副業でECサイト運用のメリットやデメリットとは?

副業でECサイト運用のメリットやデメリットとは?

副業でECサイト運用をしている人は、意外と多いです。 趣味が高じてECサイトを運営している人は、SNSなどで検索をすればかなりの数を見つけられます。 ちなみにECサイトはモール型と自社型に分けられます。 企業参入しいているショッピングサイトをモール型と呼び、自社運用のショッピングサイトを自社型と呼びます。 今回は副業でECサイトを運用する際のメリットやデメリット、必要な機能などチェックしていきましょう。
副業でECサイト運用をしている人は、意外と多いです。

趣味が高じてECサイトを運営している人は、SNSなどで検索をすればかなりの数を見つけられます。ちなみにECサイトはモール型と自社型に分けられます。企業参入しいているショッピングサイトをモール型と呼び、自社運用のショッピングサイトを自社型と呼びます。

今回は副業でECサイトを運用する際のメリットやデメリット、必要な機能などチェックしていきましょう。

ECサイトの運用のメリット

こちらでは、ECサイト運用のメリットをチェックしていきましょう。どんなメリットがあれば、ECサイト運用者がこれほど増えているのでしょうか。

インターネット社会となっている現在ならではのメリットが多くあります。

時間と場所に左右されない

インターネット上で買い物ができるもの、それがECサイトです。インターネットさえあれば、すべて買い物が完結します。日中は仕事で買い物ができない人も、ネット環境さえあれば24時間いつでも買い物ができるのです。

そのため、時間と場所に左右されずに買い物ができることがECサイトのメリットでしょう。買い物をする側だけではなく、運用者側にとってもメリットです。

購入者同様、ネット環境があればいつでも出品や在庫管理などをすることができます。

ECサイトならではの機能がある

ECサイトのメリットとして、定期購入宇機能やクーポンなどがあります。インターネット上で買い物が完結するため、対面の接客はありません。そのため、集客は難しいと考えられがちですがクーポン券の発行、定期購入者へのメリットなどインターネット上だからこそできる機能が多くあるのです。

更にメールマガジン機能などもあります。

時間帯などによるセール価格設定なども利用者にとっては嬉しいポイントです。対面式のショップにもメリットがあるように、ECサイトならではのメリットもあるのだと覚えておきましょう。

初期費用が低い

実際に自分の店を構えるとなると、人件費や初期費用などでとんでもないことになりますよね。でもECサイトはネット上の店なので実店舗のような負担はありません。つまり、初期費用をはるかに抑えることができるのです。

テナント料代わりの月額料金などは必要になりますけど、実際に店を構えることを考えるとかなり費用を抑えることができます。

ECサイトは自分で運用できるものがほとんどなので、人件費などもかかりません。

ECサイトの運用のデメリット

こちらでは、ECサイト運用のデメリットについて見ていきましょう。メリットだけを見れば「デメリットなんてあるの?」と思ってしまう人もいますよね。でも、ECサイトならではのデメリットというものもあるんです。

こちらでは、どんなデメリットがあるかチェックしてみてください。特に、これからECサイト運用を検討している人はチェックしておかないと失敗の可能性が出てきます。

サイト運営のノウハウが必要

詳しくなる必要はありませんが、最低限のサイト運営に関するノウハウは必要です。これはモール型、自社型問わずと考えてください。どちらにも最低限のHTMLやWEBページ作成の知識が必要だからです。

写真撮影スキル、メールマガジン発行時のライティング能力などさまざまなスキルが必要です。どれかに特化していなくても、ECサイトを運用する上で最低限のスキルは得ておくようにしましょう。

最初は出来ないと思っていても、いろいろと苦戦することで慣れてくることもあります。

実際にしてみて得られるスキルもあるのです。

集客コストがかかる

当然ながら、最初からお客さんがたくさん購入してくれるわけではありません。ECサイトのデメリットとして、集客コストがかかるという部分があります。モール型と自社型で若干集客コストは変わってきますが、それでも不要というわけではありません。

大手モール型では価格競争、自社型の場合は広告配信などで集客を得るなどが一般的です。ECサイトは初期費用が掛からない分、集客コストがかかりがちという意見も多くあるようです。

軌道に乗るまで時間がかかる

集客面を考えて、ECサイトは実店舗と比較すると軌道に乗るまでに時間がかかる傾向があります。SNSなどで集客する方法もありますが、それを見てもらえるまでに時間がかかるのです。

ECサイトは数多くあります。

それぞれジャンルが異なると言っても、ライバルゼロのジャンルなんてありません。そのため、ECサイトを運用しても自分のネットショップを見てもらえるまで時間がかかるのです。

ECサイトに必要な機能とは?

こちらでは、ECサイトに必要な機能について見ていきましょう。さまざまな機能が必要ですが、その中でも欠かせないものについて紹介していきますね。

これからECサイトを運用する人は、欠かせない機能がなんなのかをチェックしてください。

ショッピングカート

ECサイト運用の上で欠かせないものです。ネット上で買い物をする上でショッピングカートは欠かせません。

単なるカート機能だけではなく、ユーザーの購買行動を促すような機能を心掛けましょう。例えば選んだものから『こちらはいかがですか?』などの画面が出るものがありますよね。

自分では見つけられなくても、ショッピングカートで決定する段階でおすすめ商品を表示されたら買ってしまうという人は意外と多いです。コンビニのレジのところにあるお菓子のようなものですね。

普段、自分では目に留めないようなお菓子でも、ふとレジのところで目にすると買ってしまいますよね。そういう気持ちにさせるのが購買意欲を促すということです。

セキュリティ

購入者は住所やクレジットカード番号などを入力することになります。そのため、個人情報が抜き取られないようにセキュリティはしっかりとしないといけません。

セキュリティが杜撰なECサイトの場合、どれだけ購買意欲をそそられる商品があっても顧客は遠ざけてしまうからです。

集客サービス

自分のECサイトに人を集めるためにはどうすればいいのか、をしっかりと考える必要があります。大幅な値下げをしても長くは続きません。値下げはあくまで一時的な要因にしかならないのです。

値下げだけにこだわらない集客サービスを考えないと、ECサイトを軌道に乗せることはできないでしょう。ECサイトの広告機能や独自の連携機能などを利用することで集客につなげられる可能性があります。

副業でECサイトをする際にやるべきことは?

こちらでは、副業でECサイトをする際にやるべきことについて見ていきましょう。どうすればECサイトで成功することができるのか知りたい人は多いですよね。

まず、ECサイトを運用する前に何をするべきかチェックしていきましょう。

コンセプトを決める

当然ながらECサイトのコンセプトを決めてください。何を提供するためにECサイトを運用するのか、ということです。

さまざまなものを扱うバラエティに富んだECサイトもいいですが、少しだけ弱いんです。オールマイティに扱っているところより、何かに特化したECサイトの方が成功しやすいと言えます。

ただ、コンセプトを決める時に勘違いしないでもらいたいのが人気ジャンルに乗っからないことです。人気ジャンルに乗っかることで一時的な軌道に乗せることは可能かもしれません。しかし、人気が廃れてしまうと一気に衰退してしまいます。

そのため、無理をせずに自分ならではのコンセプトを決めるようにしましょう。

商品のラインナップを考える

コンセプトを決めた後は、商品のラインナップを考えましょう。マイナー系の商品ばかりを集めてしまうと、コアなファンはつくかもしれません。しかし、軌道に乗せるまでには定番系の商品を扱うよりはるかに長い道のりになります。

ただ、マイナー系の商品でもしっかりアピールすることができるなら問題はありません。プレゼン能力が高ければ、商品の魅力をしっかりと伝えることができるはずです。

アピールやプレゼン能力に不安がある人は、あまり珍しい商品は扱わない方がいいかもしれません。でも、定番系ばかりだと他のECサイトとの区別化ができない場合があります。

定番系に寄りすぎるのも、マイナー系に寄りすぎるのも良くないということを覚えておきましょう。

開業届

副業としてECサイト運用をするなら、1ヶ月以内に税務署に開業届けを提出しましょう。副業としてネットショップなどをする場合は、開業届けを提出しなければいけないのです。国税庁のウェブサイトからダウンロードすることができるので、わざわざ税務署に書類をもらいにいく必要はありません。

ダウンロードした書類をプリントアウトして記入と捺印の上、郵送もしくは持参していきましょう。副業開始後は結構忙しくて開業届けを忘れがちになってしまいます。そのため、なるべく早めに提出しておくことをおすすめしますよ~。

特に、ネットショップなどは在庫管理や商品発送など忙しいことがたくさんあります。後回しにしておくと「あ、忘れてた!」ということになりかねません。

……ちなみに私は忘れて慌てて提出しにいきましたけどね。

自分は大丈夫! と思っていても、結構忘れがちになるものなので後回しにしない方がいいですよ~。

副業でECサイトを運営してみよう

副業でECサイトを運用している人は多くいます。興味がある人は、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。ただ、メリットやデメリットがあるのでしっかり覚えておくことをおすすめします。

最初は分からないことばかりかもしれませんが、いろいろと試していくうちに楽しくなりますよ。ネット上とはいえ、自分だけの店が完成していく様は楽しいの一言に尽きます。自分の好きなものなどを集めて販売する人もいれば、ハンドメイド作品を販売する人もいます。

自分だけの、自分らしい店に仕上げることができるのもECサイトの魅力と言ってもいいでしょう。
【MakeShop】業界No.1ネットショップ構築サービス
≪特徴≫
・15日間の無料体験
・8年連続流通額No.1・機能数、業界No.1
・低コスト
・販売手数料0円
・充実した安心サポート
・徹底したサーバー管理で安定稼働
・プレミアムプラン以上10,000店舗超の導入実績
・圧倒的な集客力とSEO機能
TOP