副業が禁止されているサラリーマンはどうすればいいの?

副業が禁止されているサラリーマンはどうすればいいの?

サラリーマンの副業は基本的に禁止されていましたが、副業を推進する企業も増えてきました。そのきっかけは厚生労働省がガイドラインを作成したからで、時代に合わせて様々な働き方が登場したことも理由のひとつです。 それでも、全ての企業が副業OKになったわけではありません。就業規則で副業を禁止しているところはあるのです。現在の収入では不安があり、なんとか副業をしたいけど、会社にバレたら大事になる…そんな悩みを抱えている人は多いことでしょう。しかし、副業禁止でもできる副業はあるのです。
サラリーマンの副業は基本的に禁止されていましたが、副業を推進する企業も増えてきました。そのきっかけは厚生労働省がガイドラインを作成したからで、時代に合わせて様々な働き方が登場したことも理由のひとつです。

それでも、全ての企業が副業OKになったわけではありません。就業規則で副業を禁止しているところはあるのです。現在の収入では不安があり、なんとか副業をしたいけど、会社にバレたら大事になる…そんな悩みを抱えている人は多いことでしょう。しかし、副業禁止でもできる副業はあるのです。

そもそもサラリーマンの副業禁止違反は法的に罰せられるのか?

就業規則で決められていることは、あくまでもその会社内でのルールです。そのため、就業規則で副業禁止になっている状態で副業をしていることがバレても、法的に罰せられることはありません。ただし、その会社内で懲戒の対象になるリスクはあります。

副業禁止が厳しいのは、サラリーマンよりも公務員の方です。こちらは法的に禁止されているので、副業をすること自体が法律違反になってしまいます。ただし、その流れにも変化が起きており、地域が抱える問題に対処するという前提なら副業が解禁されるケースもあるため、社会全体が変わってきている印象を受けます。

サラリーマンが副業を禁止されている状態で懲戒対象になる状況

副業禁止になっている会社で副業をするのはリスクを抱えることになりますが、大きな声で吹聴しない限りは黙認されるケースも多いです。その会社によってどこまで認めるのかに違いはありますが、隠れて副業をしている人は多くいます。

それでは副業をすることで懲戒対象になるのは、どのような状況なのでしょうか。

分かりやすい原因としては、副業が原因で本業に支障が出た場合や会社の信用に影響があった場合です。副業をすることで、会社に迷惑をかけてはいけません。

同業他社で働くことも問題です。情報漏洩に繋がる可能性もありますし、その同業他社が利益を出した場合、自社はその利益を得る機会を損失したとも取れます。どちらにしても会社に迷惑をかける行為です。

まとめると、自分が働いている会社に迷惑をかけることになれば、懲戒対象になります。これは副業をしているかどうかに限らず、その企業に属する人なら注意しなければならない、当然のことです。

副業禁止のサラリーマンにでもできる副業

「副業禁止でもできる副業」と書くと何だか矛盾しているように見えますが、実際にそういう働き方はあります。

株式投資やFXなどは、資産運用として多くの人が行っています。アンケートサイトや覆面モニターなども、収入が得られるので副業になります。また、ブログやWebサイト運営によるアフィリエイト及び広告収入も副業として成り立つものです。

さらには、オークションサイトを活用しての転売なども、お金を稼ぐ方法としてはポピュラーなものになります。単純に不要なものを売るだけなら副業という印象は受けませんが、これがライフワークレベルで行われていると、副業と言っても差し支えないでしょう。

これらは副業と言うよりも、趣味としてやっている中で副収入が得られるという見方が強くなります。しかし、本業以外で副収入を得られるのであれば、やはり分類上は副業ということになるのです。

しかし、これらの副業で、会社の就業規則に違反することはまずありません。業務中にこれらの副業をしていたら懲戒対象になりますが、ここまで厳しくチェックして取り締まる会社は無いです。あったとしても、まれな例になります。

サラリーマンが副業をするなら会社に迷惑がかからない方法で

副業を解禁する企業も増えたことから、これを機に、副業にチャレンジしようと考える人も増えました。しかし、副業をするためには、体力と時間に余裕が無ければいけません。

収入を増やすためならある程度は仕方ないと考えている人もいますが、本業が忙しいのに副業を始めて、それが原因で体を壊してしまったら元も子もありません。また、副業をする時間を捻出するために睡眠時間を削り、本業がおろそかになってしまってもいけません。このような例が多くなると、副業に対しておおらかな会社も、改めて副業を禁止する可能性が出てきます。

サラリーマンで副業が禁止される理由は様々ですが、基本的には会社が迷惑を被る事態を避けるために禁止しているのです。それならば、副業をする側もそのような事態を避けるように心がけましょう。

まとめ

副業に勢いがつくと、本業がおろそかになるケースは多いです。せっかく副業に対しておおらかな空気ができたのですから、その空気を壊さず副業をしていけるようにしましょう。

例えば、本業の忙しさに波があり、明確に忙しい時期と忙しくない時期に分かれているなら、忙しくない時期だけ副業をする方法もあります。何をするにしても、ある程度の余裕を持った状態を崩さないことが上手くいく秘訣です。
TOP