副業が解禁になったサラリーマンに最適なプラットフォームはランサーズ

副業が解禁になったサラリーマンに最適なプラットフォームはランサーズ

一昔前であれば正社員の副業を認めなかった日本企業も、コロナウイルスによる情勢の変化により、副業を許可する動きがさらに加速しています。これからはサラリーマンであっても余暇や週末を利用した副業に取り組む姿が今よりも一般的になるかもしれません。サラリーマンにとっては、業務で培ったプロとしての経験を副業に生かす事が他者との差別化になりますね。自分の強みを最大限に発揮する副業を開始できる場の一つがランサーズです。

副業が解禁になったサラリーマンに最適なプラットフォームはランサーズ

一昔前であれば正社員の副業を認めなかった日本企業も、コロナウイルスによる情勢の変化により、副業を許可する動きがさらに加速しています。これからはサラリーマンであっても余暇や週末を利用した副業に取り組む姿が今よりも一般的になるかもしれません。

サラリーマンにとっては、業務で培ったプロとしての経験を副業に生かす事が他者との差別化になりますね。自分の強みを最大限に発揮する副業を開始できる場の一つがランサーズです。

ランサーズは依頼主と働きたい人のマッチングサイト

ランサーズとは多種多様な仕事を依頼したい企業や個人とそれを受注したい個人に、安全かつ信頼できるマッチングを提供するクラウドソーシングサービスです。働きたい個人が事前に開示している経験や実績、スキルの情報を参考に、依頼主は世界中から登録されている優秀な受注者を探せます。

個人情報を扱うサイトなので、登録時と登録後のダブルチェックで秘密保持を徹底し、調査秘密保持確認マークで安全を担保するなど、受注者側のウイルス対策も含めて積極的にセキュリティ強化に関わっています。またコミュニケーション面でも、個人でもチームでも大型案件や継続案件を受注できる自由さがある上、電話などで直接連絡できる柔軟なやり取りが可能という安心感もあります。

例え双方にトラブルが生じても、ランサーズが間に入って解決するための相談窓口が24時間対応しており、同時に支払い面では特にトラブルを未然に防ぐ仕組みも提供しています。

プロのスキルを生かせる仕事の種類と価格

ランサーズのサイト上で、安全かつ信頼できるマッチングのためのプラットフォームを利用して依頼できる仕事には、さまざまな種類があります。実際はとても細かくジャンル分けされていますが、ランサーズが例として提示している参考価格と一緒に大まかにカテゴライズします。

1. コンサルティング

本業や趣味で培った経験や知識を生かしたコンサルティングは、起業や経営に関するもので15~30万円、ブログなどのマーケティングで 10~20万円、 社員採用・育成や労務コンサルティングで5~10万円が相場です。

2. 事務作業

パソコンを使用した作業に関する相場は、営業資料やマニュアルなどパワーポイント作成で3~10万円、 データの入力や集計作業などのエクセル作成で3~5万円ほどです。

3. システム開発・運用

ITの知識や経験があれば以下のような案件がこれらの相場で受注できるでしょう。

・ソフトウエア・システム開発 2~80万円
・エクセルでのマクロ・VBA開発 3千~20万円
・ネットワーク構築 3~10万円
・データベース設計 30~80万円
・アプリ開発 7~200万円

4. ライター

文章に自信があれば、ブログ記事作成で0.5~5.0円/文字、 メールやメルマガの作成代行で2~4万円、台本や小説のプロットやシナリオ作成で5千~5万円/Web小説1話、インタビュー・取材の執筆で 2.0~5.0円/文字などが相場です。

5. デザイン制作

クリエイティブな案件も多数あります。ロゴ作成で2~8万円、イラスト作成なら3~5万円、LINEスタンプ作成で2~8万円、販促チラシやフライヤー、DMの作成で6~10万円、名刺作成で1~5万円が主な相場です。

6. 写真・動画

写真撮影や動画編集分野では以下のような案件と相場です。

・YouTubeなど動画制作・編集 5~50万円
・出張撮影、商品撮影 5千~2万円
・画像のレタッチ・文字入れなど 100~5千円/枚
・マンガ・絵本作成 1~3万円/ページ
・作曲・音源制作 5千~5万円
・動画ナレーションやゲーム用音声など 5千~3万円/1~3分

7. Web制作

もしプログラミングが得意であれば、ホームページ作成で5~40万円/1~10ページ、WordPress制作で5~20万円/1~10ページ、コーディングだと5千~10万円が相場です。

8. 翻訳・通訳

英語や中国語、韓国語が得意であれば、翻訳・通訳を2.0~8.0円/ワードという相場で受注が可能です。

案件の受注までの流れ

ランサーズでは、依頼主が希望に応じてさまざまな形で受注者を募る事が可能です。まずはプロジェクト型と呼ばれるスタイルでは、特にシステム開発やアプリ制作などの単発の依頼に対して提案や見積もりを募り、応募者のプロフィールなども加味して、よりスキルや経験のある受注者を選ぶ事が可能です。

もし単発ではなく継続して依頼する案件であれば、プロフィールなどから受注者を吟味して選ぶ求人募集型が適しているでしょう。またデザインやイラスト制作などのクリエイティブな案件の依頼では、実際の作品を募集してその中からベストな候補を選ぶコンペ型も適用が可能です。そして特に専門的なスキルを必要としない単純作業を複数の受注者に依頼したい場合は、タスク型と呼ばれる募集がなされます。

プロフィールのしっかりしたサラリーマンが副業に乗り出せば、事務作業からIT系、デザイン、翻訳など、本業からの延長で即戦力のスペシャリストとして、すぐにでも案件を受注できるでしょう。ランサーズはそうした身元のしっかりした専門スキルの高い人材をマッチングさせるには、最適なプラットフォームといえるでしょう。
TOP