主婦の副業 ―在宅ワークのすすめ―

主婦の副業 ―在宅ワークのすすめ―

パートで働く主婦たちがますます増えています。彼女たちが働く理由は何でしょうか。 主婦に向けて特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関「しゅふJOB総研」が、「働く理由」に関するアンケート結果を公開しました。それによると、20代30代では1位の理由が「子供の教育費」、そして40代の1位は「今後の生活に不安を感じるため」、50代の1位は「社会と関わり視野を広げたいから」でした。また、50代の3位に「老後に備えるため」が入っていますが、おもしろいことに、20代でも同じく「老後のため」が3位にランクインしています。最近の20代は、老後に対する不安感がその上の世代よりも強いようです。

主婦が働く理由

パートで働く主婦たちがますます増えています。彼女たちが働く理由は何でしょうか。

主婦に向けて特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関「しゅふJOB総研」が、「働く理由」に関するアンケート結果を公開しました。

それによると、20代30代では1位の理由が「子供の教育費」、
そして40代の1位は「今後の生活に不安を感じるため」、
50代の1位は「社会と関わり視野を広げたいから」でした。

また、50代の3位に「老後に備えるため」が入っていますが、おもしろいことに、20代でも同じく「老後のため」が3位にランクインしています。最近の20代は、老後に対する不安感がその上の世代よりも強いようです。

順位は若干入れ変わっても、全世代共通して上位に入ってくるのが、「今後の生活に不安を感じるから」「子供の教育費」「社会と関わり視野を広げたいから」「老後に備えるため」「自分または家族の生活をより豊かにするため」となっており、主婦が働く理由のほとんどはこの5つに集約されていると言っていいでしょう。

増えている主婦の副業-ダブルワークとの違い

「今のパートに慣れた/飽きた」「もっと収入を増やしたい」「子供の手が離れたから別の仕事も始めたい」などの理由で、副業を始める主婦が増えています。

副業はダブルワークと混同されがちですが、ダブルワークとは、両方の仕事を同じくらいの時間と賃金で掛け持ちすることを指します。一方、本業に対して時間や賃金の割合が少ないときに使うのが副業です。また、副業は趣味関連や興味のあることで収入を得られるなど、毎日をより充実させるという要素もあります。

副業には在宅ワークがおすすめ

via pixta.jp
最近は「働き方改革」など、働き方の多様化が進み、さまざまな副業が注目されるようになってきましたが、すでにパートを持っている主婦が副業を始めるなら、やはり在宅でできる仕事が理想的でしょう。

在宅のメリットとしては、「スキマ時間に働くことができる」「ネット環境とパソコンがあれば始められる」「上司や同僚との面倒な人間関係はなし」「通勤時間がなく身支度も最低限でOK」「子供の様子を見ながら働ける」などが挙げられます。

面接を受けるためにわざわざ出向かなくてもいいというところも、スタート時の心理的なハードルが低いと言えるでしょう。特殊なスキルや経験が求められるものだと気軽に始めることができません。スキルや経験が必要なく、連続性がないものがおすすめです。

人気の在宅ワーク

人気はデータ入力

主婦に人気の在宅ワークはいくつかありますが、ひとつ目はデータ入力です。

ちょっとしたスキマ時間にでき、特別なスキルも必要ないため、主婦の間ではもはや定番の在宅ワークになっています。指示された内容のものをエクセルなどのシートにひたすら入力していくという単純な作業です。

タイピングが苦手な方にとっては最初こそ時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてくれば早くできるようになり、その分作業量もこなせて収入アップにもつながります。初めての在宅ワークにぴったりです。

やった分だけ貰える!ライティング

ふたつ目はライティングです。内容によっては専門知識やリサーチが必要になる場合もありますが、本当にたくさんのジャンルでの需要があるため、自分にできるジャンルがきっとみつかるでしょう。主婦であれば、子育てや育児関連の分野で自身の体験を基に執筆している人が多いようです。

最後はWebマーケティング

最後はWebマーケティングです。名前は難しそうですが、指定されたキーワードをネット上で検索してリスト化するというものです。

これはデータ入力と同じく単純作業になりますが、指定のキーワードを検索するという作業があるため、コツをつかむまでは少し時間がかかってしまうかもしれません。しかし、その分データ入力よりも高い時給で募集していることが多いでしょう。

まとめ

副業の一番の目的は収入を得ることです。家の中で上司に管理されることもなく、休憩時間も自由で、好きなスタイルでできる在宅ワークは、自分自身を律することがとても大事です。「ちょっと休憩しよう」「週末にまとめてやろう」などとだらだらしてしまうと、時間ばかりが過ぎて納期が守れず、結果的に仕事をなくしてしまうことになります。

副業には、自身の趣味や興味のあることを仕事にするという要素があることは先述しました。仕事の中に少しでも自分が興味のある、または楽しめる部分を見つければ、きっと長く続けられるでしょう。また、「将来的に子供の手が離れたら、もう一度フルタイムで働きたい」と考えている人であれば、その時に役立つような、関連した仕事をするのがいいでしょう。在宅ワークでの経験が次に就職先を探す際の大きなアピールポイントにもなります。

最近では仕事のマッチングサイトもあり、趣味と実益を兼ねた副業を見つけることは難しくない時代になりました。在宅ワークで、賢く楽しく稼ぎながら将来に備えましょう。
TOP