WEBでできる在宅副業とは?自分に合ったWEBの仕事を探す方法は?

WEBでできる在宅副業とは?自分に合ったWEBの仕事を探す方法は?

WEB上でできる在宅ワークがしたいと希望している人もいるでしょうが、どのような職種があるでしょうか? できれば自分の技術や専門分野に合った仕事を探したいでしょうが、それにはどうすればいいでしょうか? いろいろな疑問に関して、詳しく解説していきます。

WEBでできる在宅副業とは?自分に合ったWEBの仕事を探す方法は?

WEB上でできる在宅ワークがしたいと希望している人もいるでしょうが、どのような職種があるでしょうか?できれば自分の技術や専門分野に合った仕事を探したいでしょうが、それにはどうすればいいでしょうか?

いろいろな疑問に関して、詳しく解説していきます。
副業はサイドビジネスとも呼び、お小遣い稼ぎ程度の収入から起業や資産運用をする投資まで、その種類は幅広くあります。

どんな種類がある?

まずはWEBでできる在宅副業の種類から見てみましょう。意外に多くの職種があり、選択肢が多くなっています。

その職種によって特別なスキルがなくてもできるものもあれば、専門の資格が必要なものもあります。従って、個人個人の事情により選び方も変わってくるでしょう。

WEBライター

WEBライターにはいくつかの種類があります。企業に雇われて、その企業のサイトに文章を書く人。特定のメディアに所属し、記事を執筆する人。専用のメディアにこだわらず、複数メディアに投稿する人などです。

WEBライターは比較的取り組みやすい仕事です。基本的な文章作成能力があれば、何らかの仕事はあります。かなり高度の技術を要求するサイトもありますが、贅沢な報酬でなくてもよければ、副業の案件がないということはないでしょう。

WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、依頼を受けたWEBサイトのデザインを構築する仕事です。文章や画像の表示を決め、フォントや文字サイズ、色などを指定し、微妙な動きを表現していきます。

WEBデザイナーになるために資格は必要ないのですが、それでも最低限の知識と技術は要ります。特にHTMLとCSSなどの言語の知識は必須ですが、学習サイトやスマホアプリ、書籍などで学べます。

WEBマーケティング

WEBマーケティングとは、WEB上で物が売れる流れを作る仕事です。その中には、集客活動、販売活動などが含まれます。WEBマーケティングでは、集客状況、サイトの閲覧状況、滞在状況などを数値化し詳しく検証していきます。

WEBマーケティングも在宅副業に向いている仕事です。将来性もあり、収入のそれなりによく、スキルアップにもつながります。独立に向けて頑張っている人もいます。

WEBディレクター

WEBディレクターは、クライアントの要望通りのWEBコンテンツを作るように複数スタッフをまとめ、指揮、管理する人です。複数スタッフとは、WEBデザイナー、WEBプログラマー、WEBライターなどです。

複数スタッフをまとめるというと、直接集合する機会が必要なように思うかもしれません。しかし、最近は連絡をメールやチャットなどでもできるので、在宅副業としても活動できます。

WEBプログラミング

WEBプログラマーは、プログラミング言語を使いながらプログラム制作を行っていきます。WEBプログラムというと、SNS、ECサイト、会員管理システムなどさまざまな場所で使われていますが、そのプログラムを作る仕事です。

WEBプログラミングでは、長期のプロジェクトの途中で離れるという働き方もできます。そういう意味では、短期型(3か月くらい)の在宅副業も可能になります。

自分に合ったWEBの在宅副業を探す方法

いろいろなWEBの在宅副業がありますが、中には高度な技術を要するものもあります。それを含めて、自分に合った在宅副業どう選べばいいのか不安に思っている人もいるでしょうから、その方法を解説します。

クラウドソーシング

WEB上の在宅副業を探す方法で特におすすめなのがクラウドソーシングサイトの利用です。在宅副業のいろいろな案件が紹介され、その中から自由に選べるようになっています。

そのため、気に入ったクライアントだけを相手に交渉することもでき、思ったような仕事を受注できることも多いです。そのクラウドソーシングサイトの中から、クラウドワークスとランサーズを紹介しましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスに登録すると、「仕事を探す」という欄から好きな仕事を探せます。その内容は多岐に及び、「システム開発」「アプリ・スマートフォン開発」「ハードウェア設計・開発」「ライティング・記事作成」など17種類もあります。

また、依頼形式、報酬額、応募期限、特記事項などを絞った検索もでき、かなり細かく副業探しができます。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスに似たサイトで、登録し、やはり「仕事を探す」から自由に案件を選べます。ランサーズの場合は、カテゴリーが「システム開発・運用」「WEB制作・WEBデザイン」「ライティング・ネーミング」など9種類となっています。

クラウドワークスとランサーズのどちらがいいかですが、どちらにも登録できます。ただ、WEBデザイナーの仕事ではランサーズのほうが多いと言われているし、WEBライティングではクラウドワークスのほうがいい仕事がありそうです。

知人からの紹介

仕事で知り合った知人からWEBの在宅副業を紹介してもらうという方法もあります。この場合は、信頼も得やすいので、いい仕事をもらえる可能性があります。うまく行けば、リピートしてくれることもあるでしょう。

ただ、紹介してくれた知人に迷惑を掛けないためにも、仕事を誠実に確実に行う必要があります。また、紹介を待つだけではなく、自らも積極的に行動し、ホームページやポートフォリオ、SNSなどで自分がWEB上で作成した作品の発信・宣伝をしていかなくてはいけません。

副業紹介サービス

副業紹介サービスはクラウドソーシングに似ていますが、単価が高い仕事が多く、稼ぎが多くなります。

いろいろな副業紹介サービスがありますが、例えばプロの副業というサイトは、まさにプロフェッショナル向けの高額案件が多くなっています。プロの副業に登録すると、キャリアの幅も広がるし、外部企業とのつながりも得られるなどメリットも大きいです。

まとめ・自分に合ったWEBの在宅副業でガッツリ稼ごう!

在宅でできるWEB副業にはいろいろな種類があります。そして、結構儲かるものも多いのです。

ただ、人によって得意不得意がありますから、よく考えて仕事を選び、良い成果を上げ、ガッツリ稼いでください。
TOP