サラリーマンyoutuberは副業として成り立つか?

サラリーマンyoutuberは副業として成り立つか?

将来のあこがれ職業ランキング上位にランクインする常連と言えばYoutuberが思い浮かびますよね。電子デバイスのスペックアップやネット環境の向上でオリジナルの動画作成や配信の難易度が下がったので、気軽に始められるツールとして人気があります。

本業を持ちながらyoutuberになるための心得

将来のあこがれ職業ランキング上位にランクインする常連と言えばYoutuberが思い浮かびますよね。

電子デバイスのスペックアップやネット環境の向上でオリジナルの動画作成や配信の難易度が下がったので、気軽に始められるツールとして人気があります。そして、それを収入源とするシステムが確立されたので、一気に人気が上がって普及しましたね。

Youtuberの中には趣味の一環でチャンネルを開設している人から、主な収入源がYoutubeの広告収入という人、また、メインの仕事は持っていて副業でYoutuerをやってるという人も少なくないでしょう。

ほとんどの人は、サラリーマンとしての仕事をしながら副業の一つとしてはじめて、軌道に乗ったところで本業に切り替えたという人が多いようです。Youtubeを始めたきっかけは人それぞれ違います。コロナの影響や世界情勢をみて世界経済の先行きが怪しく、勤め先の会社もこれからどうなるかわからない、定年まで会社がそもそも存続しているのか保証がないと考えている人は少なくありません。

それで、雇用状況や経済事情が突然変わったときにも、自分で何かしらの収入源を確保しておかなければ、と考えて副業を始めるわけです。そして、その副業の候補としてyoutubeが上がるわけですね。誰でも気軽に始めやすくなったyoutubeですが、サラリーマンが副業として始めるためには、いくつか心得ておくべきことがあります。

動画作成には時間がかかる

飽きずに見やすい動画の時間というと15分くらいがちょうどいいですよね。

ちょっとした隙間時間や休憩時間に見終えられる手軽な時間です。その15分ほどのyoutube動画を作るために、12時間もの作業時間を費やすYoutuberがいます。たった15分の動画を作るのに1日の半分も時間がかかるの!?とびっくりする人も多いでしょう。実に50倍の時間ですからね。

しかしそれが現実です。

収入源として成り立つような動画を作ろうとするなら、それなりに時間がかかることは覚悟して置かなければいけません。動画配信はスマホやカメラで撮影したビデをそのままアップロードするだけの作業ではないのです。

Youtubeで再生回数の多い動画や人気のチャンネルは、サムネイルや字幕、挿入する効果音など手の込んだ編集がしてありますよね。普段何気なく見ている動画でも、どんな編集をしているのだろうという視点で見返してみると、手間暇かけて作っていることに気付くでしょう。

つまり動画編集には時間がかかるのです。それで、サラリーマンをしながら副業でyoutubeを始めることを考えているなら、この動画編集の時間を作り出せるか考えてみる必要があるでしょう。フルタイムで朝から晩まで仕事をしているサラリーマンだと正直そんな時間はないですよね。

そういう場合は、部分的な作業を外注に出して業者を使うという方法があります。

会社にバレる可能性があることを覚えておく

Youtuberデビューをすることは、自分の動画が全世界に公開されるということはわかりますよね。当然、会社の同僚や友達、あいさつ程度の交流しかない近所の人も、あなたの動画を見ることができるわけです。

家族や友人ならまだしも、仕事の取引先関係者なども視聴者になりえます。最近では、働き方改革の一環として副業を認めたり、積極的に進める企業が増えてきているので、副業が会社にバレても特に問題ないという人もいるでしょう。

それでも、その副業が動画配信となるとちょっと気まずいとか、仕事がやりにくいといった不都合はありますよね。実はyoutuberとして活動していることを極力会社にばれないようにするためにできることはいくつかあります。

動画に顔を出すかどうかの判断

ひとつは動画に顔を一切出さないようにすることです。これなら何とかできそうですよね。あえて顔出しなしのスタイルで動画配信をするわけです。

中には仮面やマスクで顔が出ないようにしているYoutuberもいますよね。この方法ならお金や手間をかけずに身バレのリスクを減らすことができるでしょう。それでも、これは完ぺきではありません。

例え顔が出てなくても声のトーンや姿勢、歩き方だけで身近な人であれば、あれ?もしかして…なんて形で気付かれてしまう可能性も無きにしもあらずですよね。そういったリスクも徹底的に避けたいのであれば、自分は一切動画の中に登場しないようなコンテンツで配信する方法もあるでしょう。

住民税

自分の職場にyoutuberであることがバレる危険性をはらんでるのは、住民税です。副業をしていると毎年度末に確定申告を自分でしなければいけません。

その時に住民税の納付方法を選択することができるのですが、その時に「自分で納付」にしておきましょう。もう一つの選択肢である「給与天引き」を選ぶと、副業で設けた収入に応じた税金が計算されてその情報が会社に送られます。

すると、会社は自社とは違うところで収入を得ているということがわかり、何をしてるの?という結果になりかねません。それで、確定申告の住民税を納付する方法は「自分で納付」を選びましょう。

youtubeで安定した稼ぎを見込むには長期戦を覚悟しよう

昨今のブームで世界中で数えきれないくらいの人たちがyoutubeに参入しました。

テレビでおなじみの芸人さんたちも活躍してますよね。それで、これから副業でyoutuberを目指して稼ぎに繋げることは簡単ではないことは見て取れますよね。

それで、サラリーマンyoutuberを目指すならまずは本業の質を落とすことなく、副業の動画配信は少しずつ軌道に乗せていくぐらいの長期的なプランを立てて挑むといいでしょう。

最初は道具の準備や編集の外注で赤字になることも覚悟して、行く行くは黒字を目指すぐらいの気持ちが良いでしょう。
TOP