ファイナンシャルプランナー目線!副業禁止?会社に見つからない方法とおすすめの副業をご紹介

ファイナンシャルプランナー目線!副業禁止?会社に見つからない方法とおすすめの副業をご紹介

将来に向けた不安から、少しでも収入を増やすために副業したい!と考えている人は多いです。しかしながら、「自分の会社では副業します!といえる雰囲気ではない」、と考えている人も少なくありません。副業解禁といえども、まだまだハードルが高いのが実態です。
将来に向けた不安から、少しでも収入を増やすために副業したい!と考えている人は多いです。しかしながら、「自分の会社では副業します!といえる雰囲気ではない」、と考えている人も少なくありません。副業解禁といえども、まだまだハードルが高いのが実態です。

「副業はしたいが、会社にバレたくない」と考えている人に向けて、会社に見つからない方法とおすすめの副業についてご紹介します。参考にしてください。

副業の解禁

働き方改革の推進によって、2018年1月より副業解禁が認められました。

政府は「モデル就業規則」を改訂し、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の規定を削除し、実質的に副業の解禁を認めています。

また厚生労働省の「副業ガイドライン」には、「原則副業兼業を認める方向とすることが適当である」という記載があります。国を挙げて、副業を認める方向性に向いているといえます。

会社は副業を禁止できる?

原則として、会社は従業員の副業を禁止することはできません。

就業時間以外の時間は個人が自由に使うことが前提で、個人の自由なプライベート時間を就業規則で制約することは、法律上認められていません。

しかし、副業によって身体的・精神的に負担がかかり、本業へ悪影響を与えてしまう点や、情報漏えいの危険性、本業のイメージダウンに繋がるような副業は避けなければいけません。

副業のメリット・デメリット

副業のメリットとしては、収入が増えること、本業以外のスキルが身に付くことなどが挙げられます。収入が増えれば生活が豊かになり、心身的な充実に繋がります。また、本業以外の知識や技術が身に付くことで、自身のキャリア形成や将来の展望に良い影響を与えてくれます。

その反面でデメリットとしては、身体的な負担が増えること、機密漏えいなどのリスクがあることです。
本業の就業時間外を他の業務に充てるため、休息時間が減り、体調の悪化やストレス増加に繋がってしまうおそれがあります。

また、本業の機密事項が外部に漏れることで、背信行為に繋がるリスクもありますので、注意が必要です。

副業が会社にバレないための注意点

副業解禁といっても、まだまだ風当たりは厳しい状況です。

「副業は認めない」「副業したいと言い出せない」といった社風はまだまだ大多数です。そんな中で、会社に見つからないように副業したいと考えている人は多いでしょう。

副業が会社にバレないようにするためには、バレる原因について理解しておく必要があります。「見つかってしまうのではないか?」と感じながら隠れて副業するのではなく、不安なく長く楽しめる副業にしましょう。

副業がバレる原因

副業がバレてしまう原因については以下の4点が挙げられます。

①    働いているところが会社の他の人に見つかってしまった
②    働き過ぎて体調を崩し、本業を休職する事になってしまった
③    インターネット副業で本名がバレてしまった
④    税金が増えて、本業以外の収入が会社に発覚してしまった


ここでいう①や②については、他の会社でアルバイトなどのWワークを行った場合の弊害です。
本業が副業を認めている会社であれば良いですが、副業を認めてくれない会社であれば、こうした事態になってしまうことは事前に想定できるため、副業としてはおすすめできません。

また③については、本人の注意次第といえます。
インターネット上の事故でも起こらない限りは、本人が自身で名前を明かさなければバレることは少ないです。

ブログや動画配信、講師などの副業で、セルフ・ブランディングのために名前や顔を広めたいという人は、会社にバレることは覚悟の上で取り組む必要があります。

副業が本業にバレてしまう理由のほとんどは④といわれています。

税務申告でバレる

副業で収入を得た場合、その所得が年間で20万円を超えた場合は、確定申告を行い税金を支払う必要があります。

会社員の場合は、会社が本人に代わって税務申告を行っており、これを源泉徴収といいます。副業によって収入を得た場合、副業の会社の給料からも源泉徴収され、税金が天引きされます。

しかし、副業収入のタイプによっては源泉徴収されず、自身で申告をしなければなりません。その場合、収入から必要経費を差し引いた所得が年間20万円を超えていれば、確定申告を行う必要があります。

住民税に要注意

副業が本業にバレる原因となるのは、主に住民税です。

副業によって得た収入を確定申告した場合、申告に基づいて納税額が決まりますが、そこで確定するのが所得税と住民税です。市区町村に納税する住民税は、本業の会社がまとめて払う仕組みになっています。

よって副業によって収入を得ている場合は、本業の会社には納税先の市区町村から、本業の給与所得から算出される金額以上の住民税が求められることになります。そこで副業収入の存在が発覚します。

副業をバレないようにするには

副業を会社にバレないようにするためには、住民税の払い方に注意する必要があります。

確定申告の際に、住民税の払い方は自身で選択することができます。住民税の払い方には、特別徴収と普通徴収という方法があり、特別徴収は勤務先の会社に住民税を請求する方法で、毎月の給与から分割徴収されます。それに対して普通徴収は、本人が直接納税する方法で、副業収入によって請求される住民税を本人が一括で納税します。

普通徴収すれば、会社に対して住民税が増額されたことをバレることなく納税が完結できますので、普通徴収を選択することがポイントです。
また、市区町村によっては特別徴収を推進している自治体もあるため、確定申告の前に確認しておくことも重要です。

会社に見つからないおすすめ副業5選

「うちの会社では副業は無理」と思っている人も多いでしょう。

副業が認められていない会社であっても、前述のポイントを押さえておけば、できる副業は沢山あります。
副業というと、本業とは別の会社に勤務する「Wワーク」をイメージする人が多いですが、今はインターネットを活用し、会社に行かずとも自宅で空き時間を使って気軽にできる副業も増えています。

「会社にはバレたくないけど副業収入は欲しい」と考えている人は、就業後やスキマ時間を使って無理なく続けられる副業を選択しましょう。ここでは会社にバレないおすすめの副業5選をご紹介します。

おすすめ①:クラウドソーシング

個人を特定されることなく、自宅で気軽に副業を行いたい人は、クラウドソーシングの副業がおすすめです。
クラウドソーシングとは、仕事をしたい人(労働者)と、仕事をしてくれる人を探している人(雇用者)をマッチングしてくれるサービスです。

具体的にはデータ入力やライティングなど、企業側からすればある特定の業務だけを外部委託し、行ってくれる人を探す、という仕組みです。労働者は企業と正式に雇用契約を結ぶのではなく、あくまで業務委託されたフリーランスとしての契約形態で仕事を行うことになります。

「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングでは、毎日たくさんの案件が紹介されており、多くの方が利用しています。クラウドソーシングのメリットは、自分の得意とする分野について、自分の好きなタイミングで仕事を行える点です。

正社員のような雇用形態で縛られることもなく、時間的な制約もないため、自宅にいながら自分のペースで仕事に取り組むことができます。また、個人が特定されることもないため、本業の会社にバレにくいのもメリットです。

デメリットとしては、あくまでも需要と供給をマッチングさせる形態であるため、仕事をしたくても仕事がなければ稼げない点です。
毎月一定の安定した収入が欲しい、という人にとっては不安が残るかもしれません。

おすすめ②:ブログ作成

文章を書くのが得意で、好きな趣味や専門的な知識で広告収入を得たい人は、ブログ作成の副業もおすすめです。好きなテーマに基づいてブログ記事を作成し、アクセスを集めることで企業から広告収入を得ることができます。こうした業務形態をアフィリエイトといい、「A8.net」や「リンクシェア」などASPと呼ばれるサービスがあり、多数の広告案件を扱っています。

ブログ作成のメリットは、自分の趣味や特技を活かせる点にあります。自分の好きな趣味や特技であるからこそ、無理なく続けられることができます。情報発信者として人気が集まれば、企業側からの信頼も高まり、より大きな広告収入を得ることも可能でしょう。また、自宅から自分のペースで仕事ができ、個人も特定されにくい点もメリットです。

デメリットとしては、安定した収入を得られるまでに時間と労力、技術を要する点です。一定の人数の固定ファンが付くまでは、とにかくやり続けることが大切です。また、ブログ作成を本業におけるセルフブランディングに役立てたいと考えている人は、有名になれば個人が特定されやすくなります。

本業の会社にバレやすくなってしまうことも考えられますので、注意が必要です。

おすすめ③:オークション物販

自宅に眠っている不要なものを売ったり、価値が高くなりそうなものを安く仕入れて販売する、オークション物販の副業もおすすめです。自宅にいながら自分のペースで取り組め、要らなくなったものも処分できるという、一石二鳥の点が人気を集めています。

また、完全に匿名(ユーザーネーム)での出品となるため、本業の会社にバレることもありません。オークション物販で有名なのが、「メルカリ」や「ラクマ」などのサービスです。

オークション物販のメリットは、完全に自分のペースで副業できる点です。自分の自由な時間で、自由に商品が出品できるので、他人からの制約を受けることがありません。また、自宅にある不要になったものを出品すれば、身の回りの整理も可能になります。

オークション物販のデメリットは、売れなければ収入が得られない点です。売れるようにするためには、顧客とのコミュニケーションや配慮が必要になります。

おすすめ④:アンケートモニター

企業が発信する様々なアンケートに回答し、ポイントを貯めてギフト券や現金と交換するといった、アンケートモニターの副業もおすすめです。アンケートの回答以外にも、アプリをインストールする、動画を視聴する、企業が発信するサービスの資料を請求するなどの作業があり、それぞれにポイントが設定されています。
ポイントをギフト券や現金に還元する際には個人を特定する必要はあるものの、それが会社にバレるといった心配はありません。

アンケートモニターで有名なのは、「ECナビ」や「キューモニター」などがあります。アンケートモニターのメリットは、スマホ1台でできるため、通勤中や休み時間など、ちょっとした空き時間を使って取り組める点です。

通勤時間が長い、家族がいるので休日は仕事ができないといった人でも、お小遣い稼ぎ程度に取り組み易い副業です。また、一つ一つの作業に時間がかからないため、ポイントが貯まっていくことをモチベーションにしながら継続して取り組み易いこともメリットといえます。

アンケートモニターの副業のデメリットは、収入が少ない点です。1つ1つの作業単価が低いため、数をこなさなければ一定の収入に達することができません。アンケートモニターには数多くの種類があるため、できるだけ多くのサイトに登録しておくことがポイントです。

タイプ⑤:株式投資・FX投資

最後に、投資に興味がある、資金に余裕がある人は、株式投資やFXの副業もおすすめです。

ネット証券会社を活用すれば、スマホ1台で簡単に始めることができます。個人の資産運用や投資活動について、会社が制約すること自体があり得ないため、会社にバレたとしても不安を感じる必要は一切ありません。初心者が始めやすいサービスとしては、「SBI証券」や「外為どっとコム」などがあります。

株式投資やFX投資のメリットは、お金に働いてもらうため、労働者の身体的な負担が一切ない点です。銘柄選択や売買のタイミングをしっかりとコントロールすることで、大きな収入を得ることが可能です。最初は不安に感じることも多いですが、定期的なセミナーなどを提供してくれる会社もあり、少しずつ学びながら取り組むことができます。

デメリットは、初期投資が必要である点です。投資であるが故に、ある程度の資金の余裕がないと始められません。経済状況や為替の影響によっては資金がマイナスになってしまう危険性もあるため、あくまでも趣味の副業として、余剰資金で行うことが大切です。

まとめ

働き方改革で副業が解禁になったといえども、「副業がしたくても会社が認めてくれない」と悩む人はまだまだ多いのが実態です。

副業は注意すべき点を理解し、業務を提供してくれるサービスをしっかりと選択すれば、本業の会社にバレることなく、長く継続して取り組むことができます。

「自分にはできない」と諦めるのではなく、自分が取り組み易い副業を吟味し、無理なく続けることで、人生をより豊かなものに充実させていきましょう。是非とも参考にされてください。

文・世良真貴男(ファイナンシャルプランナー)

執筆者:世良真貴男(ファイナンシャルプランナー)

◆保有資格
・2級ファイナンシャルプランニング技能士
・相続診断士
・住宅ローンアドバイザー

◆所属先
 株式会社LIFEBOX
 ※生命保険、損害保険の乗合代理店

◆経歴及び自己紹介
大手小売業の経営コンサルティングを経て、ファイナンシャルプランナーへ転職。年間200組以上を担当し、家計や保険、住宅ローン、相続や資産運用など、常に顧客の資産を最善化するカウンセリングを行っている。
TOP