本業でも副業でも!取得しておくと便利な稼げる資格7選

本業でも副業でも!取得しておくと便利な稼げる資格7選

副業が解禁される企業が増えて、ちょっとやってみようかと思っている人も多いのではないでしょうか? 空いた時間を有効活用して、本業より副業で稼いでいる人もいるのは気になりますよね。 そこで本記事では、取得しておくと副業で稼げるチャンスがある資格について紹介します。
副業が解禁される企業が増えて、ちょっとやってみようかと思っている人も多いのではないでしょうか?

空いた時間を有効活用して、本業より副業で稼いでいる人もいるのは気になりますよね。そこで本記事では、取得しておくと副業で稼げるチャンスがある資格について紹介します。

副業に選ばれることが多い職業とは?

副業に興味があっても、実際に始めるのは勇気がいります。人気がある副業は、手軽に始められる仕事が多いようです。

どんな副業をしている人が多いのか、紹介しましょう。

webライティング

webライティングは、ネットに公開されている記事を書く仕事です。スキルや経験がないと難しそうなwebライティングですが、実は資格不要で誰にでも始められるのがメリット。

高度な専門性が必要ない記事なら、素人にも仕事のチャンスがあります。

むしろ、素人センスで万人にわかりやすい文章が評価されることもあります。クラウドソーシンングサイトなどのお仕事募集サイトでライター求人を見つけて副業する人が多いです。

アフィリエイト

ホームページやブログを開設して、商品の広告を掲載するアフィリエイトも人気があります。掲載している広告から商品販売ページにリンクして、ユーザーがお買い物してくれれば成果報酬をもらえる仕組みです。

ユーザーが広告をクリックするだけで報酬につながるケースもありますが、近年では少なくなっています。

アフィリエイトは、ブログやホームページの更新をして広告管理をする必要があります。しかし、あとは放っておいてもユーザーが報酬を運んでくれます。

サイトの工夫は必要ですが、ある程度放っておいていい点は副業として魅力ではないでしょうか。

転売ビジネス

安く仕入れて高く売るのが、転売ビジネスの基本です。耳新しいところでは、マスクや消毒液などの必需品が転売ヤーによって異常な高値を付けられていました。

物品を仕入れたり管理する必要はありますが、成功すれば大きな儲けを得られるチャンスがあるのが転売ビジネスの特徴です。

副業に役立つ資格のメリットとは?

実際におこなわれていることが多い副業として紹介した仕事は、資格がなくても始められる内容ばかりです。

しかし、苦労の割に大した稼ぎにならなかったり、仕事を安定的に得られなかったりと頼りにならないこともあります。

そこでおすすめしたいのが、資格の取得です。資格を取っておくと副業に役立つ理由を紹介します。

資格を武器に仕事を得られる

何の資格もないよりは、資格を持っているほうが仕事を得やすくなります。ライターもアフィリエイトも転売ビジネスも、資格は不要です。それだけに、誰もがチャレンジしようとする副業でライバルが多くなります。

安定的に仕事を得るには、誰でもできる副業を選ばないのがコツです。資格がないとできない副業、資格があるほうが有利な副業のほうが得できます。

高収入を得やすい

資格を活かした副業をすると、高収入を得やすくなります。資格がなくてもできる副業より、収入が高くなるのはうれしいですよね。

資格を活かすことで、時間を有効に活用した副業にもなります。同じ収入を得るのに、資格があったほうが短い時間で稼げるほうが楽です。

副業を本業にしやすい

資格を活用した副業は、いざというとき本業にしやすいのもメリットです。資格がない仕事でも本業にできないことはありませんが、やや不安定でもあります。

その点、資格を活かした副業は求められる機会が多めです。転職や独立開業にも、資格が有利に働きます。

副業に活かして稼げる資格7選

副業に活かすことで稼げる資格を7選、紹介します。まったく新しい分野にチャレンジするのも悪くありませんが、これまでの経験を活かした分野で資格を取得するのもおすすめです。

今まで資格取得に挑戦したことがない方も、すでに取得した資格をレベルアップさせたい方も参考にしてみてくださいね。

メンタルヘルスマネジメント検定試験

働く人の心の健康管理について、知識や対処方法を問うのがメンタルヘルスマネジメント検定試験です。労働者個人だけでなく、管理者や組織全体も対象にしたスキルで、人事労務管理に関する仕事に役立てることができます。

試験は、一般社員をマネジメント対象としたⅢ種から経営幹部を対象としたⅠ種まで3種類。副業でメンタルヘルスマネジメントについてのセミナーを開いたり、メンタルヘルスケア専門に独立開業することも可能です。


→メンタルヘルス・マネジメント検定試験

ファイナンシャルプランナー

FPと略されることも多いファイナンシャルプランナーは、いわばお金の運用の専門家です。家計・年金・教育費・保険・住宅ローンといった身近なお金の計画から税制についてまで、幅広く経済状況の相談に乗る知識を持っています。

FPは国家資格ですから、副業としてはもちろん本業としても持っていると有利です。

検定試験は1級から3級まであり、2級・1級に合格するとさらに上級認定にチャレンジすることもできます。専門知識を活かして、ブログアフィリエイトをするなどもおすすめです。

→ファイナンシャル・プランナー(FP)とは

マンション管理士

マンションの維持や管理についてコンサルティングするのが、マンション管理士です。国家資格で、マンション管理にまつわるトラブルを解決したり、健全な運営に役立つ提案をします。

資格を持っていると本業での転職や独立にも役立ち、不動産業を本業とする人が副業に活かすことも可能です。マンション管理士を派遣する事業を国土交通省が始めたことも、働きやすさにつながるでしょう。

→公益財団法人マンション管理センター|マンション管理士試験

行政書士

街の法律家ともいわれているのが、行政書士です。官公署に書類を提出したり、事実証明・権利義務についての書類を作成したり、一般市民には難しい手続きを代理してくれるヘルパー的な存在でもあります。

コンサルティング業務をおこなう行政書士も多く、個人で独立開業している人もたくさんいます。雑多な作業が多く忙しい仕事ですが、将来的に独立したい人にも役立つ資格です。

→一般財団法人 行政書士試験研究センター

中小企業診断士

中小企業診断士は、いってみれば経営コンサルタントです。企業の経営資源について問題を見つけ、改善アドバイスをします。

もともと営業職や経営職をしてきた人には、本業を活かすこともできる資格です。収入ランキングでトップに挙がりやすい職業はコンサルタントですから、副業としても期待できる資格といえるでしょう。

→中小企業診断士試験について - 中小企業診断協会

調理師

調理師は、国家資格です。調理人として働くのに絶対必要なわけではありませんが、普段はオフィスで働いている人が副業として調理の仕事をしたい場合には有利な資格です。

例えば、ふぐ調理師免許などは魚のふぐをさばくときに必ず必要になります。こうした資格を取って、必要とされる副業をするのも楽しい生き方になるでしょう。

→調理師の資格を取得するには 東京都福祉保健局

ネットワークスペシャリスト

コンピュータをいじるのが好きな人なら、ネットワークスペシャリストなどのIT資格がおすすめです。国家資格のネットワークスペシャリストは、webシステムの構築時に安全かつ効率的なネットワークの設計をおこなう技術者。

副業としても、本業としても、資格を大いに活かせます。

日本国内では、小学生にコンピュータ教育を義務化するほどIT技術者が不足。世界でも活かせるIT技術は、持っていると将来的にも有望です。

→IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

副業で活かせる資格を取って稼ぎ方を見直してみよう

誰にでもできる簡単な仕事を副業として始めるのも、悪いことではありません。

しかし、本業で疲れた体をさらに使って働くからには、効率よく稼げる副業がお得ではないでしょうか。

今回紹介した以外にも、副業で活かせそうな資格はたくさんあります。副業での稼ぎ方を見直すためにも、資格取得を考えてみませんか?
TOP