給料以外に収入を得る!広告を利用した副業の種類と注意点

給料以外に収入を得る!広告を利用した副業の種類と注意点

会社員として給料をもらっていても、収入を1本に絞るのはリスクがあります。 給料とは別に収入源を得たいと考えるなら、副業を考えるのではないでしょうか。 近年注目されているのが、広告を利用した副業です。 インターネットが普及した現代では、会社員が隙間時間を使って副業しやすくなりました。 副業にチャレンジしたいなら、広告を利用した副業の種類と注意点をチェックしておきましょう。

給料以外に収入を得る!広告を利用した副業の種類と注意点

会社員として給料をもらっていても、収入を1本に絞るのはリスクがあります。給料とは別に収入源を得たいと考えるなら、副業を考えるのではないでしょうか。

近年注目されているのが、広告を利用した副業です。インターネットが普及した現代では、会社員が隙間時間を使って副業しやすくなりました。

副業にチャレンジしたいなら、広告を利用した副業の種類と注意点をチェックしておきましょう。

広告を利用した副業の種類

広告を利用した副業は、いくつか種類があります。一般の方でもメディアを運営すれば、広告の利用が可能です。

どのような種類があり、どんな内容なのか比較してみてください。

ブログで情報発信

自信が経験した内容をもとに、ブログ運営する方法があります。例えば、転職サイトを利用し成功した経験があるなら、その内容をブログで発信するやり方です。

ブログの内容は、人生の節目に当たるものがおすすめです。恋愛や結婚、転職、引っ越しなどの分野なら、多くの方が当てはまります。お金が大きく動くのに対し、失敗が少なくないため、情報を求めている方は多くいるでしょう。

多くの方は、実体験を知りたいと考えており、ブログの情報は求められています。収入は広告を付けることで得られます。

音声メディアの運営

文章を書くのが苦手な方は、音声メディアの運営方法がおすすめです。音声メディアとは、自分が話す音声を発信するメディアのことです。

扱うジャンルは、ブログ運営と似ています。個人が体験した内容をもとに情報を発信すれば、人が集まってくるでしょう。

音声メディアもブログ運営と同様に、広告を付けると収入になります。

YouTubeの運営

映像での情報を発信したいなら、YouTubeがおすすめです。YouTubeでは一定基準をクリアすると、広告が付けられます。広告は動画の再生回数に基づき、回数に応じた収入です。

また広告以外にも、商品紹介やアフィリエイト報酬、自社コンテンツの販売もできます。商品紹介は企業と独自に提携し、企業から収入を得るやり方です。自分でコンテンツを持っているなら、YouTubeから集客しましょう。

Webマーケター

Webマーケターとは、Webに関するマーケティングを担当する人材のことです。広告運用やサイトの分析などをします。

実は、Webマーケターが求められるのに対し、人材が不足しています。専門的なスキルが必要なため、人材は多くありません。インターネットを使った作業のため、副業に向いている特徴があります。

Webマーケターとして活躍したいなら、関連会社で経験を積むことです。または独学で勉強し、簡単な業務から請け負う方法もあります。

給料以外の収入がある際の注意点

給料以外に収入がある場合は、いくつか注意点があります。特に注意が必要なのが、税金面です。最初にチェックしておかないと、脱税してしまうかもしれません。

確定申告の義務をチェック

会社員の仕事とは別に副業をやるなら、本業以外に年間20万円以上の収入になったら注意します。副業で年間20万円以上の所得がある場合は、本業とは別に確定申告が必要です。会社でやってくれる年末調整とは別に、自分で確定申告をしましょう。

脱税すると罰金を取られる

うっかりであっても脱税すれば、罰金が取られます。脱税刑罰は、最大で懲役10年・罰金1,000万円です。普通に税金を支払うより高額な金額が取られるため注意しましょう。

請求書や領収書を保存する

副業レベルがアップしたら、開業して帳簿付けをしたほうがいいでしょう。収入も雑所得から事業所得へと変更になり、経費を引くことができるようになります。経費を引くためには、領収書の整理が必要です。

また売上の根拠となる、請求書も保存しなければなりません。

副業で給料以外の収入を目指そう

給料以外の収入を目指すなら、広告を使った副業がおすすめです。一般の方でも何らかのメディアを運営していれば、広告収入が得られます。自分に何が向いているのか考えながら、副業にチャレンジしてみてください。
TOP