サラリーマンの副業に土日を使った週末起業を

サラリーマンの副業に土日を使った週末起業を

起業という言葉はとても堅苦しく、自分とは縁がないと感じる人が多いかもしれません。しかし、実際には思っている以上にハードルは低く、気持ち一つで始められるものです。特にサラリーマンが本業以外の副業として、まずは土日を使った週末起業からはじめの一歩を踏み出し、少しずつ大きく育てるやり方はリスクも少なく賢明です。収入を得る道を本業以外にも複数で持ちたい人にとっては、挑戦し甲斐がある試みとなるでしょう。

サラリーマンの副業に土日を使った週末起業を

起業という言葉はとても堅苦しく、自分とは縁がないと感じる人が多いかもしれません。しかし、実際には思っている以上にハードルは低く、気持ち一つで始められるものです。

特にサラリーマンが本業以外の副業として、まずは土日を使った週末起業からはじめの一歩を踏み出し、少しずつ大きく育てるやり方はリスクも少なく賢明です。収入を得る道を本業以外にも複数で持ちたい人にとっては、挑戦し甲斐がある試みとなるでしょう。

週末起業の定義

まず週末起業の定義を確認します。これまでは企業も副業を認めない事例がほとんどでしたので、いざ起業したいと一念発起した時には、本業を退職してから始めるスタイルが一般的でした。しかしコロナウイルスの影響で収益が減少した企業は特に、賃金の上乗せを見通せない事から社員の副業を認めるどころか推奨するまでになりつつあります。

週末起業とは、このように本業と副業としての起業を並行して行うスタイルの事を指します。例えば本業以外にもう一つアルバイトをする事も副業の一つですが、雇われて働いた結果として給料を得る事と、スキルと経験により自らの戦略で収益をあげる週末起業の性格は全く異なります。

メリット

アルバイトは働いた時給分しか稼げませんが、週末起業では収益の大きさもアイデア次第で本業を超す額を稼ぐ事も可能です。そしてサラリーマンにとって、やはり本業の収入が確保された状態で起業できる点も大きなメリットです。

万が一、週末起業をうまく軌道にのせられなかったとしても、一気に収入がゼロになる事はありません。また本業からの流れを生かして起業すれば、全く分からない状態で手探りの起業にならず、はじめから既に持っているスキルと経験で勝負できるので確実性も高まるでしょう。

もし週末起業の収益が本業を大きく超えるようになれば、その時点で本格的に独立するメリットもあります。

デメリット

週末起業の大きなデメリットは、何といっても限られた時間の中で取り組まざるを得ない事に尽きます。普通にサラリーマン生活を送っていても、家に帰る頃にはぐったりと疲れていてもおかしくありません。本業にはそういうエネルギーを必要とします。

その状態で週末や祝日の体を休めたい時間を利用して起業するわけですから、自分の休息や余暇のための時間はますます限られてしまいます。特に家族がいる場合には、パートナーやお子さんに理解が得られず、家族との時間がない事に不満を持たれる可能性は大きいでしょう。

いわゆるワークライフバランスを問われる可能性が高い事が最大のデメリットです。

お薦めの起業例

しかし週末起業にはデメリットをクリアさえできれば、やはり大きなメリットがあると言わざるを得ません。チャンスは広く存在しています。具体的にどういった週末起業の事例があるかを示唆する事で、自分にはどういう起業の形が向いているのかを考察する機会を提供します。  

IT系の案件受注

もし自分に本業の流れからの、もしくは趣味の延長でIT系の知識やスキルがあれば、自分を個人事業主としてITの案件を受注するスタイルが考えられます。クラウドソーシングなどに登録し、ウェブデザインやアプリ制作、システム構築や保守・管理など、企業や個人が発注しているさまざまな案件に応募する事ができます。

一件ごとに応募して案件を受注する面や、しっかりと成果を出す事で次回はより単価の高い仕事に高めていく点でアルバイトとは明確に異なります。とにかくリスクがほぼない点が最も大きな利点でしょう。  

ブログやYouTubeの運営

自分自身をブランドとして、ブログやYouTubeなどの動画配信サービスを利用して広告収入を得るビジネスモデルを確立する方法もあるでしょう。特徴としては、成果が出るまでに半年から1年と時間が掛かる事でしょう。

時勢が変化し、より副業への参入者が増えている状態では、パイの奪い合いの要素も大きくなり続けていますし、既に強い競合の堅陣を崩す事も容易ではありませんが、しっかりと戦略を立てて長期的に継続する覚悟があれば、この方法も非常にリスクの少ない起業に成り得ます。

コンサルティング

自分の本業の知識や経験を、本業とはまた別の分野で知りたいと思っている企業があれば、突出した経験を持つコンサルタントとして自分のスキルを売るという方法もあるでしょう。

中小企業診断士の資格があれば、週末限定で悩める経営者の相談に乗るビジネスもこれからますます需要があるでしょうし、ブログや動画の立ち上げやマーケティングに関するコンサルティングも大きな需要を見込めます。

習い事の提供

土日の自宅を開放したり、会議室を借りるなどによって場所を確保して教室とし、自分の特技を人に教える講座を開設する方法もあるでしょう。英語が得意であれば英会話やTOEICなどの試験対策、パソコンが得意であれば高齢者や子供向けにパソコン教室、料理やクラフトワークなどもあり得るでしょう。

自宅で可能なら費用は材料費程度で済みますし、生徒さんを集める事さえできれば、立派な週末起業に成り得ます。
TOP