あなたは不労所得に向いている?チェック方法と作り方

あなたは不労所得に向いている?チェック方法と作り方

不労所得を得たいと思っていても、「どうやって不労所得を得るのか?」「自分は不労所得に向いているの?」なんて思ってしまい、なかなか一歩を踏み出せずにいる人も少なくありません。 また、実際に不労所得の作り方を学ぶことで、一歩踏み出せる気持ちになることも。 まずは、あなたに適した不労所得を知ることからはじめていきましょう。
不労所得を得たいと思っていても、「どうやって不労所得を得るのか?」「自分は不労所得に向いているの?」なんて思ってしまい、なかなか一歩を踏み出せずにいる人も少なくありません。

また、実際に不労所得の作り方を学ぶことで、一歩踏み出せる気持ちになることも。まずは、あなたに適した不労所得を知ることからはじめていきましょう。
不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、労働の直接的対価として得る賃金・報酬以外による所得を示す。

あなたに向いている不労所得の種類とは?

via pixta.jp
いくつかの得意分野から、あなたに向いている不労所得を得る方法を紹介していきます。ぜひ参考に、あなたに合った不労所得に挑戦してみましょう。

文章を書くことが好き、SEOを学んでいる

文章を書くのが好きで、ブログをやっている人や、SEOを学んでいる人は広告などを掲載し、不労所得を得るのに向いているでしょう。

アフィリエイトや広告収入で収入を得られるようになれば、時間とお金に余裕ができますよね。さらに、本や電子書籍の出版などの印税により、不労所得を手に入れることができることも。

軍資金や初期費用を準備できる

まとまったお金がある方や、お金を用意できるのであれば、FXや不動産投資による家賃収入などが向いていると言えます。

しかしながら、FXは知識が必要になり、またリスクを負うケースもありますので、まったくの初心者には向きません。

また、不動産投資は安定した家賃収入がある反面、空室問題や家賃滞納、入居者が部屋をごみ屋敷化してしまうなどといったデメリットなどもあります。

使っていない高価な物がある

今現在、家に使用していないブランド品があるなら、オークションに出品してみるのも一つの不労所得になります。

また、中古品を高く買い取ってくれるお店に持ち込むケースに比べ、「高値で売れた!」なんてことも。モノを整理したい人にもおすすめになりますので、これを機に初めて見てはいかがでしょう?

不労所得の作り方

あなたに向いている不労所得を見つけることができても、実際にそれらの仕組みを作ることができなければ、収入を得ることができません。

ここからは、不労所得の作り方を解説していきますので、ぜひ参考に実践していきましょう。

広告掲載して稼ぐ仕組みと作り方

まずは、広告を掲載するためのブログを作りましょう。無料のブログは広告を掲載できないことも多く、ブログが突然削除されてしまう心配がありますので、有料ブログがおすすめです。

また、有料ブログならWordpressがいいでしょう。

世界中のブロガーやアフィリエイターなど多くの人が使用し、好きなようにブログをカスタマイズできますので、あなたの思い通りのデザインができますよ。

さらに、読まれるブログになるためのノウハウやSEOなどの知識があることで、ユーザーも多いブログに。読まれるブログを構築できれば、あなたのブログから商品を購入するユーザーが増えることでしょう。

FXの仕組みと作り方

FXは少額から始めることができますが、多くの軍資金を用意してあれば、それだけ大きく差益を得られることも。

為替変動に応じて売買することができますので、為替差益を得やすい傾向があります。しかし、タイミングによって大きく損をしてしまうことがありますので、変動のタイミングをきちんと見分けることがポイントになるでしょう。

「DMMFX」などは有名ですよね。

国内でも人気があり、初心者でも安心なFX業界最狭水準のスプレッド、カスタマーサポートなども充実しているので比較的始めやすいと言えるでしょう。
via pixta.jp

オークションの仕組みと出品の仕方

オークションは無料で始められるものがほとんどで、決済のときに手数料として売値価格の数%を支払う仕組みがほとんどです。

また、あなたが好きな金額からスタートできますので、売りたい金額で売れることも。

しかし、商品に見落としがあることで買い手とトラブルになってしまうことがありますでの、気を付けたいところ。






あなたに合った不労所得作りで収入を手に入れましょう

まずは、あなたに似合う不労所得からはじめてみることが大切です。知識を得ただけで、何も行動しないなら知識を知らない人と変わりません。

少しでも興味のある分野に挑戦し、実践と情報収集、分析を繰り返していきましょう。
TOP