サラリーマンの副業としてシストレによるFXトレードも魅力的!

サラリーマンの副業としてシストレによるFXトレードも魅力的!

為替トレード・FXを行っているサラリーマンの方はたくさんいます。このFXは、株トレードや先物トレードと同様に投資・資産運用の手段ではありますが、やり方を整えることによって副業としての役割を果たすことがあります。つまり、定期的な収入が得られる手段であるということです。
為替トレード・FXを行っているサラリーマンの方はたくさんいます。このFXは、株トレードや先物トレードと同様に投資・資産運用の手段ではありますが、やり方を整えることによって副業としての役割を果たすことがあります。つまり、定期的な収入が得られる手段であるということです。

FXや株ってやってみたいけど、正直怖いんだよな~

サラリーマンのFXはシストレでコツコツ稼ぐ

為替トレードなどと聞くと、『場合によっては大損をするので怖い』とか『ギャンブルと同じ』と敬遠する人もいることでしょう。

確かにデイトレといって、毎日売ったり買ったりを繰り返している個人投資家の方々がギャンブル感覚でトレードをしているのは確かです。また、リーマンショックやコロナショックの時のように、相場が大崩れでもすればいっぺんで財産をなくしてしまうリスクがあるのも本当です。

それでも安定利回りでコツコツ稼ぐ方法があると言ったらどうでしょうか?最近は、勝率が安定したAI式の売買システムが提供されています。この自動売買システムを使ったFXをシステムトレード(シストレ)といって、価格変動の相場を分析して買いポイントと売りポイントを論理的に判断してトレードを行ってくれます。

設定次第で運用率は変わる

このシストレを利用すると、100回売買して60回とか70回の成功が得られるのです。つまりトータルで勝ち越しとなり、それが利益率・運用利回りとして計算できるのです。シストレの種類によっても差がありますが、現時点での運用利回り相場は年20~50%を見ることができます。

全く同じシストレをフルオートで利用すれば、まったくFXを知らない初心者でも、ある程度FXで稼いできた中級者が利用しても同じような結果になるのがポイントです。なぜなら、AIシステムが自動で売買を進めていくので、トレーダーの技術とかノウハウに関係がないからです。もちろん、細かな条件設定をすれば設定次第で運用率は変わります。

ちなみに他の資産運用の利回りを確認しますと、マンションを住宅ローンで購入して賃貸に出す不動産投資の場合で5%前後、投資信託の利回り相場でも3~10%と、シストレによるFXの利回りよりは低くなります。

フルオートトレードを利用

またシストレのFXなら、まったく為替相場を知らない方でも、実績の高いシストレを選び、何から何まで全部お任せのフルオートトレードを利用すれば年20~50%ぐらいの利益が上がるということです。

そこで投資資金を100万円投入すれば、1年で30万円前後の利益が期待できます。月単位にすると3万円ぐらい副収入が入ってくる計算です。最近のサラリーマンの副業ですと、フリーランサーの在宅ワークで2~5万円稼げれば良いとされています。

100万円を資金にしたシストレのFXなら、年間30万円ぐらいの利益が見込めますので立派に副業レベルだと言えます。

シストレによるFXトレードでも赤字になるリスクは常に含んでいる

シストレによるFXトレードでは、運用利回りの相場が20%とか50%とか、条件設定によっては100%を超えるケースが経験談で語られています。かなり景気が良い話ではありますが、やはり将来の動きが予測不可能な相場の世界です。はっきり言って、損益のリスクをいつもはらんでいます。

損を最小限に抑えるセイフティ機能

シストレには損を最小限に抑えるセイフティ機能がついています。損切といって下落したときに損が大きくならないうちに売ってしまう機能が作動します。

具体的に言いますと、100万円の資金で信用買いを利用して、資金の10倍の1000万円分のドルを売買するとしましょう。1ドル100円で1000万円分のドルを買ったところ、いきなり下落して1ドル105年になったとします。

これによって、いきなり50万円も損が発生します。こうならないために、先に1ドル101円(1%の下落)になったら売り注文を出すというプログラムを組みます。これが損切です。

利回り計算が可能

損切システムは負け分を小さくすると同時に、負け率をあらかじめ計算することができます。反対に成功したときの売りを1.5%とか2%に設定しておくことで、トータル利益が確保され、その金額もある程度見込めることになります。

こうして利回り計算が可能になるわけですが、相場はいつも行儀よく変動しているわけではありません。コロナショックの時でもいきなりドルが急上昇し、1日で2%近く変動する場面もありました。

こういった時には売り注文が殺到して、約定が滑ってしまってなかなか売れない状態が発生します。そして約定してみると2%を超える下落で売れていて、いきなり20万円の損失が確定しているなんてこともあるのです。

シストレのFX

つまり、FXトレードは時に乱高下して、思わぬ損益を被るリスクのある投資なのです。これを確実に避けるシステムはありません。平均的に年20~50%の利回りが得られるとしても、不定期で損益が発生するため、大損を被ってしまうトレーダーも必ずいることを知っておいてください。

とは言いましても、シストレによるFXトレードは資産運用としての効果があること、欲張らなければサラリーマンの副業程度の収入が見込めることは本当です。働いて稼ぐだけではなく、ちょっと資産運用で稼いでみたいという方は、このシストレのFXを試してみると良いかもしれません。
TOP