面の対策もおこないます。サイトやアプリの開発では、利用者(消費者)の目線になって考える力も必要です。

利用者のニーズに合わせた内容のサイトやアプリの開発で、生活を豊かにする仕事です。

プログラマーの講師

エンジニアとしての知識・スキル・技術力があれば、プログラマー講師の副業も可能です。自分が培ってきたエンジニア分野の知識を活かして、新たなエンジニア育成を目指します。

プログラマーの講師は、日中、夜間、土日などさまざまな時間で開講することができ、最近ではインターネットを使ったWEBセミナーをおこなうこともできる人気の副業です。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、エンジニアの副業で新たな作業として注目されています。わかりやすくは、WEBサイトで検索して閲覧で見たり触ったりする部分のことです。その重要ともいえる部分の開発、修正などをおこなうのがフロントエンドエンジニアです。

スマホ、パソコン、iPadなど、使うツールに分けて開発する必要のある仕事になります。WEB上で最初に見る部分になり、集客に繋がるフロント・エンドの制作技術が必須です。

サーバーエンジニア

エンジニアの副業には、サーバーエンジニアといった分野の作業もあります。サーバーエンジニアとは、サーバーの設計・構築・運用・セキュリティーなどをおこなう仕事で、サーバーのスムーズな利用やアクセス集中によるダウンを防ぐ作業もあります。

サーバーやアプリのインストール設定、ネットワークケーブルの配線、マニュアルの作成などさまざまにあり、障害が発生した際の対応もサーバーエンジニアの仕事です。

エンジニアの副業の案件を探す方法とは?

エンジニアの副業をやると決めたら、まずはどうやって仕事を受注するかが重要です。ただ待っているだけでは仕事は回ってこないので、自分から積極的に動くことが必要です。ここからは、エンジニアの副業の案件を探すための方法について教えていきます。

人脈や伝手やネットなど色々な方法があるので、自分のやりやすさで決めてもOKです。

友人や知人に紹介してもらう

エンジニアの副業を探すのに1番手っ取り早い方法は、友人知人からの紹介です。エンジニア業界は人手不足なので、人脈を使ってでも求人を探していることが多いです。エンジニア関連の仕事をしている友人知人、そこから伝手で副業を探す方法があります。

普段から自分自身の人脈も広げておいて、良い人間関係を築いておくことも大切ですよ。

クラウドソーシングの利用

エンジニアの副業を探す方法として近年人気なのは、クラウドソーシングです。クラウドソーシングでは仕事の受注と発注ができ、クラウドソーシングが自分と企業との間に入ってくれるため、報酬の未払いを防いで安心して仕事をおこなうことができます。

求人数も非常に多く、自分の希望するエンジニアの分野を指定して探すことが可能です。仲介手数料(システム利用料)が発生しますが、個人で契約するより安全です。

クラウドソーシングには、クラウドワークスやランサーズなどが代表にあります。

自分で営業して案件を受注する

エンジニアの副業は、自分で営業しながら仕事を受注する方法もあります。営業スキルが必要な方法ですが、営業が苦手な人も営業力と積極性を養うことができます。

個人を売り出すわけなので自分と契約すると企業にとってどんなメリットがあるかをしっかり伝えることも大切で、アピール力がないと契約することは厳しい方法でもあります。

エージェントに相談する

エンジニアの副業は、エージェントに無料相談して案件を受注する方法もあります。エンジニア向けのエージェント相談は無料なことがほとんどで、コストがかかりません。またエンジニア向けのエージェントは、豊富な案件があり自分に合う副業を早く探せます。

自分の希望する内容、希望する単価、働く日数など相談できるので、心強い味方です。

エンジニアの副業で収入もスキルもアップさせましょう

エンジニアの副業をはじめるための、働き方やメリットをお教えしました。エンジニアの副業は、週1日や土日といった本業が疎かにならない働き方が理想です。

エンジニアで副業することで、収入アップのほか経験を積んでスキルアップもできます。スキルアップすることは、将来的に転職や独立することへも繋がります。
TOP