サラリーマンが副業でできるアルバイトって?副業バイトを紹介します

サラリーマンが副業でできるアルバイトって?副業バイトを紹介します

サラリーマンとして働いていても、休憩時間や就業時間外などお金を稼げる時間はたくさんあります。しかし、限られた時間の中で始められる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。サラリーマンが副業でできるアルバイトについてまとめました。
サラリーマンとして働いていても、休憩時間や就業時間外などお金を稼げる時間はたくさんあります。しかし、限られた時間の中で始められる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。サラリーマンが副業でできるアルバイトについてまとめました。

サラリーマンでもできる副業アルバイト紹介

サラリーマンでもできる副業のアルバイトは意外といろいろな種類があります。どのようなものがあるのでしょうか。

コールセンター

ユーザーからの電話対応や発信業務を行うコールセンターはシフトの融通が利きやすく、求人も豊富に募集されています。接客対応なのでとっさの対応力が身につきやすいでしょう。

ネットカフェやカラオケ店員

ネットカフェやカラオケ店員は夜間帯の募集が多く、就業時間後に働きやすいアルバイトです。シフト制なので、自分のペースで働くことができるでしょう。忙しさは店舗によりけりですが、受付や清掃、会計など幅広い業務を行います。

試験監督やイベントスタッフ

試験監督やイベントスタッフは土日祝日勤務の休日が多く、平日勤務のサラリーマンにも働きやすくなっています。他のスタッフも単発の人が多く、求人によっては弁当が出たり、短時間でもしっかり稼ぐことができるでしょう。

宿直アルバイト

夜間にできるバイトととして人気なのが宿直のアルバイトがあります。

テナントビルや商業施設など夜間の警備対応をする仕事です。宿直室で防犯カメラのモニターを確認したり、警備に回ったりするのが主な仕事内容。宿直室内では座れることもあり、体力の消耗は意外と少ない仕事です。

WEBを使ったアルバイト

在宅でもできるWEBの仕事は、スキマ時間を有効活用したい人にピッタリです。プログラマーやデザイナーのほか、データ入力、ライターなどの仕事があります。基本的には1案件当たりの仕事で歩合制なので、稼ぎたい分に絞って働くこともできるでしょう。

在宅の内職

内職として部品の組み立てやテストの採点などの仕事が募集されていることがあります。給料は歩合制なので、働きたい分だけ働くことができます。単純作業で、人とのコミュニケーションも要らないため、ストレスフリーに働きたいという人にもおすすめです。

副業アルバイトの落とし穴

いろいろな種類のアルバイトがありますが、アルバイトの掛け持ちと副業アルバイトは違います。本業をしながら副業アルバイトをスタートするときの注意点を紹介します。

本業の支障になることも

副業の中には体力面、精神面での負担が大きいものが多数あります。

また夜間バイトをスタートすれば、睡眠時間が削られてしまうこともあるでしょう。疲れたり睡眠不足になったりして本業に支障が出てしまうかもしれません。特に初めのうちは負担が少ないアルバイトを選ぶか、量をセーブして体を慣らしてください。

就業規定は必ず確認

社会の流れとしては副業解禁に進んでいますが、業務に集中するため、技術などの流出防止の観点から副業を禁止している企業はたくさんあります。副業がバレると会社から警告や処分を受ける可能性もあるので、副業を始める前には、必ず就業規定を確認しましょう。

確定申告が必要になる

副業であっても会社に雇用されると給与所得となります。また雑所得や事業所得になることもあるでしょう。副業であっても20万円を超えれば確定申告が必要です。また住民税の申告も必要になるので注意してください。

副業アルバイトで収入の柱を作ろう

サラリーマンになれば安泰という時代は終わりました。

本業の給料だけでは、将来への備えとしては不十分です。副業で複数の収入源を確保したり、保険や資産運用したり自分でリスクコントロールをしてください。将来に向けての準備は早ければ早いほど良いでしょう。。
TOP