自分に向いている副業は?タイプ別の副業診断と注意点を解説

自分に向いている副業は?タイプ別の副業診断と注意点を解説

働き方改革の推進により、多くの企業で社員の副業を認める会社も増えてきています。 「もっと収入を増やしたい」という人はもちろん、「趣味や特技を活かしたい」、「空き時間を有効活用したい」という人に向けて、今や様々な形の副業が存在します。 「副業を検討しているが、自分に向いている副業は何だろう?」と考えている人に向けて、タイプ別におススメの副業とその注意点についてご紹介します。参考にしてください。
働き方改革の推進により、多くの企業で社員の副業を認める会社も増えてきています。

「もっと収入を増やしたい」という人はもちろん、「趣味や特技を活かしたい」、「空き時間を有効活用したい」という人に向けて、今や様々な形の副業が存在します。

「副業を検討しているが、自分に向いている副業は何だろう?」と考えている人に向けて、タイプ別におススメの副業とその注意点についてご紹介します。参考にしてください。

副業の解禁

副業が解禁となったのは、2018年1月からです。働き方改革として、政府は「モデル就業規則」を改訂し、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の規定を削除しました。また、副業や兼業に関する規定を新設し、実質的な「副業の解禁」が認められました。

副業解禁の背景

副業解禁の背景には、老後の生活にお金が足りない、いわゆる「老後貧乏」な高齢者の増加にあります。

国の財政赤字により、高齢化に伴う医療費や介護費用の増加は今後ますます深刻化していきます。また、老後生活の頼みの綱である公的年金も受給年齢の後倒しが進んでおり、不安要素は年々高まっています。

そうした中、自助努力による老後資金対策の必要性から、少しでも収入を増やすための手段として副業を認め、自分の身は自分で守るべきだという考え方が推し進められてきました。

副業によるメリット

副業解禁によるメリットは2つです。

①    収入が増える

本業の収入以外にも、副業によって収入が得られるため、総合的な収入アップに繋がります。
これによって生活が豊かになったり、将来に向けた貯蓄ができるようになります。

②    スキルが身に付く

本業以外の仕事に従事することで、本業では得られない知識やスキルの習得に繋がります。
結果として自身のキャリア形成や将来の展望に良い影響を与えることができます。

副業によるデメリット

副業解禁によるデメリットも2つあります。

①    身体的な負荷が増える

本業の就業時間外を副業に充てるため、全体的な労働時間が増えることになり、その結果体調の悪化や精神的なストレス増加に繋がってしまうおそれがあります。
②    税金や社会保険が煩雑になる
収入が増えることで所得税や住民税などの申告が必要となり、手続きが煩雑になるおそれがあります。また、雇用保険や労災保険を巡って企業とトラブルが発生する可能性もあります。

タイプ別の副業診断と注意点

副業というと、本業とは別の会社に勤務する、いわゆる「Wワーク」をイメージする人も多いでしょう。
ひとえに「副業」といっても、今はインターネットを使用し、空き時間を使って気軽にできる副業も多いです。

「どんな副業が自分に合っているんだろう?」と考えている人は、自分の性格や生活スタイルなどを自己分析し、本業に支障なく楽しく続けられる副業を選択するようにしましょう。

ここではタイプ別におすすめの副業6選と、そのメリット・デメリットについて解説します。

タイプ①:とにかく早くお金が欲しい!

最も早く、確実にまとまったお金を手にすることができる副業は、短期アルバイトです。インターネットのアルバイト求人媒体で検索すると、短期間の副業・Wワークのアルバイトを地域別に探すことができます。

短期アルバイトのメリットは、指定された時間帯の業務をこなすことで、働いた時間に応じた給与が確実に手に入ることです。幾らもらえるかが事前にわかるため、収入の見通しも立てやすいといえます。

その反対にデメリットは、身体的な負担が大きくなってしまう点です。本業をしながら、別会社の勤務に就くことによって、休息時間が減り、心身ともに負担がかかります。短時間にする、休日を活用するなど、身体に無理のかからない程度で行うことが大切です。

タイプ②:趣味は多い方だ!

色々な趣味を持っている人は、その趣味を活かした副業もあります。

心から好きな趣味を持っている場合はブログ作成の副業がおすすめです。好きなテーマに基づいて記事を作成し、アクセスを集めることで広告収入を得ることができます。また広告収入という点では、Youtubeなどの動画配信にも注目が集まっています。

ブログ作成や動画配信などの広告収入のメリットは、自分の趣味を活かせることです。好きな趣味であるからこそ、無理なく継続することが可能になります。また、情報発信者としての人気が高まれば、より大きな収入を得ることもできます。

広告収入のデメリットは、安定した収入を得られるまでに時間と労力、技術を要する点です。一定の人数の固定ファンが付くまでやり続けることが大切です。

また、人の目に留まりやすい記事や動画を作成するためには、相応の技術も必要になります。とにかく続けることが大切です。

タイプ③:人に自慢できる知識や技術を持っている!

人より秀でた知識や技術を持っている方は、講師の副業もおすすめです。特に語学やITスキルなどの技術は人気が高く、学びたいと考えている人も多いです。個人的に募集をするのも良いですが、登録制の生徒募集サイトなどもあります。

講師のメリットは、自分の持っている知識や技術を活かせる点です。人に教えながら自分の学びも深まるため、一層のスキルアップに繋がります。また、講師として人気が集まれば、個人事業として独立開業も夢ではありません。

講師のデメリットは、常に知識や技術をインストールし続けなければならない点です。生徒を維持し続けなければ、安定した収入が得られません。情報は日々進化しているため、常に新しい知識を学び続ける姿勢が大切です。

タイプ④:自分のペースは崩したくない!

時間に制約されたり、何かをやり続けなければならないのが嫌で、自分のペースを崩したくない人は、自宅にいながら副業できるオークション販売などがおすすめです。自分の身の回りで不要になったものや、価値が高くなりそうなものを安く仕入れて販売をし、利益収入を得ます。

オークション販売のメリットは、自分のペースで副業できる点です。自分の自由な時間で、自由に商品が出品できるので、他人からの制約を受けることがありません。また、自宅にある不要になったものを出品すれば、身の回りの整理も可能になります。

オークション販売のデメリットは、顧客とのコミュニケーションが必要な点です。自分のペースで仕事ができるとはいえ、細かい商品説明や入札者へのフォローが必要になります。出品した商品が売れなければ、安定した収入を得ることも難しいでしょう。

タイプ⑤:空き時間があまりない!

通勤時間が長い、家族がいるので休みの日も自由な時間が取れないという人は、アンケートサイトの副業がおすすめです。企業が発信するアンケートに回答し、ポイントを貯めることで、ギフト券や現金に交換できる副業です。

アンケートサイトの副業のメリットは、スマホ1台でできるため、通勤中や休み時間など、ちょっとした空き時間を使って取り組める点です。また、企業によっては定期的にモニター調査なども行っているため、人より早く新商品を試すこともできます。

アンケートサイトの副業のデメリットは、収入が少ない点です。1つ1つの作業単価が低いため、数をこなさなければ一定の収入に達することができません。アンケートサイトには様々な種類があるため、できるだけ多くのサイトに登録しておくことがポイントです。

タイプ⑥:株や投資に興味がある!

投資に興味がある、資金に余裕がある人は、株式投資やFXの副業もおすすめです。最近ではわざわざ証券会社に出向かなくても、ネット証券会社を活用すれば、スマホ1台で簡単に銘柄の購入が可能です。

投資の副業のメリットは、身体的な負担が一切ない点です。自分が働くのではなく、お金に働いてもらうという考え方で、銘柄選択や売買のタイミングをしっかりとコントロールすることで、大きな収入を得ることも可能です。

投資の副業のデメリットは、損失が出る可能性も大いにある点です。これまで紹介した副業は、全て収入にプラスを生み出す副業でした。

しかし投資に関しては、経済状況や為替の影響によって、収入がマイナスになってしまうリスクもあります。投資はあくまでも趣味の副業として、余剰資金で行うことが大切です。

会社員が副業を行う際の注意点

タイプ別におすすめの副業についてご紹介しましたが、会社員が副業を行う場合には、その収入にかかる税金について理解しておく必要があります。副業が認められていれば問題ありませんが、本業の会社に許可なく副業を行う場合は、税務申告によって発覚するケースが多いです。

会社にバレないようにするのではなく、税金のしくみを正しく理解し、不安なく取り組めるようにしましょう。

副業は確定申告が必要

会社員の人でも、給与所得や退職所得以外の所得が年間で20万円を超えた場合は、確定申告を行う必要があります。個人事業主の場合、事業主本人が確定申告を行うことで税務申告を行いますが、会社員の場合は、会社が本人に代わって税務申告を行っています。

これを源泉徴収といい、会社員は給与から税金が天引きされた状態で支給されます。

副業によって収入を得る場合、副業の会社の給料からも源泉徴収され、税金が天引きされます。しかし、副業収入のタイプによっては源泉徴収されず、自身で申告をしなければなりません。その場合、収入から必要経費を差し引いた所得が年間20万円を超えていれば、確定申告を行う必要があります。

確定申告が必要な副業のタイプ

確定申告が必要な副業のタイプは、ブログ収入や講師による収入です。

Wワークとして短期アルバイトを行う場合や、登録制サイトでデータ入力や執筆の副業を請け負う場合などは、登録先の会社から源泉徴収されて給与が支払われるため、確定申告は不要です。

しかし、個人で行うブログ作成などの広告収入や講師としての収入、オークション販売で得た利益収入などは、年間20万円を超えた場合は確定申告が必要です。また、投資による利益についても、売却益や配当が年間20万円を超えていれば、会社員でも確定申告を行わなければなりません。

本業の会社にバレる?

本業の会社に隠れて副業を行っていた場合、本業の会社にバレる可能性は高いです。副業によって得た収入を確定申告した場合、申告に基づいて納税額が決まりますが、そこで確定するのが所得税と住民税です。

市区町村に納税する住民税は、本業の会社がまとめて払う仕組みになっています。よって副業によって収入を得ている場合、本業の会社には納税先の市区町村から、本業の給与所得から算出される金額以上の住民税が求められることになり、そこで副業収入の存在が発覚します。

副業をバレないようにするには

副業を会社にバレないようにするためには、住民税の払い方に注意が必要です。確定申告の際、住民税の払い方を選択することができます。住民税の払い方には、特別徴収と普通徴収という方法があります。

特別徴収は、勤務先の会社に住民税を請求する方法で、毎月の給与から分割徴収されます。それに対して普通徴収は、本人が直接納税する方法です。副業収入によって請求される住民税を、本人が一括で納税します。住民税の存在を会社にバレないようにするためには、普通徴収を選択することがポイントです。

まとめ

副業は収入を増やし生活を豊かにするだけでなく、本業以外の仕事に就くことで知識や経験の幅が広がり、自身のスキルアップや人脈の構築に繋がります。

近年の副業の解禁によって、副業を認める企業も増えて参りましたが、労働者の負荷や情報漏えいの観点から、副業に否定的な会社もまだまだ多いのが実態です。最初から「自分には副業はできない」と諦めるのではなく、自分のタイプに合った副業を選択し、無理のない程度で取り組むことで、人生をより豊かに充実させることができます。

是非とも参考にされてください。

文・世良真貴男(ファイナンシャルプランナー)

執筆者:世良真貴男(ファイナンシャルプランナー)

◆保有資格
・2級ファイナンシャルプランニング技能士
・相続診断士
・住宅ローンアドバイザー

◆所属先
 株式会社LIFEBOX
 ※生命保険、損害保険の乗合代理店

◆経歴及び自己紹介
大手小売業の経営コンサルティングを経て、ファイナンシャルプランナーへ転職。年間200組以上を担当し、家計や保険、住宅ローン、相続や資産運用など、常に顧客の資産を最善化するカウンセリングを行っている。
TOP