Amazonアソシエイトの審査は厳しい? どんなサイトが審査落ちとなっているのか?

Amazonアソシエイトの審査は厳しい? どんなサイトが審査落ちとなっているのか?

Amazonアソシエイトプログラムを利用するためには、審査に合格する必要があります。 審査と聞くと、若干身構えてしまいますよね(;^ω^) 私もやましいところがないのに、なぜかビクビクしてしまいました。 今回はAmazonアソシエイトの審査について見ていきましょう!
Amazonアソシエイトプログラムを利用するためには、審査に合格する必要があります。審査と聞くと、若干身構えてしまいますよね(;^ω^)

私もやましいところがないのに、なぜかビクビクしてしまいました。今回はAmazonアソシエイトの審査について見ていきましょう!

Amazonアソシエイトの審査をクリアするためには?

Amazonアソシエイトの審査をクリアするためには、何が必要なのかをチェックしていきましょう。これから審査を受けようと考えている人は、復習の意味でも参考にしてみてください。

アカウントを作る

当然ながら、Amazonアカウントを作らないと申し込みが出来ません(;´・ω・)

アカウント作成にメールアドレスが必要ですが、独自ドメインメールアドレスを用意しましょう。フリーメールでも合格した人はいますが、フリーメールだと合格しづらいという噂もあります。

あくまで噂なので事実かどうか分かりません(;´・ω・)

念のために独自ドメインでメールアドレスを取得しておいた方がいいかもしれませんね(;^ω^)

Amazonプライムへの申し込み

Amazonアソシエイトプログラムを利用する場合、Amazonプライムへの申し込みは結構大事です。Amazonプライムに申し込むことで審査に通りやすくなると言われています。

Amazonプライムに申し込むということは、Amazonの利用者ってことになりますよね。もしかしたら、お得意様は無下にできないという意味があるのかもしれませんね(;^ω^)

ちなみに、30日のプライム無料体験があるのでこれに登録するだけでもいいですよ。

審査に合格した後、退会してもお金はかからないのでおすすめです。

Amazonで商品購入

Amazonで商品を購入するということも大切なプロセスのようです(;^ω^)

確かにAmazonでの購入歴がない人のアカウントなんて、信用して下さいって言っても無理ですよね。近年は偽アカウントなどの問題もあるので、信用してもらうためにも買い物はしておきましょう。

Amazonアソシエイトプログラムで審査落ちする例とは?

こちらでは、Amazonアソシエイトプログラムで審査落ちする例について見ていきましょう。どんな部分が審査落ちの理由になるのかチェックして、万全の状態で申し込みをしてくださいね。

作成したばかり

基本的に作成したばかりのサイトやブログでは審査が行えません。長い間更新がない、コンテンツが少ないなども当てはまるので気をつけてください(;´・ω・)

サイト自体にオリジナリティーがないと審査落ちの原因にもなるようですね。

身元情報が不十分

住所が完全ではない場合、架空の住所であることなどで身元がはっきりしない場合も審査落ちの原因となっています。

電話番号が完全ではない場合も、身元不十分に当てはまるようです(;´・ω・)

サイトの目的が不明瞭

サイトの目的が不明瞭である場合も審査落ちの原因となっています。例えば年齢制限など、閲覧規制のあるコンテンツを含んでいる場合なども当てはまります。

基本的に全年齢推奨のサイトじゃないと審査をクリアすることが出来ないと言えるでしょう。

他にもありがちなミスとして入力URLに不備があって、サイトを確認できないというものもあります。初めて申し込みをする人にありがちなミスなので、しっかりURLを確認してから申し込みをしてくださいね。

更に、サイトの説明が不十分な場合もこれに当てはまるので気をつけましょう。
ウェブサイトのコンテンツは直近のもの (一般的に 60 日以内に更新されているもの) である必要があります。ウェブサイトの運営主体があなた自身である必要があります。

しっかり審査対策をしてAmazonアソシエイトに申し込もう!

Amazonアソシエイトはそれぞれのポイントをしっかり確認することで審査落ちのリスクは減ります。

ちょっとしたミスなどで審査落ちとなってしまうのは勿体ないので、なるべくミスがないよう確認をしてから申し込みをしてください。

ネットの意見などを見ると、しっかり確認をすることで1発合格が出来たという人もいるので、過剰に身構える必要はないですよ!
TOP