サラリーマンの副業が禁止される理由とは?

サラリーマンの副業が禁止される理由とは?

サラリーマンの方が副業をやるなら、会社の就業規則を確認しなければなりません。 多くの企業が社員の副業を禁止しているのは、理由があります。 なぜ、サラリーマンの副業が禁止されているのか、理由を知っておきましょう。 理由がわかれば、会社に認めてもらいやすい副業の種類が理解できます。 また副業の注意点や、会社にバレない対策も知っておいてください。
サラリーマンの方が副業をやるなら、会社の就業規則を確認しなければなりません。多くの企業が社員の副業を禁止しているのは、理由があります。

なぜ、サラリーマンの副業が禁止されているのか、理由を知っておきましょう。理由がわかれば、会社に認めてもらいやすい副業の種類が理解できます。また副業の注意点や、会社にバレない対策も知っておいてください。

サラリーマンの副業が禁止される理由

世の中ではサラリーマンの副業を許容する動きに変わってきています。それでも、会社は理由があって社員の副業を禁止することがあります。サラリーマンは会社のために働いているため、禁止する理由を知っておいてください。

本業に支障が出るリスク

サラリーマンが副業をすると、長時間労働になる恐れがあります。会社が終わってから副業をしなければならず、睡眠不足や過労につながりやすいでしょう。

十分な休息が取れていない状態で出社すれば、本業に支障が出る恐れがあります。副業に力を入れすぎれば、会社に遅刻する可能性も出てくるでしょう。体を壊し、本業ができなくなっては、本末転倒なのです。

情報漏洩の恐れ

サラリーマンの副業は、会社の情報漏洩リスクがあります。会社に勤めていれば、独自のスキルやノウハウを吸収しているものです。

本人は情報漏洩しているつもりはないかもしれません。それでも、知らないうちに会社の情報を副業に使っている可能性があります。会社にとって情報漏洩は大きな問題で、トラブルに発展するかもしれません。

会社の信用を落とす恐れ

会社にとって社員は、会社のイメージを左右します。社内でのことなら管理できますが、社員のプライベートな時間まで監視はできません。

副業で社員が世間に反する行為を行ったら、会社のイメージダウンになります。会社に勤めている以上、その社員は会社と関わりを断てません。

サラリーマンが副業する際の注意点

サラリーマンが副業をするなら、会社で許可しているか確認しましょう。禁止されていない場合でも、うっかり周りの人に話してトラブルに発展する恐れもあります。

会社の就業規則を確認する

まずは、会社の就業規則を確認し、副業が禁止されていないか調べましょう。副業が許可されている会社でも、細かいルールが記載されている場合があります。

副業が自由であれば、常識の範囲内で副業ができます。本業に支障がある内容や、会社に損害を与える方法は避けなければなりません。

副業が許可制になっている場合は、会社への申請が必要です。会社が副業の内容をチェックし、本業に影響がなければ許可されます。

会社の人間への発言に注意

会社で副業が許可されていたとしても、周りの人間に言うかは別です。社内全体が副業にオープンな様子があるなら、話しても問題はないでしょう。

会社によっては、副業を思わしくないと考えている場合があります。許可していても、マイナスの感情を持つ人が多いなら、内緒にしておきましょう。飲み会や日常会話で、うっかり副業の話をしないよう気を付けてください。

副業が会社にバレない対策

何らかの理由で会社に副業を知られたくない場合は、対策しましょう。事前に対策しておけば、バレる可能性を減らせます。

副業の住民税に注意する

会社は社員の税金を管理しなければならず、役所に届け出を出しています。副業をしている場合は、会社と副業の住民税が合算され、会社にも通知がいくでしょう。本来の収入よりも多い住民税の請求があると、会社に副業がバレる恐れがあります。

副業を会社に知られたくない場合は、副業の確定申告で対策してください。住民税の納付を、自分で納付を選べば、会社に知られる可能性が低くなります。

副業とされないものを選ぶ

副業とされない内容であれば、会社にバレるリスクは減ります。投資は副業扱いではないため、就業規則に左右されません。

または趣味程度で、少額の副業であれば、会社に認められる可能性があります。会社で副業が禁止になっていても、内容によっては相談してみてください。

サラリーマンは副業禁止に注意しよう

サラリーマンは、会社の副業禁止に注意しましょう。そもそも法的に会社側が全面禁止にすることはできません。就業規則で禁止されている場合でも、相談すれば許可される可能性はあります。
TOP