在宅の副業を探すならクラウドワークス!?その特徴と評判とは?

在宅の副業を探すならクラウドワークス!?その特徴と評判とは?

日本のクラウドソーシングサービスでは日本で初めて東証マザースに上場した企業、クラウドワークス。2011年の立ち上げから一気に業界最大手に上りつめた優良企業です。 在宅の副業を探すときにまず、登録する方が多いのがクラウドワークス です。その特徴と評判について、述べていきたいと思います。

在宅の副業を探すならクラウドワークス!?その特徴と評判とは?

日本のクラウドソーシングサービスでは日本で初めて東証マザースに上場した企業、クラウドワークス。2011年の立ち上げから一気に業界最大手に上りつめた優良企業です。

在宅の副業を探すときにまず、登録する方が多いのがクラウドワークス です。その特徴と評判について、述べていきたいと思います。

クラウドワークスの特長

現在、クラウドソーシングサービスにはクラウドワークスの他にもランサーズやサグーワークス、シュフティ、ビズシーク、ココナラなど、数多くのサービスがあります。

クラウドワークスの特長を、他のクラウドソーシングサービスと比べた上で2つ述べたいと思います。

日本最大級である

クラウドワークスの最大の特長は、やはり日本最大級である、ということでしょう。検索した際の求人数は表示方法やカテゴリーの分類方法の関係もあるためかランサーズには劣るジャンルもありますが、そのカテゴリー数は豊富で、200種類以上あります。

初心者から経験者まで、幅広い層の利用者に向けた求人の案件情報の豊富さが、多くの人がクラウドワークスを利用する理由なのだと考えられます。

CWタイムカードで受ける報酬の工夫ができる

クラウドワークスに特徴的な仕組みとしてCWタイムカードがあります。

クラウドソーシングの在宅ワークにおいてありがちなのが、長時間労働になり時給の単価がかなり安くなってしまうことです。1時間100〜200円、などということもざらにあります。CWタイムカードは、利用すると仕事をしている時間を計測して時間単価でお仕事を行うことができる、というシステムです。

経験が少なく、どうしても1件1件のお仕事に相当な時間がかかってしまう初心者の方にはおすすめできる機能かもしれません。

クラウドワークス の注意点

ここまでクラウドワークスの特長について述べてきました。

さて、ここからは実際にクラウドワークスを利用した経験者の評判などを参考にしながら、利用する際の注意点にはどのようなものがあるのかについて、まとめて3つ、お知らせしたいと思います。

システム利用料が高い

クラウドワークスのシステム利用料は5〜20%で、シュフティ(10%)やビズシーク(5〜10%)などに比べると高くなっています。ただ、この額は特別に高いとは言えず、同じく最大手のランサーズもほぼ同じ手数料であり、手数料に関しては特筆すべき事項、とは言えないでしょう。

質の良くないクライアントがいる

報酬支払いの仕組みや依頼アドバイス機能、フリーランストータルサポートなど、ランサーズにはついている機能がクラウドワークスにはないため、悪質なクライアントが少ないながらも見受けられる、という評判もあるようです。パワハラ的な要求や個人情報の聞き出し、トライアル(テスト)と称して無報酬、もしくは低賃金で仕事をさせられる、などの被害ケースも残念ながらあるようです。

実際にお仕事を受注する際には契約の前にその辺りを見極める力が必要になってくるかもしれません。しかし、たくさんのお仕事を受注して実勢をあげたい、と思っている初心者の在宅ワーカーがそのような被害にあってしまうケースはなかなか少なくならないのが現状のようです。

単価が低すぎる案件がある

ライティングの場合、1文字0.1円、などという案件もあるようです。仕事内容によって単価に違いがあるのは仕方のないことですが、仕事量に対しても安すぎる、という案件もあるようです。

ただ、これはクラウドワークス に限らず、他のクラウドソーシングサービスにも当てはまることであるのが残念なところです。また、クラウドワークスの場合は先にご説明したCWタイムカードを利用するとかえって報酬が減ってしまう、というような声もあるようです。

まとめ:クラウドワークス を上手に利用して、最適な在宅の副業を見つけよう!

以上、クラウドワークスの特長と注意点について述べてきました。

業界最大手のクラウドソーシングサービスならではのメリットとデメリットがありますが、クラウドワークスには数多くの求人案件情報があるのは間違いありません。ランサーズなどの他のクラウドソーシングサービスも併用して、最適な在宅の副業を見つけましょう。
TOP