クラウドソーシングで副業は禁止されている? 税金に関するチェックポイントとは?

クラウドソーシングで副業は禁止されている? 税金に関するチェックポイントとは?

クラウドソーシングを利用して副業をしている人は比較的多くいます。 単価自体は低くても、生活の足しになるなら、と考えて行っている人は多いんです(;^ω^) 今回はクラウドソーシングで副業をする際の税金などについて紹介していきましょう。
クラウドソーシングを利用して副業をしている人は比較的多くいます。単価自体は低くても、生活の足しになるなら、と考えて行っている人は多いんです(;^ω^)

今回はクラウドソーシングで副業をする際の税金などについて紹介していきましょう。
クラウドソーシングの一般的なモデルは、発注者がインターネットを介してアウトソーシングしたい業務への応募者を募り、業務者を選定・依頼するというものです。

クラウドソーシングで副業をしても大丈夫?

まず、クラウドソーシングとはいえ「副業」をしても大丈夫なのかということから考えてください。サラリーマンなどの場合、副業禁止の会社も珍しくありません。

こちらでは、副業をしても大丈夫なのかについて見ていきましょう。

会社の就業規則によって変わってくる

基本的に会社の就業規則によって副業が大丈夫かどうかが変わってきます。近年は副業に関して緩くなってきた部分もありますが、それもまだごく一部です。

会社によっては「副業厳禁!」というところもあるので、副業前に就業規則を確認しておきましょう!
厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日 働き方改革実現会議決定) を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

今は政府の促進もあって副業がOKな企業が増えてきてる。でも100%ではなので自分の会社に確認が必要だね。

クラウドソーシングなら許可される会社も多い

会社によってはパートやアルバイトは認められなくても、クラウドソーシングであれば許可を貰えたという場合もあるようです。その場合は、会社に総合的な報酬金額を伝えなければいけないなどの意見もありましたね。

副業が禁止の会社でも、念のためにクラウドソーシングも禁止されているのかを聞いてみる価値はあるかもしれませんよ。

パート主婦は扶養から外れる可能性もある

クラウドソーシングの副業でも収入が増えすぎると、パート主婦は扶養から外れてしまう可能性があるので気を付けなければいけません。ちなみに、本業と副業の合計が103万円以上になると夫の扶養から外れてしまいます。

123万円を超えなければ配偶者特別控除を受けることもできますが、所得金額によっては控除額が減ってしまうので気を付けなければいけません。

クラウドソーシングで副業すると税金はどうなる?

クラウドソーシングで副業をした場合、税金関係はどうなるのでしょうか。こちらでは、税金がどうなるのかについて見ていきましょう。

20万円以上の収入があれば確定申告をしなければいけない

サラリーマンなどが副業をした場合、20万円以上の収入があれば確定申告の義務が発生します。つまり、確定申告をしなければ脱税となってしまうので注意しましょう。

ただ、確定申告をして還付金が得られたり、税金が減ったりなどさまざまなメリットもあります。面倒ではありますが、デメリットばかりではないので安心してくださいね。

会社に相談しておく

副業禁止でなければ会社に相談をすることもできます。経理などに副業の金額などを伝えると、確定申告の義務があるかどうかなど相談に乗ってくれますよ。

ただ、会社によってはそういった相談を受けていないところもあるので気をつけましょう。そういう時は出費になってしまいますが、専門家に相談してしっかり確定申告をするようにしてください。

副業は税金のことも考えて行おう

ちょっとしたお小遣い稼ぎのつもりでも副業次第では税金アップに繋がる場合があります。

結果として副業をしない方が良かった、ということにもなりかねないので税金のことも考えて副業をするようにしてくださいね(;^ω^)

意外と「結果として大して変わらなかった」という悲しい声もネット上にはいくつもあります。

クラウドソーシングで副業をしているなら税金にも注意しよう

クラウドソーシングで副業をする場合は会社で禁止されていないかを確認することが大前提です。禁止されているのに副業をしてしまうことで、就業規則違反になってペナルティを受けることもあります。

他にも税金が上がることも覚悟をしておかないといけません。税金をむやみにあげないためにも、しっかり副業後の税金についてチェックしておくようにしましょう。




TOP