サラリーマンの副業の申請のやり方と許可が出る申請内容について

サラリーマンの副業の申請のやり方と許可が出る申請内容について

サラリーマンが副業をやる場合は、会社の就業規則を確認しなければなりません。 会社で副業に対し許可制を取っているなら、事前の申請が必要です。 申請をする場合は、申請から許可の流れを把握しておきましょう。 また許可が出やすい副業内容についても理解しておいてください。
サラリーマンが副業をやる場合は、会社の就業規則を確認しなければなりません。会社で副業に対し許可制を取っているなら、事前の申請が必要です。

申請をする場合は、申請から許可の流れを把握しておきましょう。また許可が出やすい副業内容についても理解しておいてください。

サラリーマンの副業申請のやり方

会社で副業が自由となっていれば、許可の必要はありません。申請制の場合や、禁止されているケースなら、申請しましょう。書類の入手方法から、記入内容、申請書の提出方法まで紹介します。

申請書を入手する

まずは、副業の申請書を入手します。会社で書類が用意されている場合もあるため、確認しておきましょう。

専用の申請書がないなら、別途自分で申請書を用意しておきます。

ネット上に公開されている申請書が多数あるので、参考にしてみてください。中には、PDFファイル等の申請書サンプルをダウンロードできるサイトもあります。項目が足りなければ、ファイルに項目を加えて使ってください。

必要事項を記載する

多くの場合、副業申請書の必要事項は決まっています。記載する内容は、副業先の会社名や住所、副業の内容です。副業の内容は、正社員やパートなど勤務形態や、勤務時間などを記載します。

ほかにも許可を得るため、副業する理由も記載しておきましょう。本業に支障がないことを誓うための文があるので、よく読んで署名や捺印をします。

会社に申請書を提出

副業をする際に、会社へ副業を内緒にするのはおすすめできません。万が一バレると、最悪の場合は懲戒処分の対象となるためです。

申請書を作成したら、担当者に提出しましょう。後は会社の審査を受けて、許可されるのを待ちます。

副業を全面的に受け入れている場合、申請書に間違いがなければ、すぐに許可が下りるはずです。申請内容に協議が必要なものや、社内の副業の割合が少ないと、多少時間がかかるかもしれません。

許可が出る申請内容

副業の申請書には、副業する内容や理由を記載します。内容によって許可が下りるか決まってくるため、確実に副業したい方は内容に注意しましょう。

本業に支障がない副業で申請

そもそも、プライベート時間を使った副業を、企業側が禁止できません。法的に禁止が認められていないため、正当な理由であれば許可される可能性はあります。

中でも、本業に支障がない理由があれば、許可の可能性が高まるでしょう。昼休みなど、短時間でできる副業なら禁止される理由はありません。また会社に損害を与える問題や、情報漏洩リスクがないこともアピールできます。

営利目的といえない副業で申請

ブログを使ったアフィリエイトや、フリマアプリの販売など、営利目的といえない副業は、許可される可能性があります。

副業自体にかける時間が少なく、金額が大きくないケースです。全面的に副業を禁止するケースでも、小規模の副業であれば許可する可能性があります。

また投資は資産運用のひとつで、副業にあたりません。不動産経営や株式投資なら、資産運用だと認められやすいでしょう。

本業のスキルアップになる副業で申請

大手企業で社員の副業を解禁する理由は、スキルアップ目的のためです。副業を許可すれば、社員自らが知識を得ようとするため、結果的に会社の業績アップにつながります。

会社によっては、副業部門を立ち上げて、積極的に教育を行うところもあります。社員の副業はマイナス面だけでなく、プラスになるケースもあるためです。

申請内容にスキルアップの内容が記載されていれば、会社側も納得できるのではないでしょうか。

サラリーマンは副業の際に許可を取ろう

サラリーマンが副業をする場合は、許可が必要か確認してください。許可がいる場合は、申請書に必要事項を記載して提出します。会社に影響がなくプラスになる申請内容なら、許可されやすいでしょう。
TOP