主婦が副業に在宅ワークを選ぶメリットとは?

主婦が副業に在宅ワークを選ぶメリットとは?

総務省が2019年に実施した労働力調査をみると、非労働力人口と呼ばれる4,151万人の中で、仕事をしたい人の合計が332万人に上ったということです。つまり、多くの人が働く意思を持っているのにもかかわらず、仕事に就けていないという事実が明らかになっています。特に、家庭と仕事を両立したい主婦の方にとって、正社員としての壁は高く、仕事面での不安や心配を抱える人が多くなっています。そのような不安を抱える主婦の方にますます注目されているのが「在宅ワーク」なんです。在宅ワークとは簡単にいうと、自宅を拠点として会社や企業に雇用されることなく、クライアントと直接やり取りをして収入を得る働き方のことを指しています。

主婦の仕事実情と在宅ワークの広まり

総務省が2019年に実施した労働力調査をみると、非労働力人口と呼ばれる4,151万人の中で、仕事をしたい人の合計が332万人に上ったということです。

つまり、多くの人が働く意思を持っているのにもかかわらず、仕事に就けていないという事実が明らかになっています。

特に、家庭と仕事を両立したい主婦の方にとって、正社員としての壁は高く、仕事面での不安や心配を抱える人が多くなっています。

そのような不安を抱える主婦の方にますます注目されているのが「在宅ワーク」なんです。

在宅ワークとは簡単にいうと、自宅を拠点として会社や企業に雇用されることなく、クライアントと直接やり取りをして収入を得る働き方のことを指しています。

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、一般的に広い意味では自宅で働く仕事全体を指していますが、より正しい意味合いとしては、インターネットやパソコンなどITの技術を利用して、自宅で請け負う仕事のことです。

在宅ワークではクライアントや企業と請負契約を結んで、受注した仕事の納品に対してクライアントから報酬が支払われることになります。

つまり、在宅ワークはフリーランス形式で、個人事業主として仕事するということなんですね。

内職とは違うのか?

在宅ワークと内職を混同している人もいますが、在宅ワークは昔からある「内職」と同じなのでしょうか?

まず内職についてですが、内職はメーカーや販売店などの企業に雇われる仕事形態になります。

企業から原材料等を運んでもらい、受け取った材料を自宅で組み立てたり加工したりすることでお金がもらえる仕事です。

似たような仕事としては、自宅で注文を受けた商品を制作して、代金を請求する仕事がありますが、これは個人事業主という区分になります。

内職はあくまで会社に雇用されている従業員であるということなんですね。

つまり、内職と在宅ワークでは、被雇用者か個人事業主かという大きな違いがあるということです。

未経験でも大丈夫?

在宅ワークにはさまざまな職種があるので、スキルや資格なしではじめられる仕事を選べば未経験でも大丈夫ですよ。

データ入力・テキスト入力

たとえば、データ入力、テキスト入力の仕事は未経験でも始めやすい在宅ワークの1つです。

インタビュー記事、講演会の録音などをベタ打ちで入力(文字起こし)していくものから、アンケートや名簿などの情報をExcelファイルにデータ入力する作業などがあります。

ただ、単価としては安い傾向があるので、ある程度の収入目標を達成したいとなると、大量の作業をひたすらこなしていく忍耐力のいる作業ともいえますね。

記事ライティング

ライティングは、クラウドソーシングサービス等でクライアントから記事の作成依頼を受け、用意されているキーワードや指示に沿った記事を書く仕事です。

パソコンとインターネット環境さえあればどこでも作業ができます。一口にライティングといっても、求められるレベルはさまざまで、中には単価は非常に安いけれど比較的作成しやすいライティング依頼もあります。

未経験ならそうした簡単な案件を受けて経験を積みながら、段々レベルの高い案件へと移行していくのがおすすめです。

また、中には登録する前にトライアルを実施している会社もあります。

未経験でも、そうしたトライアルに挑戦して自分の技術を見極めるのも1つの方法ですよ。

もしトライアルに合格できればそのまま仕事を受けつつ、スキルを磨いていくことができます。

在宅ワークのメリット

では、主婦にこそ在宅ワークがぴったりな理由とはなんでしょうか。

在宅ワークのメリットは大きく分けて5つ挙げることができます。

家族との時間が取りやすい

家で仕事しているので、子どもが学校から帰ってきたときに出迎えてあげることができますし、家族が病気やその他の事情で世話が必要なときも、会社や同僚に気兼ねせず、一緒にいてあげられるんです。

隙間時間が有効利用できる

自分の好きなときに好きなペースで働けるのも大きなメリットですね。

会社では就業時間に縛られて、家庭やその他の用事と仕事の両立が重荷に感じられることがありますが、在宅ワークならそのストレスが減ります。

子どもが寝ている時間を利用したり、ちょっと時間が空いたときに仕事に戻れるのはありがたいですね。

人間関係のストレスから解放される

在宅ワークは基本1人で孤独に作業するので、職場のゴタゴタや他の人に気を散らされることなく仕事に集中しやすいです。

通勤がない

別のメリットとしては、通勤しなくていいことが挙げられます。

毎日の通勤ラッシュ、満員電車、そういうストレスから解放されますし、朝起きて朝食の準備からお化粧までバタバタと出かける用意をすることもなくなります。

朝の用事さえ済めばすぐに作業に取りかかれるので、時間を有効活用できている実感がありますよ。

費用がかからない

また、在宅ワークの多くは、パソコンとネット環境さえあれば、他に費用をかけることなく無料で始められます。

というわけで気軽にお試しの感じで挑戦できますし、たとえ自分に合わなかったとしても、無料なので罪悪感なくやめることができます。
TOP