在宅ワークの副業としてのライターという選択肢

在宅ワークの副業としてのライターという選択肢

働き方の多様が進んでいる流れで、実際に会社へ出勤することなく、自宅から業務を行う在宅ワークを採用する企業が増えています。毎日早起きをして、着替えて、仕事用具を準備して、満員電車で座ることもできず通勤する…というストレスや手間から解放されて、嬉しく思っている人も少なくないでしょう。

在宅ワークの副業としてのライターという選択肢

働き方の多様が進んでいる流れで、実際に会社へ出勤することなく、自宅から業務を行う在宅ワークを採用する企業が増えています。毎日早起きをして、着替えて、仕事用具を準備して、満員電車で座ることもできず通勤する…というストレスや手間から解放されて、嬉しく思っている人も少なくないでしょう。

しかしながら、働き方の多様化に伴って、収入面での昇給の機会が減ったり、場合によっては給料自体が減ってしまったという人もいるでしょう。収入は減っても毎月に生活費は変わりません。むしろ、在宅ワークによって、家の光熱費や環境を整えるための設備という出費が増えることもあります。そこで選択肢の一つに上がるのが、副業を行うかどうかということです。

最近では、副業を認める企業も増えてきています。そして、副業の中で始めやすいもののひとつが在宅ライターです。

・在宅のライターは、どんなことをするのか

ライターの仕事内容とは、企業などから指定されたテーマに沿った記事を作成することになります。例えば、国内旅行をテーマに、飛行機、新幹線、自家用車という3つのキーワードをそれぞれ5〜10回程度使用して、2000文字前後の記事を書いてください、といったようなことです。

インターネットで検索したときに出てくる情報の多くは、ライターによって書かれた情報です。ライターが手掛ける記事のテーマは、日常的な活動について取り上げたもの、最新の電化製品の内容やレビューからお役立ち豆知識情報まで、多岐にわたります。記事のテーマは永遠に尽きることがなく、まだまだ需要のある職業でしょう。

・在宅のライターになるために必要なこと

ライターになるために必要な資格や許可は特にありません。自分はライターです、と名乗ればその人はライターということになります。あとは、記事を作成するための仕事道具が必要です。それには、パソコンとインターネット環境があれば十分でしょう。

パソコンは、最新の高速CPUやグラフィックボードを搭載したハイスペックモデルである必要はありません。むしろ、見やすいサイズのディスプレイと自分にとってしっくりくるキーボードを搭載した、持ち運び可能なノートパソコンで十分です。デスクトップパソコンよりノートパソコンがおすすめでしょう。在宅ワークと言えども、ずっと家にこもりっきりで仕事をするのは息が詰まるものです。

そんな時に、ノートパソコンであれば、作業場所をカフェに移したり、ビジネスホテルで記事を書いたり、と場所を変えることによって気分転換をしながらお金を稼げるのです。キーボードの操作感も重要です。在宅のライターとして副業をする場合、長時間パソコンの前に座って、ひたすらキーボート叩き、文字を打ち続けます。

キーボードの打ち心地や配置は、作業スピードや効率に大きく影響します。ライターにとって商売道具となるパソコン選びには時間をかけると良いでしょう。

・在宅のライターはどうやって仕事を獲得するのか

副業として在宅のライターを始めるのであれば、どこかから仕事の依頼を獲得しなければいけません。そのために多くのライターが活用しているのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングとは、仕事を探している人と仕事をしてくれる人の橋渡し役となってくれる仲介サービスです。

お互いの条件が一致して契約が成立すると、ライターが報酬として得た中から数パーセントを仲介手数料として受け取ることで成り立っているサービスです。クラウドソーシングはいくつもあるので、有名なところへ登録して、気になる案件があれば応募することによって、ライターとしてデビューすることができます。

他にも、一般求人サイトで在宅のライターを募集しているところもありますので、そこから応募して始めてみるのも一つの方法でしょう。

・在宅のライターを副業でするとどれくらい稼げるのか

副業を始めるにあたって最も気になるのは、どれくらいの時間でどれくらいの稼ぎになるのかということでしょう。ライターという仕事は、獲得した案件を期日通りに納品すれば最初に約束された報酬を確実に受け取れるので、稼げる副業であると言えるでしょう。たくさん記事を書けば書くほど、その分がお金になるのです。

ライターの報酬は記事によって異なり、一文字あたり何円という文字単価で算出することができます。ライター未経験の人のスタートは、文字単価が0.1〜0.5円ほどになるでしょう。例えば、文字単価0.5円で2000文字の記事を書けば、1000円になります。

経験を積んでベテランのライターになると、文字単価が2〜3円の案件を扱うこともあります。このクラスの記事の内容は大企業や専門サイトに掲載されるようなもので、それぞれの分野に精通したライターに依頼されるようなものになります。このような記事を扱うことができるようになれば、文字単価3円2000文字の記事を一つ書くだけで、6000円になります。

ライターを本業にしている人は、一時間で2000文字ほど書く人も多くいます。副業として始めてそのレベルに到達するには時間がかかるものの、コツコツ場数を踏んでいけば着実にスピードアップして、割のいい副業となっていくでしょう。
TOP