サラリーマンは副業禁止?副業禁止の会社でもできることってある?

サラリーマンは副業禁止?副業禁止の会社でもできることってある?

不景気の時はサラリーマンでも給与や残業代が減ってしまうこともあるでしょう。 収入が減って生活が苦しい、趣味の費用を捻出したい、そんなときに考えるのが副業です。 しかし、副業が禁止されている会社もあるでしょう。 副業禁止の会社でもできることはないのでしょうか。
不景気の時はサラリーマンでも給与や残業代が減ってしまうこともあるでしょう。

収入が減って生活が苦しい、趣味の費用を捻出したい、そんなときに考えるのが副業です。

しかし、副業が禁止されている会社もあるでしょう。副業禁止の会社でもできることはないのでしょうか。

会社員の副業禁止って絶対なの?

会社員の中には余暇やスキマ時間を利用して副業をしている人も珍しくありません。しかし、就業規則で副業が禁止されている会社もあるでしょう。副業禁止は絶対守らなければいけないのでしょうか。

副業禁止の会社で副業がばれるとどうなる?

副業の規定は会社によって違います。

副業が認められている会社もあれば、長時間労働になることやスキル流出のリスクから副業を禁止している会社もあるでしょう。会社が副業の禁止を就業規則で定めることは法律違反ではありません。

一方で副業禁止の会社で副業をしたサラリーマンも法律違反にはなりません。しかし、就業規則違反にはなるため、警告や懲戒などの処分対象になる可能性はあるでしょう。降格や謹慎などの処分が下されることもあるので、注意が必要です。

どうして副業がばれてしまうの?

こっそり始めたはずの副業がばれてしまうのは、住民税の額からです。副業で一定額以上稼ぐと確定申告が必要です。

住民税の額は本業に副業を合算した額で計算されているため、会社に住民税の通知が届いた場合、給料と民税の額が合わないことによって他の収入があることがバレてしまうのです。

副業禁止でなくても副業の収入額を住民税で知られるのが嫌という人もいるでしょう。そのような場合は確定申告書の「住民税に関する事項」の「給与から差引き」か「自分で納付」という項目の「自分で納付」をチェックします。

自分で納付する特別徴収にすることで、住民税からバレることはなくなります。

副業禁止の会社で儲けたいときは?

勤め先が副業禁止だから諦めるという人はちょっと待ってください。副業禁止でも収入を得られる方法はあります。どのような方法があるのでしょうか。

資産運用

副業禁止といった場合、一般的に株式投資やFXなどの投資は副業に含まれません。投資はあくまで資産運用の一環なので、資産管理について会社が介入することはないでしょう。

また株式投資の場合特定口座源泉徴収ありを選択しておけば、原則確定申告が不要。税金を差し引いた額が利益として残されます。

フリマアプリ

リサイクルショップを立ち上げて仕入れから売上まですれば、事業にあたるため副業として扱われます。

しかし、フリマアプリなどで不用品を販売する場合は、事業に当たりません。家にある不用品を売却すれば不用品の掃除になるうえに、収益になります。もうすでに使っていない品など、不用品がないか調べてみましょう。

ポイントサイト

スキマ時間でできるポイントサイトも簡単にスタートできる副業として人気があります。ポイントサイトは空き時間を使ってアンケートを受けるだけなので、比較的簡単です。

ポイントサイトは好きな時間で負担なくできる手軽な副業ですが、単価はあまり高くありません。月に数千円程度が目安といわれています。。

ちょっとした休憩時間の暇つぶしにポイントサイトを使って稼いでみましょう。

何のための副業なのか考えてから選ぼう

副業をするときには必ず勤務先の就業規則を確認しましょう。本業をこなして、さらに副業までするとなれば体力面や気力面でも不安があります。睡眠部族や疲れが原因で本業に差し障りがあるのであれば、副業は諦めるようおすすめします。

体力に時間がないという人は、自宅がメインの仕事を探しても良いでしょう。インターネットの発達によって、人々の働き方も変わってきています。自分に合った副業を見つけましょう。
TOP