Amazonアソシエイトのやり方!コツを掴んで収益を得よう♪

Amazonアソシエイトのやり方!コツを掴んで収益を得よう♪

Amazonアソシエイトは自分のブログやSNS、YouTubeチャンネルでAmazonの商品を紹介し、報酬を得られるシステム。 申請して認可されればすぐ使えるので、手軽にできるお小遣い稼ぎとして取り入れる人も増えています。 ですが、稼ぎにくいとも言われるのも事実。 少しでも収益アップにつながるため、コツをお仕えいたします。
Amazonアソシエイトは自分のブログやSNS、YouTubeチャンネルでAmazonの商品を紹介し、報酬を得られるシステム。申請して認可されればすぐ使えるので、手軽にできるお小遣い稼ぎとして取り入れる人も増えています。

ですが、稼ぎにくいとも言われるのも事実。少しでも収益アップにつながるため、コツをお仕えいたします。

Amazonアソシエイトの収益はやり方次第

なかなか稼げないと言われるAmazonアソシエイトですが、月に数十万と高値の売り上げを上げる人もいるのだとか。ということは、やり方次第でお金になる、ということですね(^^♪

まずは稼ぎにくい理由と、どうすれば収益化を狙えるのかを解説します。

Amazonアソシエイトが稼げないと言われる理由

Amazonアソシエイトの報酬は、閲覧者がAmazonアソシエイトのリンクから購入・発送されて初めて収益になります。そのため、Amazonアソシエイトを初めてすぐはなかなか報酬に繋がりません。

また、商品の紹介料率は低いものが多く、商品の多くは2%~5%。紹介料率が3%の本であれば、1500円の本なら45円の収益ということです。

なおかつ、1商品の売り上げにつき1000円の上限が設けられています。

Amazonアソシエイトの紹介料率

先ほど少し触れましたが、商品の多くは紹介料率が低いものが多数。フィギュアにいたっては0.5%と1%を切っています。

2%のものはCDやDVD、カメラや家電、3%は本、オフィス用品やインテリアなどブログにしやすいものは低めです。ただ、同じ商品でもAmazonパントリー対象のものであれば8%とぐっとお得に♪(^^♪

それぞれの率が低く、なおかつ上限1000円なので、とにかく大量に紹介していく必要があります。

商品のターゲットを絞ると稼ぎやすい

ブログやSNSは自分の趣味や得意とする分野で開設していますよね?

だけど、本やCDといった低い紹介料率であれば、ターゲットを変えるのも良いのではないでしょうか。なおかつ、紹介する商品を絞る!

実際の店舗でもそうですが、専門店の方がより多くの種類が手に入りますよね。逆に雑多に紹介していると、統一感がなくブログの閲覧数も減ってしまいます。

Amazonアソシエイトで稼ぐなら、稼ぐ専用の媒体を作っていきましょう。

収益化になる商品のターゲット

では具体的に、収益を狙える商品はどのようにターゲットを絞れば良いのでしょうか。ブログありきでAmazonアソシエイトを始めるより、商品ありきでブログを立ち上げるのもコツ。

このやり方を参考にブログやSNS、YouTubeチャンネルを作成してみてください♪

同じジャンルに絞る

商品紹介は統一感を持たせましょう!

ペット関連の話題だったのに、次のブログではゲームだと統一感がありません。ブログやSNSを見る人は、情報を次々と深堀していきたいもの。同じジャンルで統一していれば、ブログやSNSの滞在時間が長くなるのです。

できるだけ商品購入に近づけるため、紹介するジャンルを絞りましょう。

新商品に絞る

紹介する商品を新商品に絞るやり方もあります。新商品は馴染みがないため、実際のレビューを確認したいと思う閲覧者は多数。「新商品」とジャンルくくりすれば、紹介する商品の幅も広がりますね♪

実際、家電を買うとき私はいろんな人のブログやYouTubeを参考にします。怖がりなので( *´艸`)

「このブログなら新商品紹介してるだろう」と思わせることができれば、安定して閲覧者を獲得することができ、収益に繋がっていきます。

関連商品に絞る

ジャンルを1つ絞るのが難しいなら、関連商品を次々紹介するのも良いですね。

例えば、紹介料率8%のお酒。お酒→おつまみ→お皿→グラス→細いグラスが洗えるスポンジなど連想ゲーム感覚。

連想するのが難しいなら、Amazonでは商品購入者がチェックした他商品が出てきます。参考と連想しながら、商品を絞っていってください♪

収益化を目指すなら統一感を持たせよう!

「このジャンルならこの人のブログを見てみよう」と思わせることを意識しながら、まずはブログやSNSを充実させていってください。

とにかく大切なのは「統一感」!
バラバラのジャンルはNGです(;´Д`)
1人でも多くの人の目に留まりますように。
TOP