プログラミングを副業にするためには? 資格は取得しておいた方がいい?

プログラミングを副業にするためには? 資格は取得しておいた方がいい?

プログラミングを副業にする、という人も多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルスのこともあり、在宅ワークへの注目度が増しています。 今回は副業でプログラミングを検討している人が覚えておきたいことについて紹介していきましょう(`・ω・´)
プログラミングを副業にする、という人も多いのではないでしょうか。新型コロナウイルスのこともあり、在宅ワークへの注目度が増しています。

今回は副業でプログラミングを検討している人が覚えておきたいことについて紹介していきましょう(`・ω・´)

プログラミングを副業にすることはできる?

こちらでは、プログラミングを副業にすることはできるのかということを見ていきましょう。これからプログラミングを副業にしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)

未経験でも可能

結論から言えば、未経験でも副業でプログラミングをすることはできます。クラウドソーシングなどでは、副業でプログラミングをしてくれる人などが募集されています。案件によって難易度などが変わってきます。

そのため、自分のレベルに合わせたプログラミングの仕事を受けることができます。

どれだけ稼ぐことができる?

はっきり言って案件によって報酬は変わってきます。本業の片手間で考えるならば、1万円以内の案件がメインとなることが多いようです。逆にやりやすい金額と言ってもいいでしょう。

金額が大きくなればなるほど、責任も大きくなっていきます。

1万円以内の案件に責任がないとは言いませんが、デビュー案件としては最適と言えるでしょう。

初期費用が高額って本当?

プログラミングを副業にするなら、環境周りをしっかりしなければいけません。性能に問題がなければ、手持ちのパソコンで問題ありません。

zoom等を使った打ち合わせが必要な場合は、顔を写すためのカメラやマイク、ヘッドセットが必要になります。

既にパソコンの環境が整っている場合は問題ないのですが、これから環境を整えるとなると初期費用が高くなる可能性がありますね(;^ω^)

プログラミングを副業にするなら資格が必要?

こちらでは、プログラミングを副業にする場合は資格が必要なのかを見ていきましょう。プログラミングをする上で覚えておきたいことも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

必ずしも資格が必要ではない

結論から言えば、必ずしも資格が必要とは言えません。資格があればクライアントが、あなたの実力を測りやすいというだけですね。

資格を有していることで、依頼が安定しやすい、高額報酬の依頼をしやすい可能性があります。

しかし、資格がなくてもプログラミングの副業を成功させている人は多くいるのです。
via pixta.jp

独学で学んでいる人も多い

プログラミングに関する知識は、独学で学んでいる人も多いです。そのため、資格の有無は軽視するべきではありませんが重要視する必要もありません。

企業に応募する場合であれば、資格の有無は重要となるでしょう。

ただ、副業の場合は資格の有無は問わずに募集している案件も多くあるので安心してください。

資格があるメリットは?

プログラミングを副業でする場合、資格のあるメリットとはどんなものがあるのでしょうか。それは、相手から評価されやすいというメリットがあります。

どれだけ自己アピールをしても、それを証明するものがありません。

資格を有していることで、あなた自身のスキルを証明できるメリットがあるのです。
料金
・いつでも気軽にはじめることができて入会金は0円!
・月額9,800円のサブスクリプション型プログラミングスクール

プログラミングを副業にする場合は資格だけにこだわらないようにしよう

プログラミングを副業にする場合は、資格の有無にはこだわらないようにしましょう。資格がなくてもプログラミングを副業にすることはできます。

資格がなくても経験を積み重ねることで、自分のスキルを少しずつ高めることができるのです。

ただ、自分のスキルを証明した、もっと本格的に学びたいという人は資格取得を検討してもいいかもしれませんね(^_^;)

自分がどの程度のプログラミングをしたいのかによって変わってくるのだと考えましょう。
TOP