ブログは実際にどうやって収益を得ているか?代表的な仕組み5選

ブログは実際にどうやって収益を得ているか?代表的な仕組み5選

在宅の副業として、ブログの運営を選ぶ人は多いでしょう。パソコンが1台あれば誰でも始められる手軽さと、開設に初期費用がほとんど必要ない敷居の低さがその人気の秘密でしょう。そして、より容量の大きな通信技術である5Gも登場し、企業が正社員にも副業を認め始めた時勢の下、今後は副業を始める人がさらに増えると予想されます。しかしブログの実際の運営がどのように収益に結びついているかについて、詳しく知られていないかもしれません。ブログで得られる収益は以下の5つに代表されます。

ブログは実際にどうやって収益を得ているか?代表的な仕組み5選

在宅の副業として、ブログの運営を選ぶ人は多いでしょう。パソコンが1台あれば誰でも始められる手軽さと、開設に初期費用がほとんど必要ない敷居の低さがその人気の秘密でしょう。そして、より容量の大きな通信技術である5Gも登場し、企業が正社員にも副業を認め始めた時勢の下、今後は副業を始める人がさらに増えると予想されます。

しかしブログの実際の運営がどのように収益に結びついているかについて、詳しく知られていないかもしれません。ブログで得られる収益は以下の5つに代表されます。  

1. アドセンス広告

アドセンス広告は、Google側で選んだ広告をブログに表示させ、読者がクリックしたらブログの運営者に広告料が支払われる仕組みです。広告選定をブログ運営者が行う必要はありません。そのブログのテーマやコンテンツに興味を持った読者によってクリックされる可能性が高い最適な広告が表示されます。

ブログ側では、レイアウトのどの位置に広告を表示させるかを決めるだけです。仕組み自体はシンプルですが、アドセンス広告を貼るためには、Googleの審査に合格する必要があります。

開設したブログが申請されたら、Googleは社会秩序に反した内容を含んでいないか、読者が知りたい情報を網羅しているかなどを厳しく審査します。合格すれば広告運用を開始できますが、不合格になってさらなる改善過程を繰り返し、5~10回も挑戦するケースも少なくありません。

また、クリック1回に支払われる広告料は数円から数十円という単価ですので、しっかりと収益をあげたいのであれば、多くのクリックが必要です。実際にクリックする読者は訪問者全体の1~3%位と言われているので、アクセス数を増やし続け、可能な限り母数を大きくする必要があります。  

2. アフィリエイト

アフィリエイトは、企業が販売したい商品やサービスの広告をブログに貼り付け、読者がクリックしてそのまま購入まで至れば、ブログ運営者が企業から広告収益を得られる仕組みです。

広告を貼って読者にクリックしてもらう仕組みは同じですが、クリックされれば収益が確定するアドセンス広告と異なり、成果報酬です。読者が購入を確定してこそ支払われる点が最大の違いです。必然的に報酬額も大きくなり、商品やサービスの特性によっては、1件の広告報酬が何千円、何万円という案件も存在します。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と呼ばれる企業と契約し、案件を自ら戦略的に選択してブログに貼る点もアフィリエイトならではです。ただし実際に購入してもらうためには、読者の検索意図を把握して悩みや問題を解決する道筋を提示し、購入に前向きな心理状態で販売促進ページに誘導するテクニックが必要です。

アドセンス広告では、クリックされる回数の最大化を目指すためにアクセス数の増加が必要でしたが、アフィリエイトではブログ記事の質と戦略が必須です。

3. 企業とのタイアップ

企業のコンセプトがブログのテーマとマッチしている場合、読者のタイプが企業の顧客セグメントと一致していると言えるので、企業側からすればそのブログの読者に営業できれば収益のアップにつながるでしょう。つまり、企業が販売を促進したい顧客層がそのブログに読者として集まっている事が明白なら、その層に積極的に広告を出したいと思うのは一つの戦略です。

アフィリエイトの一種ですが、企業とブログが広告についての成功報酬を直接契約する形式です。ASPを介さずに直接企業と契約する事で、より高額の成功報酬が期待できるでしょうが、よほどそのブログに集客力がなければ難しいでしょう。

4. noteとの併用

ある程度ブログが人気になってアクセス数も伸びてくれば、ブログでの記事の内容で導入から展開までを書き、その続きをnoteなどの別なサイトに誘導して有料コンテンツとして販売する方法も可能です。

ブログ運営者のファンになればなるほど続きが気になるでしょうし、現にブログの世界で有名な先人たちはこのやり方で収益をあげています。もちろん、有名になれた後、もしくは有料でも読みたいと思わせられるスキルがあれば、の話ではあります。  

5. コンサルタント契約

ブログの世界で有名になれればこそ可能な収益の種類があります。コンサルタントはまさにその典型例ですが、自分自身がブログの運営に成果を挙げており、それを参考にしたい後続者はこぞってその秘訣を聞きたがります。それが成功への最短の道であるからです。

成功したい人は次々と現れますので、ニーズは常に大きく存在します。ブログ運営者自身の成長過程における経験をコンサルしてほしい、そして自分もそうなりたいと願う読者はたくさんいるでしょう。読者は頻繁に訪問しているわけですから、ブログ上でコンサルタントサービスの提案を行えば、外部に広告を打つ必要もなく集客できてしまいます。

自分の経験を欲しがっている人が自分の運営する媒体に多数存在するという最も望ましい土台があるわけです。コンサルタントは無形のサービスなので、独自にコンテンツ決めと値付けができる点も大きなメリットです。
TOP