YouTube収益化のためには審査申請が必要!どんな動画が求められているのか?

YouTube収益化のためには審査申請が必要!どんな動画が求められているのか?

YouTube収益化のためには審査申請が必要!どんな動画が求められているのか?
YouTubeは誰でも簡単に収益化出来ると思っている人もいるかもしれません(;´・ω・)

でも、実際に収益化を実現させるためには結構な努力が必要になるのです。今回はYouTube収益化のために必要な申請について見ていきましょう!

YouTube収益化のためには申請が必要

YouTube収益化のためには、審査に申請しなければいけません。審査をクリアしないと収益化に繋がらないのです。

ちなみに直近12ヶ月の総再生時間が4,000時間、チャンネル登録者が1,000人という条件もあるので収益化したくても現状で出来ていない人も多いのではないでしょうか。

オリジナリティのある動画をアップしよう

大前提条件の他に、オリジナリティのある動画をアップする必要があります。YouTubeを見れば、アニメやドラマなどを流しているところもありますが著作権違反となっています。
そのため、著作権違反をしている動画は収益化が出来ないのです。

ただ、オリジナリティのある動画をアップと言っても炎上系はあまり褒められたやり方ではありません。誰かに迷惑をかけるような動画は審査をクリアできるとは言えないからです。

テキスト動画などはアップしない

掲示板などの情報をそのままテキスト動画としてアップしている人もいますが、ああいった動画は収益化の対象外となります。

基本的にコピー&ペーストでテキストをスクロールさせるものは、どれだけ再生時間があっても収益化に繋がりません。

著作権侵害コンテンツをアップしない

先述したように著作権侵害コンテンツをアップしても収益化にはつながりません。なぜなら、オリジナリティがあるわけではなく「他人の商品で商売をしている」ようなものだからです。

著作権侵害コンテンツは削除されたりすることも多いので、基本的にアップしないことをおすすめします。
著作者が、自己の著作物の複製・翻訳・放送・上演などを独占する権利。知的所有権の一つ。

YouTube収益化のための審査について

こちらでは、YouTube収益化のための審査について見ていきましょう。申請から結果までどのくらいの時間がかかるのかなど不安に思っている人は多いですよね……(;´・ω・)

審査期間は?

基本的に審査完了までの目安期間は1週間と言われています。審査に関しては視聴回数の多い動画が優先されて審査されると言われています。

ある程度早めに審査通過したい場合は人気投稿者になってからの方がほぼ確実と言えるでしょう。審査導入されたころは1ヶ月などがかかっていたようですが、最近は1週間前後が目安のようですね。

審査に通っても収益化を外されることがある?

審査を通過しても収益化を外されたというケースもあります。これはアダルトコンテンツが発覚など、不適切な動画が見つかった場合などに起こるようです。

基本的に規約に違反していなければ問題ないので、規約を見る習慣をつけるようにしましょう。

審査基準は変わることもある?

審査基準はずっと同じというわけではありません。現在の条件がずっと続くわけではなく、今後は審査条件などの変更もありえるでしょう。状況などに合わせて審査基準などは決められているからです。

そのため、審査に通過した後も気づかない間に違反をしないよう規約を確認しておく習慣をつけておくといいかもしれませんね。

極端に言えば先月までは認められていたことが、今月からは出来なくなったという可能性もあるからです。

YouTube収益化のために審査をクリアしよう!

YouTube収益化のためには、審査をクリアしなければいけません。しっかり自分のチャンネルが審査をクリアできるか見極めてから申請するようにしてくださいね。時期によっては審査期間が長くなる場合もあります。

特に今は新型コロナウイルスの影響でリモートワークなどが推奨されています。

そういった関係でさまざまな業界で影響が出ているので、今は申請しても審査完了までに時間を要することがあると覚えておきましょう(;´・ω・)
TOP