在宅でもできる副業、アフィリエイトについて。

在宅でもできる副業、アフィリエイトについて。

何らかの事情で、在宅で副業を始めたいと考えているのであればアフィリエイトを始めるのも手です。アフィリエイトとは広告主と消費者の間に立ち、商品やサービスを紹介することで収入を得る副業です。
何らかの事情で、在宅で副業を始めたいと考えているのであればアフィリエイトを始めるのも手です。アフィリエイトとは広告主と消費者の間に立ち、商品やサービスを紹介することで収入を得る副業です。

副業のアフィリエイトの仕組み

現在のところはブログを使ったアフィリエイトが定番で、ブログに貼った広告がクリックされ成約に至ったら報酬が発生します。

アフィリエイトで月に100万円以上の収入を得るケースも多く、月に1,000万円以上の利益があることを公言しているアフィリエイターも珍しくはありません。

一方で、全く報酬が発生しない、報酬がゼロではないけれども思うように稼げないと悩む人も多く、割合で言うとアフィリエイターのおよそ半数程度は月に1万円も稼げていないという厳しい現実もあります。
間違いなく競争が厳しい世界ではあるものの、月収1,000万円の例のように夢もあるので、腰を据えて取り掛かるのも手です。

アフィリエイトをどうやって始めるか

ASPを使う

アフィリエイトをどうやって始めるかですが、まずアフィリエイトを始めるに当たって押さえておきたい3つの立場が存在します。

1つ目はアフィリエイトに取り組むアフィリエイター、2つ目は広告主で、こちらはアフィリエイトの対象の商品やサービスを展開している企業です。

3つ目はASPで、こちらは商品やサービスを宣伝してもらいたい企業とアフィリエイターを結びつける存在です。ASPはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略で、A8.netやバリューコマースを始めとして多数のASPが存在します。

広告を出したい企業、報酬を得たいアフィリエイターを仲介する存在で、アフィリエイターはまずASPに登録し、ブログに設置したい広告を選ぶのです。最初からASP内の全ての広告を利用できるわけではなく審査が必要な広告もありますが、登録直後から選べる広告も数多いので、まずはASPに登録して広告のラインナップをチェックするところから始めてください。

ASPを通したアフィリエイトは消費者に購入、契約をしてもらわないと報酬が発生しないためハードルが高めです。そのため、初心者のうちはハードルが低めなクリック報酬型広告を狙う選択肢もあります。

クリック報酬型広告

クリック報酬型広告は名前の通り広告がクリックされるだけで報酬が発生するため、アフィリエイト初心者向きです。広告はブログを訪れた人にあわせて自動で表示されるため、ASPのように商品やサービスを選ぶ必要もありません。

検索エンジンでおなじみのGoogleが手掛けているGoogleアドセンスがクリック報酬型広告で最も有名ですが、MicroAdやZucksなど複数の選択肢があります。近年は動画サイトのYouTubeで活躍するYouTuberが人気ですが、YouTuberの動画の広告収入にはGoogleアドセンスが使われており、ブログと媒体は違いますが収益の仕組みは同じです。

クリックされるだけで報酬が発生する、自動で広告が表示されるなどのメリットがある一方、クリック報酬型広告は報酬が低めで、大きく稼ぐのが難しいのが難点です。それこそ、100万円を稼ごうとすれば膨大なアクセスを集める必要があるため、ハードルは低いものの本格的に稼ぐためのハードルは高めです。

また、クリック報酬型広告の最大手であるGoogleアドセンスの場合、まず審査を突破しないと広告を表示できません。ASPとクリック報酬型広告は併用することもできるので、まずはクリック報酬型広告でお金を稼ぐ経験を積み、あわせてASPでの稼ぎ方を勉強するやり方もあります。

アフィリエイトの心得は

レンタルサーバーと独自ドメイン

無料ブログでもアフィリエイトはできますが、基本的にはレンタルサーバーと独自ドメインを契約してブログを立ち上げる方が無難です。

そもそも、無料ブログだとアフィリエイトが規約でできないところもあり、アフィリエイトOKであっても広告の位置など配置の自由度に難点があります。

また、規約の変更で突如としてアフィリエイトが禁止になる、理由がよく分からないブログ削除などのリスクもあり得るため、じっくり腰を据えるのであればレンタルサーバーと独自ドメインの契約で自分だけのブログを立ち上げた方が安心です。

自分がやりたいものはどれ?

アフィリエイトの手法は人によって様々で、ペラサイトと呼ばれる記事数をあえて絞ったブログを作る方法、トレンドアフィリエイトと呼ばれる旬の芸能人や事件を扱う方法などが代表的です。

それぞれの方法にメリットとデメリットがありますが、いずれを採用するにしても読者のことを真面目に考えなければいけません。高品質な記事を読んだからといって広告をクリックしてもらえるとは限りませんが、逆に低品質な記事で広告がクリックされる見込みはほぼありません。

そのため、どのような商品やサービスを売り込むにせよ、クリック報酬型広告を使うにせよターゲットをしっかりと決め、そのターゲットに満足してもらえるような記事を書くのが基本です。

大事なのは何を書くか?

中身がない記事、ターゲットとマッチしていない記事は見向きされない可能性が高く、クオリティは非常に重要なポイントです。
TOP